西暦2005年、地球の川辺川は心無き鬼畜どものゴミ攻撃によって滅亡の危機に立たされていた。
はるか14万8千光年のかなたから(九州各地、及び山口県から)川辺川を愛する人々が集まり、自らコスモクリーナーとなって、人類最期の希望・川辺川を救うために立ち上がった!

川辺川リバーミーティング 2005


毎年、行われる大本営川辺川川会合は、川からゴミを駆逐していく川班と、陸上からゴミを駆逐、及び、川班の援護をする陸上班に分かれ作戦を遂行する。作戦前夜の幕僚会議により、川班のリーダーに推挙されたNAOSANは、その重要なる任務を任され身を震わせながらも、心血を注ぎ重責に応える所存であった。

重責に打ち震えるNAOSAN



決戦の朝


決戦の朝は雨だった。
総勢、約50名。
十五艇の艦隊が戦艦裸婦斗を中心に旅立つ。
ケロッケロッケロッ!イザ進め〜!!♪


「臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申上げます。大本営川辺川会合午前11時発表。九州自由型部隊は本日未明、川辺川下流において空き缶、鉄筋、汚物、粗大ゴミ軍と戦闘状態に入れり。」



 「T字戦法
(なんじゃ?そりゃ?)を取れ!!」と各艦に命令したnaosan艦長。

各艇は母艦裸婦斗からつかず離れずの状態でばらばらになって川を下る。

母艦裸婦斗にはNAOSAN浣腸・・・艦長。

そして、NAOSAN’Sが誇る、戦闘的女性軍団!裸婦斗航海班長にセクシートモ。技術班長にルミQ。そして操縦士にディック・マードック直伝の必殺技小牛の焼き印押しを得意とする。元女子プロレスラーのバッファローMOM。

まさに、NAOSANは「お〜んなぁのなぁかぁにぃ〜おぉとこぉ〜がぁ〜ひ〜とりぃ〜♪」と言った、知らない人が聞いたら、誤解して羨ましく思うような状態で任務にあたった。



川辺川のゴミは、鉄筋や鉄くい等の大きな危険なものが多い。上流でダム工事が行われているせいか・・・何にせよ、危険極まりない。又、昨年はバイクを三台、川の中からすくい上げた。一体何を考えているのか・・・・?

仕官
「naosan 艦長!!鉄筋が見つかりました!!ほか3隻も危険物と格闘中です!この後、十時の方向に巨大な瀬が迫っております!!艦長・・・支持を仰ぎます!」


NAOSAN艦長
「全艦に告ぐ!!これは命令である・・・玉砕するな!!生きろ!!生きて帰還せよ!危険物はその場に置いて行け!!大本営に後は任せる。総員退去!!」



NAOSAN艦長の無念の涙を散らしながら裸婦斗が瀬に突撃すると戦艦部隊など多数が続く。

駆逐艦(ダッキー)1隻が目の前で撃沈・・・・瀬の落ち込みに突撃し、船首から沈んだ!

「まっちゃん大尉ぃ〜〜〜ぃ!!」

人々の叫びも虚しく、まっちゃん大尉は解き放たれた野鳥のように一直線に空を舞い、透明な水底に消えた・・・・・操るもののない船はひた向きなまでにまっしぐらに下流へと流れていった・・・・・

まっちゃん大尉




鉄筋ゴミの猛攻を凌いだ川部隊。NAOSAN艦長に任命された、さぶリーダーギンタは敵状偵察隊長として自らを酷使し,次々と巨大なるゴミ軍団を見つけ出す。これは、天が彼に与えた宝石のような才能と言っても過言ではない。その才能を見極めていたNAOSAN艦長の眼識は驚嘆に値する。ヨゴレ街道数十年。伊達ではない・・・・

さぶリーダー ギンタ

天候のあまり良くない中で、大人たちにまじり、ひた向きにゴミを拾う子供たち。
老若男女、多くの人々が、ひとつの目的の為に集まり、何の見返りも求めず
楽しげに立ち働く。
心地よい疲れと、かけがえのない達成感を知る人々。
誰かの為に、何かの為にと、いつでも動ける気前の良さ。
それが、九州のパドラーです。



航海班長「なんか見えるぞ!!双眼鏡で見てみるか」
技術班長「大変です!艦長!ドラム缶です。早く機動部隊に連絡を!!」

ドラム缶を乗せたラフトの写真が、
次の日の各新聞に掲載された。
ラフトよ良く頑張った・・・・





午後3時過ぎにゴミとの戦いが終わる。陸上班から暖かい貝汁、コーヒーを渡される。泣くほど美味かった。ゴミ袋に50袋と粗大ゴミ!
美しいものを汚す奴は連合艦隊が徹底的に攻撃してやる!
我々は正義の使者である!天誅を下す!


皆さん!本当にお疲れ様でした。


また、この日、朝、盟友タモ酎、エンジェルY子の
第一子誕生!皆様にご報告!

誰もが皆、喜んでくださいました。

詳細はこちらから


もどる