学校News−受講生の感想
2000/08/11(金)更新
中央アルピニスト学校(第1期)

第T節「無雪期の登攀」 谷川岳 一ノ倉沢


第U節「積雪期の登攀」 八ヶ岳

第V節「残雪期の登攀」 後立山連峰 不帰V峰 / 穂高岳 岳沢


     中央アルピニスト学校 (第V節)感想文

 県連  愛知         山岳会名 若駒山岳会   氏名 H、H
 講座実施日 2000/4/29〜5/5     ルート名 不帰V峰C尾根、穂高コブ尾根

            記

 講師;小野毅氏(同人マーモット)、香取純氏(相模労山)

4/29 八方尾根ゴンドラ〜ベースキャンプ。晴れのち曇り/ガス。

 午前6時に白馬駅で小野講師、香取講師と合流。
ゴンドラ乗り場に直行して8時前の始発のゴンドラに。
その後リフトを乗り継いで山荘まで。天気は晴れ。雪は前日も降つたとのことで、3月
ごろの積雪の状態らしい。八方尾根も上に行くに従い、ガスの切れ間からT峰、U峰、
V峰が見える。途中、丸山ケルンを過ぎたところで、アイゼンを付ける。
 この日は、丸山ケルンの上部(唐松山荘まで40分くらいのところ)で、テント2張り
設営(11:35)。この付近では、他に1パーティーのみ幕営。
夕方まで下降点を偵察しつつ、唐松小屋までピストン。夕方、Sさん着。

4/30 ベース〜不帰V峰C尾根。曇りときどき晴れ。

 午前4時に起床して、出発(5:50)。曇り空の中を昨日確認した下降点に向かう。のっ
けから急な雪壁のクライムダウンになる。雪壁から濯木の生えた尾根へ。さらに途中で雪
壁の懸垂を2カ所交えてから、さらにトラバースして唐松沢に下降する。ここでは、雪の
状況に応じたパイル、アックスの持ち方などを教えてもらう。
懸垂も最初はダブルロープで、その次はシングルロープで下降するが、いかに要領よく、
迅速に行うかがポイントだと教えられる。
ここで、ロープを回収するときのワザを教えてもらう。アルバインはスピードが命という
ことを実践的に見せられたような気がした。ここまでも、ここからもトレースはなかつた。
 その後、唐松沢の中を膝下のラッセルしながらC尾根に取り付く(9:00)が、雪が多す
ぎて取り忖き点がわかりにくい。一度、1つ手前のルンゼに入っていってもどった。取り
付きでパーティ―分け。尾根上へは少し回り込んで、急な雪壁状のルンゼを直上する。
香取講師リード。ビレイ点から少し巻いて登るので、どういった状況かわからないが、
途中では中間支点はないようす。口―プの残りをコールするが、通らなかったようで、
講師にこわいクライムダウンを強いてしまった。
香取講師は、ルンゼの途中でビレイしているので、途中から私がリード交代。 
尾根の手前で雪質が変わり、水分の多いグズグズの雪になり、足もバイルもよく効かない。
 1度落ちかけてヒヤッとした。こういうところは、手・足に体重を分散して、どちらにも
荷重をかけない微妙なバランスで行くのだと教えてもらう。尾根上に出るところは、やせた
雪稜。向こうが雪庇状になっているようで非常に緊張した。尾根に出てすぐのところでビレイ。
その先は緩い雪稜になっている。香取講師リード。ところが、途中で、雪庇が香取講師の
足下から4〜5mにわたって崩壊。Cルンゼ側に雷のような音をたてて崩れていった。
香取講師はかろうじて難を逃れたが、平然としていた。見ていた自分の方がビビった。
 再び雪壁となるところで、蜂須賀がトップに。気温の上昇とともに、1歩づつアイゼン
団子を落とさなければならない。ル−トはリッジの左側の浅いルンゼ状の急な雪壁になる
が、その手前でビレイ。本来は、ここにチムニー状の岩場があると思われるが、今は急な
雪壁である。 ビレイポイントは、小指ぐらいの太さの濯木2本。しかも根っこは雪の中で
ある。足場を固めようと思って踏んだら、底が抜けた。かろうじて雪の縁に乗つていた。
穴の中を覗いたら、Cルンゼの方に暗闇が広がっていて冷や汗をかく。また浅いルンゼ状
の雪壁にはチリ状の雪崩が発生。ここで、講師はこのさき相当時間がかかることを予想し
て敗退を決意(11:00)。
 この後は、唐松沢側にクライムダウン。唐松沢を登るかDルンゼを登るか、ということ
で、結局、Dルンゼを登ることになつた。ここも結構傾斜のある、グズグズの壁だ。香取
講師がラッセル。特に主稜線に出る前の最上部は傾斜もあり、雪も不安定で緊張した。
 主稜線に出た後(12:30)は、るんるん気分で小屋まで。小屋でしばし休止後、テント
ヘ戻る(14:40)。崩壊した雪庇が、かじられたスイカのように見える。
 
帰幕後、今日1日の行動を振り返って講師と質疑。
 この日のミーティングで、B尾根、A尾根ともに今日のような状況であること。 T峰は
雪庇も発達してことが遠目にも見え、かなり手強く時間もかかるであろうこと、今晩から
の降雪で明日さらに積雪が予想されることなどから、明日は、穂高の岳沢に転進すること
になつた。

5/1 ベース撤収。穂高・岳沢へ移動。  曇りのち晴れ。

 右岸にベース設営。この日はまだテントは少ない。

5/2 ベース〜コブ沢〜コブ尾根〜天狗のコル〜ベース  晴れのち風雪(雷)

 4時に起床して出発(5:30)。天気はよい。
マイナーピークまでのルンゼをひたすら登る。朝は雪が締まって登りやすい。快適だ。
マイナーピーク手前の雪壁で、2時間前に出発したパーティーが降りてくる。
聞くとマイナーピークの下降が難しく敗退したとのことである。
そのパーティーのリーダーは「あそこを越えたら尊敬するよ。」といった。
ふだんはなんでもないピークの乗越しが、大量の雪のために巨大なきのこ状のキヤツプに
なっている(ことがあとでわかった。)。ここからはトレースはない。マイナーピ−クから
の下降は5メーターほどの垂直に近い雪壁の下降だ。香取講師が受講生にビレイされつつ
ステップを切って下降。
最後は小野講師がスノーバーを中間支点にして下からのビレイで下降。小野講師が下降中
は見ていても緊張したが、さすがだ。
 ここを越えると、リッジ状の尾根を香取講師がコブの基部まで先行してラッセル
 (9:20)。やっと一息付けるコブの基部で小休止。香取講師がりード。上部の右の岩場
 (ハーケンあり)と左の雪壁に分かれるところで、私にリード交代。雪壁を左から
トラバース気味に乗り越す(うっすらとしたトレースあり。)。小野講師のパーティーは
右の岩場から登り合流。その後はやさしい岩登りとナイフリッジでコブのピークヘ。
ここからは10メーターくらいの懸垂下降になる(13:00)。支点は岩に巻かれた残置ス
リング。コブの手前あたりから後から来た2人パーティーが追いつき、絡みながら進むこ
とになる。懸垂下降した後は、出てくる雪壁をスタカットでひたすら登る。
後2ピッチくらいで稜線というところで、急にホワイトアウト。稜線に出たとたんに、
アラレが振り出し、強風が吹く (16:40)。稜線に全員がでたときには嵐になっていた。
 とにかく天狗のコルまで急いで下降するということで、小野講師の先導でルートを探し
ながら岩稜帯を降りていく。例年ならもう少し雪は少ないのだろう。ところどころ記憶に
ある箇所が出てくる。途中雷が鳴り出す。光る前にはヘルメットの中でハウリングのよう
な妙な音がした。非常に危険な状態だが、なぜか気分は高揚してあまり恐ろしくなかった。
 あたりが暗くなる頃にようやく天狗のコルまで下降(18:45)。ここからは膝下くらい
のラッセルで、とにかく急いで下降。途中からヘッドランプをつける。午後8時前に小屋
着(19:45)。充実した山行ができた。ビールで乾杯。ここまでくるとべたべたの降雪。
この日は講師から「このようなコンディションでのクライミングできたのはは自慢してい
い。」との評があった。この日は夜遅くまで講師の話を聞き、多少のつまみで就寝。

5/3 停滞。曇りのち晴れ

 この日は1日停滞とする。ゆっくり起きて、外の雪のテーブルでお茶。朝、Sさんが
仕事の都合で帰る。この日は朝から続々とパーティーが入ってくる。夕方、鍋を鳴らす音
を合図に中津川労山のテントに直行。サフランライス&ネパールカレー&ビールのご相伴
にあずかる。美味。例年春の岳沢に入っている佐久山の会の池田さんの話では、雪が多い
とマイナーピークでは昨日のようなキノコ状になるそうだ。そんなときに備えて、竹棒や
樺の木の切れ端を持っていくこともあるという。この日コブ尾根に取り付いたパーティー
もやはりマイナーピークで敗退してきた様子。

5/4 ベース〜前穂ピストン。曇り(ガス)ときどき晴れ。

 6時に、テント出発。奥明神沢をひたすら詰めていく。先発のパーティーをいくつか抜
かし、コルの上部くらいで、先頭に立った。奥明神沢は、雪が途切れることなく、前穂の
ピークまで続いている。ピークに着いたところ(9:00)、ピークに、雪洞が掘つてあった。
ガスの切れ目から涸沢が見える。
200あまりのテントが見える。北穂沢などは人がアリのようだ。北尾根はこちらに向か
つてトレースが見えるが、ピークまでつながっていない。ナイフリッジの部分もあり難し
そうだ。
 奥明神沢の下降の途中、ビバークを想定して、岩がハングしているシュルントを利用し
て、小野講師の指導のもと、ツェルトを張る練習。地形、持っている道具をいかに有効に
活用して、安全に、快適に過ごすのか、が登はん成功の秘訣と教えられる。
 また、香取講師の指導で、大阪方式のコンテやピッケル2本を使った懸垂(回収できる
方法)を教わる。コンテは今まで自分の知識がアヤフヤだったことを暴露。
 帰幕後、小野講師の指導で、小屋の横の2メーターくらいのハング雪でピッケル・バイ
ルを使ったスノーボルダー?を試みる。バイルをどの位置に、どの角度に刺すか、どのよ
うにステップをきめるか、など・・・。その後、テントの中で、今日学んだ技術について
の質疑と講師からのコメント。

5/5 下山。晴れ。

 岳沢をひたすら降りる。朝から安定した最高の天気だ。雪が多いので、沢伝いに歩け、
あっという間に上高地へ。ここで「運営委員会」の斉藤さんと落ち合う。
帰路坂巻温泉で入浴後、タクシーで松本へ向かう。桜と梅、新緑が美しい。
松本駅前で打ち上げ。斉藤さんに「修了証」をもらい感激。

(V節を通じての感想)

 今回の山行は個人的には非常に充実したものでした。
 講師の方に主に指摘された事項は、次に何をやるかを常に考え、スピードアップを図る
ということで、初心者が最初に指摘される事項です。どこまでいっても基礎はおろそかに
できないし、ベテランといわれる人ほど基礎が徹底しているものだと痛感しました。
 講師の方々にはひとかたならぬ感謝の気持ちを持っています,,また、特にU節、V節を
通じて、根拠のない自信?を持つことができました。今後は、徐々に根拠のある自信にし
ていきたいと思います。


中央アルピニスト学校トップページに戻る