mgの24時間競馬研究


1999年秋のG1大胆予想

はじめの挨拶

皆さんこんにちは、このページではサラブレットに関する主に血統的な競馬研究がメインになります。また、今年の重賞レースの(G1が主になりますが)予想もしていきたいと思います。

まだホームページも未完成でこれだけではちょっと物足りないので、最近の私の競馬の事情について申し上げましょう。

今年最初のG1レースであるフェブラリーステークスはそのとき私は卒論に追われていて、とてもとても競馬どころではありませんでした。しかし、買っていなかったにもかかわらずしかも忙しいにもかかわらず、レースと結果だけはチェックしていたのを覚えています。メイセイオペラでしたっけ。なかなか強い馬でした。確か地方馬初の中央G1制覇として有名になった気がします。次のG・は桜花賞でした。日刊スポーツの大川氏が本命に推したプリモディーネが優勝しました。2着はフサイチエアデール。僕の本命がフサイチエアデールでしたが買った馬券にも僕の考えのなかにもプリモディーネのプの字もありませんでした。スティンガーとルーデンスは余計な馬券たった。スティンガーを切れなかった自分はまだまだアマちゃんです。しかし、オークスではちょっと切りにくくなりました。4歳牝馬特別で勝ったことを考慮するとです。次のG・は天皇賞でした。スペシャルウィーク、セイウンスカイ、メジロブライトの3強対決となりました。結果的にセイウンは最後の直線で失速し3着に破れ、スペシャルが好位から抜け出し快勝しました。2着はブライト。僕の本命馬はセイウンでしたので見事にはずしました。よく考えて見れば、中団から前で競馬ができしかもいい脚を長く使えるスペシャルを本命にすべきだったと反省しています。しかし、早熟で短距離向きと言われていたサンデーサイレンス産駒から長距離を勝つ馬が出るようになりました。むしろ、スペシャルの場合、母のキャンペンガールの血を濃く受け継いでるのかもしれません。さて、ここまで2敗できた私ですが、ついに第3団のG1NHKマイルカップでやっとこさ当てることができました。◎はマイネルタンゴでしたが、○と▲にザカリアとシンボリの縦目馬券を押さえていたのでかろうじてセーフでした。プライドがあるなら○ー▲で当てて喜ぶな!と指摘されそうです。まあ、とにかくNHKマイルは混戦でしたので◎ー○で当てた人はあまりいないでしょう。最後に、高松宮杯については、語るも涙な結果に終わりました。まさかのマサラッキ。爆○問題の片方が当てていましたね。シーキングさせ買えなかったので完敗です。

まあ、こんなとことが僕の最近の競馬事情です。それではG1の予想に入って見ましょう。

 

秋の重賞レース予想

ジャパンカップ G1 東京競馬場 芝2400m 平成11年11月28日<結果はここ>

昨年のJCを制したのは四歳のエルコンドルパサー、凱旋門賞では展開的に不利にも関わらず2着と大健闘。そのエルコンドルを破ったモンジューは確かに世界一に実力を持っている。しかし、凱旋門賞では得意の重馬場で、しかもエルコンドルを見ながら競馬ができたなどあまりに展開が良すぎた。果たして日本の馬場であのように戦えるのか。

しかし、今回日本の代表の馬が少し貧弱すぎる。◎に押したスペシャルでさえ大きくこける可能性がある。(この馬はストライクイーグルのようだ。)ただ、府中では良く走るのでがんばってほしい。▲の馬はドイツの馬でしょ。ドイツの馬場は日本に似ているから注目すべき一頭であることは間違いない。最後に一言、エルコンドルの出できてほしかった。グラスも・・

◎スペシャルウィーク

○モンジュー

▲タイガーヒル

マイルチャンピオンシップ G1 京都競馬場 芝1600m 平成11年11月20日<結果はここ>

今年のG1は難解なレースが続きますね。この淀のマイル戦も結構難しい。エアジハードは前走が激戦の天皇賞でつぎが京都初戦でG1。ブラックホークは前走では勝てたが、それまでは勝ちに欠ける所があり、しかもハイペースについていけるか疑問。その他の馬にも様々な問題が存在する。そこで、僕の予想はハイペースでも上がり34.0s近い脚が使えそうな馬を選びました。◎が軸になるのですが、縦目が面白そう。

◎エアジハード

○アドマイヤカイザー

▲ニッポーアトラス

×エイシンガオモン

△ドラゴンライト

菊花賞 G1 京都競馬場 芝3000m 平成11年11月7日<結果はここ>

四歳クラシックレースの最後の菊花賞、淀の三千メートルを征するのはいったいどの馬か?過去のレースを振り返って見てもこの菊花賞を勝った馬は、今年の有馬記念や来年の天皇賞、宝塚に顔を出してくる、すなわち、これからの活躍が非常に期待される馬である。従って、十中八九、三強のどれかの馬が勝つと考えられる。他の馬はどれも勝つのには役不足の感じがする。しかし、ここ二戦のG1レースを考えると、三強の組み合わせで決まるとは考えにくい。私の予想では、一着が三強のどれかで二着に穴馬がくるのではないかと考え、以下の予想をした。

◎アドマイヤベガ

△サクセスエナジー

△ブラックタキシード

△ペインテドブラック

△オースミブライト

天皇賞 G1 東京競馬場 芝2000m 平成11年10月31日<結果はここ>

ついに秋の天皇賞がやってきました。今年は逃げ馬、先行馬の多い年ですね。アンブラスモア、クリスザブレイブ、サイレントハンター、セイウンスカイ・・・と。このような年は、前半にすごいハイペースになり(予想では1000m通過57秒)、上がりの競馬、すなわち最も最後の直線で斬れる脚を持った馬が勝つでしょう。と言うことでメジロブライトを本命にしました。あえて、理由を付けるならスタミナと末脚を兼ねそろえ、順調にここまできたことです。今年は秋華賞につづいて大荒れになるかな。

◎メジロブライト

○メイショウオウドウ

▲セイウンスカイ

×ホッカイルソー

△エアジハード

△ツルマルツヨシ

京都大賞典 G2 京都競馬場 芝2400m 平成11年10月10日<結果はここ>

昨年のこのレースは皐月・菊花賞馬セイウンスカイが制覇した。今年も、皐月賞馬のテイエムオペラオーが参戦している。迎え撃つのは、春の楯を手中に納めたスペシャルウィーク、凱旋門に迎えなかった悔しさをバネにいいレースしてくれるだろう。さすがに四歳馬には負けられない。上がり馬として面白いのはツルマルツヨシと言うことで予想は以下のようになります。

◎スペシャルウィーク

○テイエムオペラオー

▲ツルマルツヨシ

毎日王冠 G2 東京競馬場 芝1800m 平成11年10月10日<結果はここ>

昨年の毎日王冠を思い出してほしい。1着のサイレンススズカは2着のエルコンドルパサーを2馬身半も離して勝っている。その2着のエルコンドルでさえ3着以下に大差があった。その後、スズカは事故で逝ってしまったが、エルコンドルはジャパンカップを勝ち、フランス遠征し、凱旋門賞2着という素晴らしい成績をおさめた。このように今のレース体型では、外国産馬の出走できる重賞の中長距離レースが少ないために、実力のあるマル外馬はこの毎日王冠を目指すことになる。そのため、非常にハイレベルのレースが予想される。今年も、おそらくNHKマイル組の活躍が目立つことになるだろう。

◎ザカリア

○グラスワンダー

▲メジロドーベル

×スティンガー

春のG1レース予想

宝塚記念 阪神競馬場 芝2200m 平成11年7月11日 <結果はここ>

今年の5歳勢は近年希に見る強い馬の多い世代です。エルコンドルパサーがフランスG1のサンクルー賞を勝ち、凱旋門を目指しているのですから、スペシャル、グラスの両方とも、ここで負けるわけにはいかないでしょう。しかし、暑さに弱いグラスの評価を下げて、穴馬としてスエヒロコマンダーを選びました。今一番の上がり馬です。

◎スペシャルウィーク

○スエヒロコマンダー

▲グラスワンダー

×ステイゴールド

安田記念 東京競馬場 芝1600m 平成11年6月12日 <結果はここ>

予想確定 

◎グラスワンダー

○アグネスワールド

▲エアジハード

×ムータティール

注シーキングザパール

△キングヘイロー

グラスワンダーは前走の京王杯で上がり3ハロン33秒3というすごい時計を出しています。しかも、有馬記念で見せた強さは末脚だけでなくスタミナもあり証拠であり、他の登録場と実力のレベルが違います。というわけで、本命はグラスワンダー。5歳になってようやく安定して実力が発揮できるようになってきた。対抗には絶好調のアグネスワールド。蝦名のエアジハードや武豊のシーキングも要注意。キングヘイローは上がりの競馬についていけるか少し疑問。

ダービー(東京優駿)東京競馬場 芝2400m 平成11年6月5日 <結果はここ>

今のところ(6月4日現在)以下のような予想をしています。軸は堅いと思われますが、2着争いが混戦です。

予想確定 ◎からの流し

◎ナリタトップロード

○ブラックタキシード

▲テイエムオペラオー

×ペインテドブラック

△マイネルシアター

△マイネルタンゴ

△マルブツオペラ

やはり、ダービー馬にふさわしいのは昨年のスペシャルウィークと同じ路線をたどってきている、ナリタトップロードで決まりでしょう。名前もいいし。弥生賞の成績はダービー向きだという証拠でしょう。上がり3ハロンのタイムもここ3戦35秒台とすばらしく、長くいい脚の生かせる府中向きでしょう。

オークス(東京優駿牝馬)東京競馬場 芝2400m 平成11年5月30日 <結果はここ>

今のところ(5月25日現在)以下のような予想をしています。非常に難関です。今年の春G・レースはなぜこんなに混戦なんでしょうか。

予想確定

◎トゥザビクトリー

○ゴットインチーフ

▲プリモディーネ

△クロックワーク

トゥザビクトリーは距離も増えたし騎手も武に変わってので面白いのではないでしょうか。

ちなみに、弟の予想は

◎フサイチエアデール

○スティンガー

▲クロックワーク

△エイシンワンシャン

です。二人の視点が全く異なっているのが分かります。僕は桜花賞→オークスのローテーションを重視しました。しかし、4歳牝特でたたかれたスティンガーは確かに要注意だと思います。

意見、文句、苦情等ありましたらこちらへ

© 1997 mg@energy.vbl.tsukuba.ac.jp


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ