-
ローマンスピリット
-

--
-
-


-
-

-
- 父テイエムオペラオー、母ローマステーション
京成杯(G3)優勝馬ローマンエンパイアの半弟です。ローマステーション02に続いての出資となります。中長距離のGIを総ナメしたテイエムオペラオーを配合したことで、ローマンエンパイア以上にクラシック路線で活躍してくれるものと思います。
クラブからの近況(2006.7.20)
前走の疲れも取れ、坂路で調教されているが、途中でゴネて動かなくなって、降りて引いたりすることもしばしばだし、追い切りも終いは止まろうとするようで、さらに難しくなってきている。7月4日から坂路が工事で閉鎖になり、馬場で乗れるかどうか心配だったが、何とか併せ馬で追い切りも消化し、7月16日小倉、芝1200mに出走した。全体的に心配したほどではなく、終いはいくらか伸びて15着だったが、3走連続成績不振のため、関係者で協議の結果、現役登録を抹消し、地方競馬に移籍することになった。これまでのご声援ありがとうございました。なお、精算は9月末の予定です。
2006年7月20日
クラブからの近況(2006.7.19)
先週小倉、芝1200mに出走し、思ったよりスムーズなレースが出来ましたが、残念ながら3走連続成績不振のため、関係者で協議し、現役登録を抹消することになり、地方競馬に移籍することになりました。これまでのご声援ありがとうございました。なお、精算は9月末になる予定です。
2006年7月19日
クラブからの近況(2006.7.18)
7/16(日)小倉6R、混合、3歳未勝利・芝1200mに出走。馬体重は前走からプラス2の476キロ。パドックも返し馬も問題なく、ゲートの出もまずまずで、押して行きましたが、向正面はすでに最後方。徐々に遅れ始め、4コーナーは取り残されてしまいましたが、直線では馬群を縫うように伸びて、勝馬から1秒7差の15着でした。レース後、高橋亮騎手は「今日は歩様が良かったから前回よりは少し競馬らしかった」とのことでした。なお、3走連続成績不振のため、8月16日まで出走停止になり、今後については関係者で協議する予定です。
2006年7月18日
クラブからの近況(2006.7.13)
助手 2006/07/09 栗東 坂稍
1 回 59.3 40.7 27.1 13.9 馬ナリ余力

助手 2006/07/12 栗東 DW良
84.9 67.6 53.5 41.2 13.3(8)叩き一杯
チェリーリキオー(三未勝)一杯の内クヒ゛先着
2006年7月13日
クラブからの近況(2006.7.12)
先週京都、ダート1200mに登録の予定でしたが、頭数が多かったため、出走予定を延期しました。改めて今週の出走に向けて、坂路が工事で閉鎖になっているため、12日にDWコースにて併せ馬で追い切りを行い、思った以上に反応も良く、動けました。7月15日小倉、芝1200mに出走の予定ですが、初コースなど、心配な点も多く、何とかスムーズに、と祈るばかりです。
2006年7月12日
クラブからの近況(2006.7.5)
連日坂路で1〜2本、17-18くらいのペースのキャンターを乗られています。今週の出走に向けて5日に坂路で追い切りを行いました。調教の前後でも、追い切りでも途中で止めようとするところがあり、少しでも短い方が良いかもしれないとのことで、7月8日京都、ダート1200mに出走の予定ですが、レース内容の一変は期待しづらいところです。
2006年7月5日
クラブからの近況(2006.6.29)
助手 2006/06/28 栗東 坂良
1 回 54.7 40.0 26.9 13.9 一杯に追う
2006年6月29日
クラブからの近況(2006.6.28)
連日坂路で1〜2本、17-18くらいのペースのキャンターを乗られています。次走に向けて28日には坂路で追い切りを行いました。ここへ来て、ますます調教が難しくなっており、道中でしょっちゅう止まって、周りに迷惑をかけている現状で、工夫の施しようがなく、頭の痛いところです。
2006年6月28日
クラブからの近況(2006.6.21)
先週京都、芝1600mに出走しましたが、テンからやる気がないようで、後方ままで終わってしまいました。今回は急仕上げもありましたが、気性的なものが能力の妨げになっているのは事実なので、次走はブリンカーをつけるなど何か工夫をする必要がありそうです。レース後も変わりなく坂路で調教されています。
2006年6月21日
クラブからの近況(2006.6.20)
ソエはすっかり良くなり、ようやく厩舎の馬房調整がついたため6月1日に帰厩した。さっそく4日には坂路で時計を出したが、予定より少し速くなってしまったとのこと。それでも息遣いも悪くなく、7日には坂路にて併せ馬で追い切りを行った。以前に比べると、色んな経験を積んだ分、いくらか扱いやすくなっており、この分なら早めに出走させた方が良さそうとのことで、6月18日京都、芝1600mで復帰した。キャリア不足を暴露したようで、パドックから舞い上がっており、レースもテンから走る気を見せず、ついて回っただけの18着で、もっと走ることへの真面目さが欲しい現状。
2006年6月20日
クラブからの近況(2006.6.19)
6/18(日)京都3R、混合、3歳未勝利・芝1600mに出走。馬体重は前走からマイナス10の474キロ。パドックでは馬っ気を出したり、尻尾をふったりと集中力に欠ける様子でしたが、ジョッキーが跨ると落ち着きました。もさっとした感じでゲートを出て、後方2番手から。向正面では最後方から追走していき、勝負処から追い上げるどころか、前との差がどんどん開き、4コーナーでは1頭ぽつんと置かれてしまいました。直線でもまったく伸びは見られず、勝馬から3秒3差の18着でした。レース後、高橋亮騎手は「歩様がゴトゴトしていた。キャンターに入るとそうでもなかったけど。それにしても全然走る気になっていないようだね」とのことでした。*次走の予定 未定
2006年6月19日
クラブからの近況(2006.6.15)
助手 2006/06/11 栗東 坂稍
1回 57.8 42.0 27.2 13.8 一杯に追う

助手 2006/06/14 栗東 坂良
2回 54.1 40.9 27.8 14.6 一杯に追う
2006年6月15日
クラブからの近況(2006.6.14)
先週の追い切りは少しちぐはぐになりましたが、息もほぼ出来ているようです。番組のことも考慮して今週出走することになり、14日には坂路で追い切りを行いましたが、単走のため、時計的にはもう一つでした。6月18日京都、芝1600mに高橋亮騎手で出走の予定です。
2006年6月14日
クラブからの近況(2006.6.8)
助手 2006/06/04 栗東 坂良
2回 55.7 41.1 28.4 15.0 一杯に追う
トウケイアトラント(三未勝)馬ナリに0.4秒先行0.1秒遅れ

助手 2006/06/07 栗東 坂良
2回 56.1 40.6 26.3 13.2 叩き一杯
2006年6月8日
クラブからの近況(2006.6.7)
連日坂路下でダクを乗られ、その後坂路で調教されています。ソエが完治したこともあり、精神的にもいくらか余裕が見られるようになり、坂路入りの際もそれほどうるさい面は見せなくなっています。日曜日には15-15の時計を出し、7日には坂路にて併せ馬で追い切りを行いました。この分なら京都開催の2週目くらいには出走出来そうです。
2006年6月7日
クラブからの近況(2006.5.31)
金勝牧場で調整されています。ようやく担当厩務員が怪我から復帰したため、6月1日に帰厩することになりました。ソエは完治しており、数回の移動が精神面に成長をもたらしたことと思います。
2006年5月31日
クラブからの近況(2006.5.24)
金勝牧場で調整されています。今週帰厩の予定でしたが、担当厩務員の都合で来週に延期になりました。ソエは問題なく、角馬場と坂路を併用して調教されています。
2006年5月24日
クラブからの近況(2006.5.17)
金勝牧場で調整されています。ショックウェーブ治療の効果で、ソエが完全に良くなったため、獣医のOKが出て馬場でダクを乗られています。調教師からはそろそろ馬房調整がつきそうなので、少しペースを上げるようにと指示があったとのことでした。
2006年5月17日
クラブからの近況(2006.5.10)
金勝牧場で調整されています。2回目のショックウェーブ治療が終わったので、獣医からはそろそろ馬場でダクを始めて良いと言われています。ソエは完全に良くなっています。
2006年5月10日
クラブからの近況(2006.5.8)
金勝牧場で調整されています。5月2日に2回目のショックウェーブ治療を行い、馬場での調教を再開しています。気性的に難しいところがあり、相変わらずやんちゃな面を見せて手を焼かせているようです。
2006年5月8日
クラブからの近況(2006.4.26)
金勝牧場で調整されています。ソエの治療にショックウェーブ治療を行いましたので、数日は舎飼でした。現在は角馬場で常歩運動を行っており、5月上旬に2回目を行う予定です。
2006年4月26日
クラブからの近況(2006.4.19)
帰厩し、坂路で調教されていましたが、放牧先とは調教量が違うためか、それに泣きのタイプで、ソエをかなり痛がっており、思うように進められないことから、8日に再度金勝牧場へ放牧に出しました。さっそくショックウェーブ治療を行っています。次回は5月1日に行うとのことです。
2006年4月19日
クラブからの近況(2006.4.12)
金勝牧場ではいくらかうるさい面はあったものの、坂路で順調に調教されていました。ようやく馬房調整がつき、8日に帰厩しています。すでに坂路で調教されていますが、厩務員について行ってもらえば、以前のように馬場入りを嫌がって立ち止まったりすることはなくなっているようです。
2006年4月12日
クラブからの近況(2006.4.5)
金勝牧場で調整中です。角馬場でダクと軽めのキャンターを乗られ、その後坂路で3本乗られています。特に気になるところはなく、馬房調整がつけば帰厩出来そうです。
2006年4月5日
クラブからの近況(2006.3.29)
信楽牧場へ放牧に出したとお伝えしましたが、すぐに帰厩する予定のため、金勝牧場で調整中です。それほど難しいところを見せることもなく角馬場と坂路で調教されています。
2006年3月29日
クラブからの近況(2006.3.22)
先週阪神、ダート1400mでデビューしました。ゲートを出遅れて、離れた後方からの競馬でしたが、心配したほど気の悪さを見せず、何とかレースに参加しました。これなら慣れてくれば問題ないと思います。なお、相変わらずいくらかソエを気にしているため、レース後はトレセンに戻ってからすぐに信楽牧場へ移動しています。
2006年3月22日
クラブからの近況(2006.3.20)
3/19(日)阪神3R、3歳未勝利・ダート1400mに出走。デビュー戦の馬体重は484キロ。パドックは二人引きでしたが、頭を下げていくらか気負いの見られる周回。スタートで出遅れ、離れた最後方から。向正面で少し差を詰めて、ようやく集団に取り付き、3コーナーから外に出して、そのままかなり外目を追走していきましたが、なかなか差は詰まらず、勝馬から2秒9差の13着でした。レース後、白坂騎手は「気合いをつけてようやくハミを取ったのですが、それでも前に進んで行きませんでした」とのことで、庄野技術調教師は「置かれてしまったら止めるかもしれないという恐れもあったから、思ったよりレースに参加した。徐々に慣れるでしょう」とのことでした。なお、まだソエを気にしているため、一度放牧に出す予定です。*次走の予定 未定
2006年3月20日
クラブからの近況(2006.3.16)
白坂 2006/03/12 栗東 CW稍
87.9 71.3 55.7 40.5 13.1(8)馬ナリ余力
ウォータートリック(三未勝)馬ナリの内同入

白坂 2006/03/15 栗東 坂良
1回 55.6 40.3 26.1 12.7 強目に追う
2006年3月16日
クラブからの近況(2006.3.15)
先週阪神、芝1600mに登録しましたが、残念ながら除外でした。改めて15日に坂路にて単走で追い切りを行い、それほど気難しい面も見せず、徐々に絞れて動きも良くなってきています。3月19日阪神、ダート1400mに、この馬の癖を一番理解している白坂騎手の騎乗でデビューの予定です。
2006年3月15日
クラブからの近況(2006.3.9)
白坂 2006/03/08 栗東 坂稍
1回 53.8 39.5 26.7 13.8 一杯に追う
レアシルウィア(三未勝)馬ナリに0.8秒遅れ
2006年3月9日
クラブからの近況(2006.3.8)
連日坂路で調教されており、今週のデビューに向けて8日に白坂騎手が跨って併せ馬で追い切りを行いました。ソエはすっかり良くなり、身体も引き締まってきました。まだ追い切りが足りない感じもありますが、3月12日阪神、芝1600mに白坂騎手でデビューの予定です。
2006年3月8日
クラブからの近況(2006.3.2)
白坂 2006/03/01 栗東 坂重
1回 54.6 40.2 26.8 13.4 馬ナリ余力
パワークレスト(古500万)馬ナリに同入
2006年3月2日
クラブからの近況(2006.3.1)
連日坂路で調教されており、先週の追い切りを見ていても、どうしても、終いの一番頑張らないといけないところで気を抜いてしまうようです。今週は白坂騎手を背に追い切りを行い、まずまずの動きを見せていました。このまま順調なら3月12日阪神、芝1600mあたりでデビュー出来そうです。
2006年3月1日
クラブからの近況(2006.2.23)
助手 2006/02/22 栗東 坂重
1回 53.9 39.7 27.1 14.1 一杯に追う
レアシルウィア(新馬)一杯0.2秒先行1.2秒遅れ
2006年2月23日
クラブからの近況(2006.2.22)
連日坂路で調教されており、ソエの状態も落ち着いてきたため、22日に坂路にて併せ馬で追い切りを行いました。相変わらず気の悪さを見せているようで、終いがかかっていたようでした。
2006年2月22日
クラブからの近況(2006.2.20)
心配したほど気の悪さを見せることもなく、坂路で15-15も順調に消化し、1月20日にはあっさりとゲート試験に合格した。その後併せ馬で追い切りを行っているが、当初は、まだ太めと、馬場が悪くて動けないと思っていたのだが、だんだん気難しさを見せるようになって、終いの一番苦しいところで止めようとし、それで毎回終いがかかっている現状。さらに、左前脚のソエを痛がっており、少し楽をさせている。そのため、デビューの予定はまだ立たないが、調教は休んでおらず、阪神開催中には出走できるだろう。
2006年2月20日
クラブからの近況(2006.2.15)
順調に併せ馬で追い切りをこなしていますが、ここへきて気の悪さを見せることがあり、坂路で終いがかかっているのは、どうも走るのを止めようとするためのようです。それでも徐々に慣れは見られるようになっています。今週は、少しソエを気にしているため、追い切りは行わず、坂路1本に止めました。
2006年2月15日
クラブからの近況(2006.2.9)
助手 2006/02/08 栗東 坂稍
2回 54.5 40.4 27.2 14.0 一杯に追う
ランドフラッグ(古500万)強目に0.9秒遅れ
2006年2月9日
クラブからの近況(2006.2.8)
気になるところはどこもなく、連日坂路で17-18くらいのキャンターを2本乗られています。先週の追い切りでは、他の厩舎の馬ですが、一緒にゲート試験を受けた馬と併せて追い切りを行いました。馬場が悪くのめっていたことと、まだ太めのため、終いの時計がかかってしまいましたが、問題なく順調です。今週も8日に追い切りを行い、いくらか動ける感じになってきています。
2006年2月8日
クラブからの近況(2006.2.2)
助手 2006/01/29 栗東 坂良
2回 56.6 40.8 26.9 13.3 強目に追う
ジョンコシチー(新馬)馬ナリに同入

助手 2006/02/01 栗東 坂稍
1回 53.9 39.7 27.1 14.2 一杯に追う
ジョンコシチー(新馬)叩一杯に1.1秒遅れ
2006年2月2日
クラブからの近況(2006.2.1)
連日坂路で17-18くらいのキャンターを2本乗られています。他の厩舎の馬でも、上手に相棒を見つけて併せ馬で乗られており、思った以上にスムーズに調整が進んで、一安心です。デビューに向けて今週は1日に坂路にて併せ馬で追い切りを行いました。まだ幼い感じがしますが、次は馬場で追えるかどうかが課題です。
2006年2月1日
クラブからの近況(2006.1.26)
助手 2006/01/20 栗東 E良
12.6 12.6 ゲートナリ

助手 2006/01/22 栗東 坂良
2回 63.6 46.6 30.5 14.9 馬ナリ余力

助手 2006/01/25 栗東 坂良
2 回 61.3 45.9 30.9 15.1 馬ナリ余力
2006年1月26日
クラブからの近況(2006.1.25)
20日にゲート試験を受け、見事一回で合格しました。まだ身体に芯が通っていないとのことで、本格的な調教はこれからですが、25日には坂路で2本目15-15の追い切りを行い、思ったよりも素直に進んでいます。
2006年1月25日
クラブからの近況(2006.1.20)
1月4日に入厩した。数日は他の馬と一緒に坂路で調教され、聞いていたほど難しくはないとのことだったが、雪で坂路が閉鎖された日に、馬場に入れた際、前に進まず、くるっと回って放馬したとのこと。それでもだんだんコツがわかってきたとのことなので、このまま進めていけそうだし、併せてゲートの練習も行っており、こちらの方はそれほど心配はないとのこと。とにかく、真面目にさえ走れば能力があるのは間違いないため、今後も気分を損ねないよう、かと言ってわがままにならないように育って欲しいものだ。

ローマンスピリットは1/20にゲート試験に合格。
2006年1月20日
クラブからの近況(2006.1.19)
助手 2006/01/13 栗東 E良
14.8 15.4 ゲートナリ
2006年1月19日
クラブからの近況(2006.1.18)
ようやく手の内に入ったようで、連日坂路で17-16くらいのキャンターを1本乗られ、その後Eコースのゲートで練習を行っていますが、思ったよりスムーズで20日に試験を受けることになりました。
2006年1月18日
クラブからの近況(2006.1.11)
連日僚馬達と厩舎周りを併せ馬で運動し、その後坂路で18-18くらいのキャンターを1本乗られています。併せ馬だと問題ないのですが。週末に雪で坂路が使えなかった時に、馬場でくるっと回って放馬したとのことでした。それでも徐々にコツを掴んできたとのことなので、このまま進めていけそうです。今週からは併せてゲート練習を行っており、問題なく、通過駐立をこなしています。
2006年1月11日
クラブからの近況(2006.1.5)
信楽牧場で調整されていましたが、厩舎の馬房調整がつき、4日に栗東・高橋隆厩舎に入厩しました。状態は問題ないものの、精神的に難しいところがあるので、トレセンの環境の中での成長を期待したいものです。なお、馬名は「ローマンスピリット」に決定しています。
2006年1月5日
クラブからの近況(2005.12.22)
ローマンスピリット(テイエムオペラオー/ローマステーション)は1/4に栗東・高橋隆厩舎に入厩の予定。
2005年12月22日
クラブからの近況(2005.12.20)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、Wマシンでの運動後、馬場でダク2周、軽めキャンター2周乗られています。入厩に向け、少しペースを上げる予定でしたが、先週末から寒波の襲来で、ペースアップは出来ていませんが、わがままな面を見せながらも、何とか調教されています。なお、現状ではあまり進められない為、環境を変える意味も含めて、馬房調整がつき次第入厩させる予定です。
2005年12月20日
クラブからの近況(2005.12.13)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動後、馬場でダク2周、軽めのキャンターを2周乗られています。体調はかなり良いのですが、他の馬の後についてなら、比較的スムーズに馬場入りしますが、日によってはわがままな面を見せることがあり、頭の痛い現状です。
2005年12月13日
クラブからの近況(2005.12.6)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動後、馬場でダク2周、軽めのキャンターを2周乗られています。苦しいところがなくなったためか、以前に比べるとかなり素直になり、問題なく進んでいます。
2005年12月6日
クラブからの近況(2005.11.29)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動後、馬場でダク2周、軽めのキャンターを2周乗られています。今後は徐々に距離を伸ばし、ペースを上げていく予定で、調教師も再三状態を確認され、このまま進めるように指示したとのことでした。
2005年11月29日
クラブからの近況(2005.11.22)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動後、馬場でダク2周、軽めのキャンターを2周乗られています。どうも、気が向かないとうるさいところを見せるようで、急がせず、馬の気分に合わせた調教を行っており、スムーズに進んでいますので、徐々に距離を伸ばす予定です。
2005年11月22日
クラブからの近況(2005.11.21)
滋賀県の信楽牧場で調整されている。中間、心身ともに緩めて、リフレッシュさせ、10月下旬はウォーキングマシンのみの運動。11月から他の馬に先導してもらって、馬場でダクを2周程度乗り始め、中旬には、キャンターを乗り始めている。急がせず、馬の気分に任せるようにして、何とか素直に調教できるようになったが、まだまだ子供で、わがままが過ぎるようなところもあるし、気難しいのは確かなので、この先も無理がかからないように進めていく。
2005年11月21日
クラブからの近況(2005.11.15)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動後、他の馬の後につけて、馬場でダク2周、軽めのキャンターを2周乗られています。ずいぶん落ち着きが見られ、このまま進めていけそうです。
2005年11月15日
クラブからの近況(2005.11.8)
信楽牧場で調整されています。ウォーキングマシンでの運動に止めていましたが、先週から、他の馬に誘導してもらい、馬場でダクを2周乗られています。ずいぶん落ち着きが見られるようになり、このまま進めていけそうですが、体力よりも気性面で難しさを感じている現状です。
2005年11月8日
クラブからの近況(2005.11.1)
信楽牧場で調整されています。現在はウォーキングマシンでの運動に止めています。少し楽をさせて、体力強化を図りながら、無理のないよう進めていきます。
2005年11月1日
クラブからの近況(2005.10.25)
信楽牧場で調整されています。ここへ来て調教を嫌がって馬場入りを拒否したりすることが多いため、一度楽をさせることになり、ウォーキングマシンでの運動に止めています。馬がまだ幼くて体力が付ききっていないためのようなので、無理をしないように進めていくことになりました。
2005年10月25日
クラブからの近況(2005.10.20)
滋賀県の信楽牧場で調整されている。ここまでかなり順調に乗られていたが、調教のペースが上がったら、体力的に追いついていないようで、苦しがって、馬場入りを嫌がることもしばしば。人に引いて貰ってやっと馬場入りする時もあるし、馬場に入っても尻っぱねをしたり、その場でクルクル回ったりと、気難しいところを見せているようだ。一時、前の出が良くなかったように、骨が弱くて無理ができないこともあり、右首の筋肉が、疲れでパンパンに張っている状態で痛がり、治療している。まだトレセンでの調教に耐えるだけの体力も足りないようで、入厩は白紙になった。
2005年10月20日
クラブからの近況(2005.10.18)
信楽牧場で調整されています。ウォーキングマシンで運動後、馬場でダクとキャンターを2周ずつ乗られています。相変わらず、右首の筋肉がパンパンに張って、治療はしているのですが、苦しいようで、馬場入りを嫌がっていますが、入ってしまえば観念して調教されているようです。
2005年10月18日
クラブからの近況(2005.10.11)
信楽牧場で調整されています。ウォーキングマシンで運動後、馬場でダクとキャンターを2周ずつ乗られています。先週あたりは苦しいところがあって、馬場入りを嫌がったりしていましたが、何とか乗り切ったようです。
2005年10月11日
クラブからの近況(2005.10.4)
信楽牧場で調整されています。中間、前の出が悪く、治療を受けました。骨もですが、首の筋肉に疲れがあったようです。もともと、やや成長がゆっくりなので、調教がきつくなるにつれ耐えられなくなったためのようでした。トレセンでの調教に耐えるには、乗り越えなければいけない壁なので、現在はペースを落としていますが、休まず乗られています。
2005年10月4日
クラブからの近況(2005.9.27)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られています。ここへ来て、前の出がゴトゴトしているとのことで、レントゲンを撮ったところ、トウ骨に骨膜が出かかっていることがわかりました。出始めの痛いときでもあり、あまり無理がかからないように進めています。
2005年9月27日
クラブからの近況(2005.9.20)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週に2回は18-18くらいにペースを上げており、いつでも入厩出来るくらい状態が良いのですが、まだ馬房調整がつかないようです。

滋賀県の信楽牧場で調整されている。調教の前後にはサンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動後、馬場でダク2周とキャンターは3周〜3.5周くらいを18-18くらいのペースで乗られている。相変わらず気まぐれな面は見せているものの、とにかく動きが軽く、単走では生ずるいところがあるが、併せ馬をすると俄然やる気を見せ、ここへきて入厩に向けて、週に2回は18-18くらいのペースも乗られており、スピードに乗るとさらに軽快。そろそろ入厩の声も聞こえて来そうだ。
2005年9月20日
クラブからの近況(2005.9.13)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げており順調です。まだ具体的ではありませんが、次に入厩する馬の候補に上がっています。
2005年9月13日
クラブからの近況(2005.9.6)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げており順調です。馬房調整がつきしだい入厩の予定です。
2005年9月6日
クラブからの近況(2005.8.30)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げています。暑さにも負けず、ここまで順調に来ており、馬房調整がつけばいつでも入厩出来そうです。
2005年8月30日
クラブからの近況(2005.8.23)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げています。併せてゲート練習も、通過駐立をこなしており、すこぶる順調です。
2005年8月23日
クラブからの近況(2005.8.19)
滋賀県の信楽牧場で調整されている。調教の前後にはサンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動後、馬場でダク2周とキャンターは3周〜3.5周くらいを乗られている。軽めに乗られているときは、真面目ではない面が見られるし、ステッキを嫌がるようだが、併せ馬をすると俄然やる気を見せるし、動きも軽快で、週末には18-18くらいにペースアップしており、いつでも入厩できるくらい順調だ。
2005年8月19日
クラブからの近況(2005.8.16)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げており、これまでの兄弟より、動きが軽い感じがします。ただ、気性面では少しわがままな面があり、ステッキに反抗したりすることがあるようです。
2005年8月16日
クラブからの近況(2005.8.9)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げており、併せ馬をするとやる気を見せます。
2005年8月9日
クラブからの近況(2005.8.2)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げており順調です。暑い時期ですが、気になるところもなく順調です。
2005年8月2日
クラブからの近況(2005.7.26)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げており順調です。今後も入厩に向けて進めていきます。
2005年7月26日
クラブからの近況(2005.7.20)
滋賀県の信楽牧場で調整されている。調教の前後にはサンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動後、馬場でダク2周、キャンター3周〜3.5周くらいを乗られている。軽めに乗られているときは、少し遊ぶような面が見られるが、併せ馬をするとやる気を見せるし、ここへ来て週末には18-18くらいにペースアップしており、息遣いも良く、スピード十分の動きを見せている。併せて行っているゲート練習では、通過、駐立をこなしており、今のところ入厩の予定は立っていないが、順調そのもの。
2005年7月20日
クラブからの近況(2005.7.19)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周乗られ、週末には18-18くらいにペースを上げています。併せるとやる気を見せるようで、入厩はまだ先のことですが、動きはかなり良くなっています。
2005年7月19日
クラブからの近況(2005.7.12)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター3周、毎週末には18-18くらいにペースを上げて調教されています。併せるといくらかやる気を見せるようになっており、ゲートも、通過、駐立だけですが練習しています。
2005年7月12日
クラブからの近況(2005.7.5)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター2周のメニューをこなしています。順調ですが、まだかなり太め残りの現状です。
2005年7月5日
クラブからの近況(2005.6.28)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター2周のメニューをこなしています。これまでの兄弟に比べると、気性的に素直で覇気の感じられる馬で、徐々にペースを上げていけそうです。
2005年6月28日
クラブからの近況(2005.6.21)
北海道のチェスナットファームで調整されていたが、調教師の指示で、6月7日に滋賀県の信楽牧場へ無事に到着した。調教の前後にはサンシャインパドックに放牧されており、さっそくウォーキングマシンでの運動後、馬場でダク2周、キャンター2周を乗られている。まだかなり太めだし、背も胴も伸びそうな雰囲気があるため、それほど急いではいないが、馬場での動きを見ていると、四肢を大きく使ったダイナミックなフォームだし、上よりも素直との評価を貰っている。
2005年6月21日
クラブからの近況(2005.6.21)
信楽牧場で調整されています。サンシャインパドックに放牧され、ウォーキングマシンでの運動を行った後、馬場でダク2周、キャンター2周のメニューをこなしています。心配なところはなく元気いっぱいです。
2005年6月21日
クラブからの近況(2005.6.14)
チェスナットファームで調整されていましたが、調教師の指示で7日に滋賀県の信楽牧場に移動しました。軽い熱発はあったものの、早朝の涼しい時間に馬場で調教されています。身体にはかなり余裕がありますが、四肢をのびのび動かして気持のいいキャンターを見せています。
2005年6月14日
クラブからの近況(2005.6.7)
中間も変わりなく、チェスナットファームで順調に乗り込まれていましたが、調教師の指示で7日に滋賀県の信楽牧場へ移動しました。今後は入厩に向けて調整を行っていきます。
2005年6月7日
クラブからの近況(2005.5.31)
チェスナットファームで調整されています。現在はBTCのダートトラックでキャンター2400m、週1日は坂路にて馬なりで15-15を乗られ、変わりなく順調です。
2005年5月31日
クラブからの近況(2005.5.24)
チェスナットファームで調整されています。引き続き、BTCのダートトラックを中心にキャンター2000m、週1日は坂路で15-15を乗られています。今のところ入厩の予定はないので、今後もこのペースでじっくり乗り込んでいきます。
2005年5月24日
クラブからの近況(2005.5.20)
チェスナットファームで調整されている。中間は週1日はBTCの坂路で乗るようになり、5月に入って15-15も乗り始め、ますます好調。「少しうるさいところがでてきたけど、以前と違って動くようになった。ただ、後ろから行くと引っ掛かって行くのに、先頭に立つと後ろを待ったりして相変わらず気まぐれな面はある。まだ子供なのかもしれないけど、ハナに立つスピードは持っているんだ」と、育成スタッフが言うように気性は若いが、馬体は伸びも幅も上々で充実感が漂い、スピードもスタミナもありそうな雰囲気。まだ具体的な指示はなく、今後も今くらいのペースで乗り込んでいく予定。
2005年5月20日
クラブからの近況(2005.5.17)
チェスナットファームで調整されています。引き続き、BTCのダートトラックを中心にキャンター2000m、週1日は坂路で15-15を乗られています。入厩の時期などは未定ですが、順調に進めています。
2005年5月17日
クラブからの近況(2005.5.10)
チェスナットファームで調整されています。現在はBTCの800mダートトラックを中心にキャンター2000mを乗られ、週1日は坂路でペースを上げており、今月に入って15-15も乗り始めました。
2005年5月10日
クラブからの近況(2005.4.20)
チェスナットファームで調整されている。中間も順調に乗り込み、4月上旬はBTCの直線ウッドでキャンター2000m、コンスタントに18-18で乗られている。前月はまだ気性面で若さが目立っていた本馬だが、「まだ掛かるほどには行かないけど、今はハミをとって自分から行くし、段々と前向きになってきました。これからドンドン仕上げていける段階にありますよ」とスタッフは話し、心身ともに成長した。伸びのある馬体は前後躯とも一回り大きくなって、重量感を増したそれは半兄Rエンパイアを彷佛とさせる。今後は今月中には15-15近くまでペースを上げる予定で、さらに変わってきそうだ。
2005年4月20日
クラブからの近況(2005.3.18)
チェスナットファームで調整されている。3月上旬もBTCの屋内直線ウッドでダク2500m、キャンター2000m。ペースはハロン19〜20秒で、今後も少しずつ上げていく予定。中間はパシュファイヤーを着用したが、これについて育成スタッフは「後ろから行く分にはいいんだけど、前に出るとハミを抜く面があるんだ。でもこれを着けたら良くなったし、外してみても大丈夫だった」と。まだ少し動きもゴツゴツとして若さが見られる現状だが、それでも成長が著しい。「気合いを入れて乗ったら、これは変わったよ。馬に風格がでた」と言われ、張りのある身体つきで走る馬の雰囲気になってきた。
2005年3月18日
クラブからの近況(2005.2.18)
チェスナットファームで調整されている。2月上旬も前月同様にBTCの直線ウッドでキャンター2000mを乗られ、最近はハロン20秒ちょっとで徐々にペースは上がっている。中間も順調だが、育成スタッフは「まだ馬が幼いようだね。兄弟の今時期と比べてもチャカチャカしている。まだ調教で余分な動きが多くて走りに集中しきれていないから、今は併せ馬で闘争心をつけるような調教が主体。でも悪い気性ではないから良くなるよ」という。まだまだ成長期。馬体も別の馬かと思ったほど変わってきた。胴伸びしたとともに全体にスッキリした身体になり毛ヅヤも良化。父譲りの馬体になってきた。
2005年2月18日
クラブからの近況(2005.1.20)
チェスナットファームで調整されている。この中間は年末年始に少し休んだだけで順調に乗り込まれ、1月に入りBTCの直線ウッドでダク2500m、軽めキャンター2000mを乗られるようになり調教量を増やした。馬体はそれほど大きくなった感じはないし前月と同じ雰囲気だが、相変わらず逞しい身体つきで、気性面でカリカリしてくるようなこともなく、いい意味で安定している。幅があってバランスも良く、これでもう一回り大きくなると申し分ないが、しっかり乗られて順調度という点では一際目立っている。また、脚捌きの軽い、いかにも芯がしっかりしていそうな動きからも順調さが窺える。
2005年1月20日
クラブからの近況(2004.12.20)
チェスナットファームで調整されている。前月中旬から約2週間のリフレッシュ休養を挟み、12月に入って調教を再開。上旬はBTCの屋内直線ウッドでダク2500m、軽めキャンター1000mを乗られている。「乗ったら気合いが入るけど、普段は今のところ大人しいですね。でもこの血統ですから、そのうち普段もうるさくなりそうです。馬体もこれから一回り二回り変わりそうなので、もう一度どこかで休ませたいと思います」と育成スタッフ。母の産駒らしい、いい身体つき。父方が出てもっとシャープな感じかと思ったが、トモが良くなり、気性も落ち着いて、ドッシリした力強い動きになってきた。
2004年12月20日
クラブからの近況(2004.11.19)
チェスナットファームで調整されている。中間はブレーキングも順調に進み、10月中旬より乗り始め、11月上旬はBTCの屋内直線ウッドでダク2500mと軽いキャンターを少しだけ乗られている。今月中旬まで乗ったらリフレッシュ休養に入る予定。「思ったより大きくなってきませんが、いい動きをしますし、期待しています。今は馬も疲れているから大人しいけど、休ませた後どう変わるかですね」と育成スタッフ。素直で順調。馬体は前月から伸びた感じはしないが、さらに幅が出て全体がフックラ。兄姉達に比べるとスッキリしたタイプだが、それでも身体つきはしっかりしているし、柔らかい。
2004年11月19日
クラブからの近況(2004.9.17)
9月上旬も中島牧場で放牧されている。「来月の初旬にはチェスナットファームに移動させる予定だよ。身体はそんなに小さくないし、最近、幅がでてきて、400kg台の後半くらいにはなるんじゃないかな」と中島氏。現状、背丈はそれほど大きくないが、確実に幅を増してきており、なかなか骨量のあるタイプ。肉づきが良くてボリューム感があり、脚部もガッチリとしていて、いずれは中型上の馬体に成長していきそうだ。母系の良さかトモの筋肉もしっかりとしており、弾力性があってやはり良いものを持っていそう。最近の成長ぶりからも秋にはますます逞しくなっていくだろう。
2004年9月17日
クラブからの近況(2004.8.20)
8月上旬も中島牧場で放牧されている。「最近はとにかく暑くて馬もバテてしまうので、いつもより1時間早く放して、15:00過ぎには厩舎に入れているんだ。そのせいか、身体は細くなっていないし、一段と幅がでてきて、順調な成長ぶりだね」と中島氏。背丈は大きな方ではないが、ガッチリとした骨格に恵まれており、立派な身体つきで、やはり血統馬らしく皮膚が薄く垢抜けて見える。最近はますますトモが大きくなり、歩様に力強さを増してきて、母系のスピード血統の良さが目立ってきた。元々しっかりした素材であったが、今の勢いなら秋にかけてさらに変わってきそうだ。
2004年8月20日
クラブからの近況(2004.7.20)
7月上旬も中島牧場で放牧されている。「放牧地の同期の中で、特別に力があるようには見えないけど、一度走り出すとすごいパワーで、この馬だけは押さえ切れない程なんだ。それが競馬で、走る方に向いてくれたら、いいけどね」と中島氏。馬体は平均サイズだが、最近は徐々に幅を増し、春頃に比べて随分肉づきが良くなったように見える。毛ヅヤはピカピカ、張りも抜群で、体調面も上向いてきたようだ。キビキビとした力強い動きにも好感が持てるし、スピード馬らしい雰囲気になってきた。成長力のある血統だけに、今後もどう変わるか楽しみ。
2004年7月20日
クラブからの近況(2004.6.18)
6月上旬も中島牧場で放牧されている。「おとなしい馬ではないけど、今までのローマの仔の中で特別うるさいわけじゃないし、男馬で元気なだけだよ。そんなに大きくならないかもしれないけど、どんどん幅がでてきたし、問題なく順調だよ」と中島氏。最近も上背はじわじわと伸びているが、身体つきは青草がついて、どんどん実が入りつつあるようだ。トモに加えて、胸前もグッと逞しさを増してきて、バランスが良くなってきた。動きは素軽く、のびのびとした走りの中にもバネの良さが目立ち、やはり素質の高さが感じられる。これからどんどん魅力が引き出されていくだろう。
2004年6月18日
クラブからの近況(2004.5.20)
5月上旬も中島牧場で放牧されている。「当歳の頃はけっこう胴伸びがあってオペラオー似かと思ったけど、最近幅がでてきたし、今は両親どちらかと言われたら、お母さんの方だろうね。でも男馬は成長力があるし、これからまだ変わってくると思うんだ。走らせてみないと分からないけど、順調だしこれでいいんじゃないかな」と中島氏。馬体の出来はいくらかゆっくりな感じだが、幅がでて着々と良くなっている。最近では母譲りの大きなトモが目立ってきたし、何と言っても身のこなしの柔らかさがとても魅力的。今時期にこれだけしっかりしていれば申し分なく、これからの変わり身が楽しみ。
2004年5月20日
クラブからの近況(2004.4.20)
4月上旬も中島牧場で放牧されている。「今の感じだったら背丈はそんなに大きくならないと思うけど、骨量があるし、意外に体重のかかる方かもしれないね。男馬だし競馬で470〜80kgくらいになるんじゃないかな」と中島氏。引き続きじわじわと伸びて背丈は平均くらいだが、バランスの良さは申し分なく、至って順調な出来に思える。トモに力がありスピードのありそうな体型だが、走る姿はのびのびとして、しなやかな身のこなしをしており、父系から距離もこなせそうなタイプに見える。暖かくなって来月には冬毛も抜けて、さらに良くなるものと期待している。
2004年4月20日
クラブからの近況(2004.3.19)
3月上旬も中島牧場で放牧されている。「生まれの早い馬と比べても遜色ない大きさになったし、順調だよ。飼葉をよく食べるし、だいぶ実になってきたね」と中島氏。馬体は前月からスクスクと伸びており、順調な成長ぶり。今は上に成長している時期のようで、幅がでるのはそれが一段落してからかもしれない。それでもバランス良く見え、胴伸びのある身体をしており、今でも垢抜けて見える。トモが力強く母系の良さも感じられ、放牧地を元気に走り回る姿はバネに富んでいて、スピードは間違いなさそう。冬毛もそれほど伸びていないし、これから暖かくなるにつれてどんどん見栄えしてきそうだ。
2004年3月19日
クラブからの近況(2004.2.22)
2月上旬も中島牧場で放牧されている。「体高は相棒と遜色ないくらいデカクなったし、生まれを考えれば標準サイズにはなりそうだね。あとは成長してどれくらい幅がでるかだけど、今のところ問題なく順調だよ」と中島氏。最近、上に伸び始めており、前月に比べると体高が随分と大きく見える。馬体は相変わらず胴伸びがあり、筋肉質で垢抜けた雰囲気など、父の血筋をしっかりと受け継いでいるようだ。性格は活発で元気一杯だし、動きはシャープで素軽さがあり、スピード感に溢れている。成長力のある血統な上、遅生まれの本馬だけに、今後も魅力はさらに増すことだろう。
2004年2月22日
クラブからの近況(2004.1.20)
1月上旬も中島牧場で放牧されている。「今でも気に入らないことがあると利かないけど、普段は扱いにも困らないし気性は問題ないね。馬体も遅生まれな分だけ小さいけど、将来的には十分な大きさになると思うし、心身ともに順調だよ」と中島氏。最近も馬体は少しずつ大きくなっており、相棒よりまだいくらか小さく見えるが、今時期としては平均サイズ。以前より幅がでて、トモの肉づきもフックラとしてきており、今は母の仔らしく体高よりも幅の成長が目立っている。順調だが、ヤンチャな気性や体型からもまだまだ幼さが目立ち、変わり身の余地は大きいだろう。
2004年1月20日
クラブからの近況(2003.12.19)
12月上旬も中島牧場で放牧されている。「生まれてすぐの頃は薄く伸びのある体型で、いかにもオペラオーっぽかったけど、最近はローマの仔らしく段々と幅がでてきたな。背丈は5月生まれでやや小さいけど、早生まれの馬達と比べてもそんなに変わらなくって、悲観するほどでないし、順調に伸びていると思うよ。おとなしくはないけど、離乳直後でも意外に落ち着いていて、1つ上の世代に比べれば扱いやすいな」と中島氏。前月と同様に放牧地の他馬に比べると上背こそ小さいが、元々、胴伸びがある体型に加え、身体に厚みを増して実に大きく見えた。成長具合は上々のようだ。
2003年12月19日
クラブからの近況(2003.11.20)
11月上旬は中島牧場で放牧されている。「今は冬毛がボーボーで分からないけど、すごく皮膚の薄い馬で、出来は上達と比べても悪くないと思うな。馬格も遅生まれとしては標準以上あるね。やっぱり気の強いところがあるけど、上のコマンダーやローマンの当歳時と比べたら扱いやすいし、心配ないよ」と中島氏。5月生まれということもあって放牧地の中では特別大きくないが、骨格はしっかりして見え、身体つきは見劣りしない。ゆったりとした胴伸びも好印象で、父オペラオーの良さもでているようだ。放牧地ではドッシリと安定感のある力強い動きをしており、当歳馬ながら頼もしい限りだ。
2003年11月20日
-
MAILTOP

GeoCities Japan

メイン / コミュニティ / アベニュー / E-List / 街角広場
インフォメーションセンター / 検索 / ヘルプ / ガイドライン