歴史から学ぶ

イスラム民主革命の行方 11/06/05

 民主主義は確立されるか 

チュニジアやエジプトでイギリスやフランスのような議会政治を基盤とした民主主義が確立されるのだろうか。 かなり高いハードルで、長い道のりではないかと私には思える。 確かに、民衆が立ち上がって、独裁的な政権が崩壊したのは事実である。 国民は、新しい国家の建設に、夢と希望をいだいているにちがいない。 しかし、イスラム世界では、ムハンマドの教えは、法と行動規範までも規制しており、個人が、ここから抜け出ることは、とても困難であると思う。 ムスリムにとって、ムハンマドの教えは、ヨーロッパのキリスト教世界のように精神世界だけに限定された教えではなく、生活そのものを規定しているからである。 権力者が強固な支配体制を維持するために、練り上げられた教えといってもいいのではないか。

 今後の発展に課題が多い 

イスラム世界がヨーロッパ世界のような発展を遂げるには、いくつかの課題があると思う。 第1に、民主主義の確立である。国民の要求を政治に反映させるには、真の議会政治が実現されねばならないであろう。 生活向上、経済発展にとって、重要な条件であると思う。 第2に、教育の充実である。 広く教育の機会を提供する。特に、国民の半分は女性である。その能力を引き出すことは、国家の発展に不可欠ではないだろうか。 第3に、政教分離である。 1979年のイラン革命は、いったいなんだったのだろうか。 王制は崩壊したが、国民の期待していた民主主義は確立されたと思えない。 宗教指導者が国家の方向を決定し、社会政策や経済政策を、実践していくことが、本当に可能なのだろうか。それは国民のためなのだろうか。






「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読む_3 12/04/03
「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読む_2 12/04/03
「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読む_1 12/04/03
「投資の科学」を読む 12/03/23
老後の資産運用_3 12/03/02
老後の資産運用_2 12/03/02
老後の資産運用_1 12/03/02
ウォーレン・バフェット 12/02/25
JR東海のChristmas Express 11/12/24
インドは中国を超えられるか? 11/12/11
Steve JobsのPC開発の考え方 11/11/28
Steve JobsはPCの世界を広げた 11/09/11
トルコの近代化に期待する 11/06/07
イスラム原理主義は復古主義 11/06/06
イスラム民主革命の行方 11/06/05
若いときに読むべきだった 11/01/03
ヨーロッパ大陸の農村は中世に形成された(再掲載) 10/10/10
竜馬の業績とは(再掲載) 10/09/11
「坂の上の雲」を読む(再掲載)10/08/11
近代はおもしろい(再掲載) 09/11/22
雨の日は歴史書を読もう(再掲載) 09/06/14