歴史から学ぶ

株取引の仮説 売却または返済買の時期 16/10/16


手仕舞いの仕方には概ね2通り考えられる。
(1)利益確定を早めにする。
(2)反転してから、利益確定する。
	1)株価上昇が止まり、下降に転じた日の翌日に持ち株を売却する。
	2)株価下落が止まり、上昇に転じた日の翌日に貸株を返済買いする。

誰もが、持ち株を天井で売り、底値で現物株を買い、貸株を返済買いしたいと望む。
しかし、それができるのは、神だけだ。

したがって、最大利益を求めることを諦めざるを得ない。
その場合、早めに手仕舞うか、株価が反転してから手仕舞うかどちらかを選択することになる。
どちらにしても、当然、最大利益の獲得にはならない。

日証金の貸株残から、次のことが言えるようだ。

(1)多くの投資家は、返済買いの場合、株価が反転してから手仕舞うようだ。
    理由は、株価下落傾向で株価が反転上昇しても、多くの貸株残があるからだ。
    これが、プロの方法なのだろうか。

反対に、日証金の融資残から、多くの投資家が株価上昇傾向で株価が反転下落してから手仕舞うかどうかは、未検証である。