ボールの材質

●○ カバーストックについて ○●
現在のボールは・・・・・
「リアクティブウレタン」・「プロアクティブ系」の2種類のカバーストック(ボールの材質)が主流です。

今後も、多種類のカバーストックが開発されていくと思いますが?あなたは知っていますか?ボールの材質と特性
どのようなカバーストックがあり、自分にどのような材質のボールが必要かを覚えましょう。
●○ ポリエステル ○●
<1975年〜>
 現在、スペアボールとして良く使われているポリエステルボールです。
 走りはあるが摩擦係数が低いため、 フッキング力が弱い、スペアボールに最適
 カラーボールとか、プラスティックボールと呼ばれていた。
 今も、ハウスボールは、この材質が多い。(傷が付きにくい)
●○ ウレタン ○●
<1980年〜>
 ボウリングボールの革命!(ボーリングブーム全盛期では数々の大会で勝利を納めています。)
 レーン表面のコーティングと同じ材質なので、摩擦係数が高く、 安定した、フッキングを得られる。
 ピンアクションも良く、比較的オイルに強い(影響されない) ボールの軌道としては、ゆるやかに曲がる感じです。
●○ リアクティブウレタン ○●
<1990年〜>
 ハイテクボウリングボールとして、リアクティブウレタンボールが登場
 ウレタンボールに色々な科学物質を入れて、更に 走りを良く、さらにキレの鋭いボールを各メーカーがリリース。
 走りがバツグンで、キレも鋭いので、コンディションさえあえば、最強のボール。
 オイルに敏感(影響されやすい)
●○ プロアクティブ系ウレタン ○●
<2000年以降>
 リアクティブウレタンの欠点を補うために 各メーカーで開発さています
 メーカーによりブレンドする化学物質が異なり、今後も主流となるボールです。