道具のこと
  • ウエア、グローブ、帽子、ゴーグルなどは、暖かいだけでなく
    身体を守ってくれます。
  • プロテクター、ヘルメットなどをつけると、安全度が上がります。
  • リーシュ(流れ止め)は必ずつけましょう。ボードが流れて人に当ったら大事故になります。最初につけて最後に外す。基本ですね。
  • 自分の身体、技術に合ったものを選びましょう。
    上達も違ってくるよ。
  • バインディングのネジがゆるんでないかチェックしましょう。
    結構いますよ、外れてる人。

ゲレンデのこと
  • ルールを守りましょう。
  • コース外は危険だから滑走禁止なのです。
  • ゲレンデの真ん中に座ってると、ぶつかるよ。
  • 暴走や無理なジャンプなど自分の力以上のことは危険です。
    あなただけじゃなくて、周りも。
  • よく周りを見て、安全確認をしましょう。

逆エッジのこと
  • 緩い斜面ほど、よくおこります。特に注意。
  • 初心者は特に要注意。でも、転ぶ時は転びます。
    だから転び方を覚えましょう。
  • 前にも後ろにも転びます。頭をうったら要注意。
  • ヘルメットやプロテクターで保護することはとても重要です。

コンディションのこと
  • 睡眠不足や体調の悪い時、二日酔いの時など無理はやめましょう。
    危険度が上がります。
  • ウォーミングアップ(体操、ストレッチなど)をしましょう。
    怪我の確率が下がります。
  • 疲れたら休みましょう。

怪我をした、させた時のこと
  • 必ずパトロールに連絡しましょう。トラブルの元です。
    届けておかないと保険が使えない時もあります。
  • 困った時はお互い様です。けが人がいる時は無視しないでね。
  • ゲレンデの真ん中で動けない時は、ボードを外して山側に立てるなどして
    周りにわかるようにし、二次災害を防ぎましょう。

安全に関するリンク
  • severe injury in snowboarders
    東京大学医学部脳神経外科藤巻教授のHP。
    スノーボードの怪我に関する記事やリンクなど必読です。
  • ARAIスタッフが作った質問状
    ロープをくぐるということ、滑走禁止エリアを滑るということ。
    いろんなことを考えさせられるページです。
    ARAI MOUNTAIN & SNOW PARK。




戻る






(C)西日本ヘルメッターの会