その25:4日目




さて、滑りも4日目を迎え、昨日のクリニックで目から鱗の私は
張り切ってパイプに挑んでいた。
と言いたいところだが...残念ながらかかとの靴擦れがとうとう
爆発し、パイプ下で死んでおりました。
はじめてハイヒールを履いた時の靴擦れよりこりゃひどいね...
もうあきらめました。
といっても昨日までみたいにぐずぐずといじけていたわけではありません。
無理のない程度に一本滑っては休憩をくりかえし、まったりと
過ごしました。

そうそう、パイプ下ではもう一人死んでる人が...うめちゃんです。
以前にも痛めてしまったことがある膝の半月版を今回またやって
しまったそうです。
ジャンプとかしてるとやっぱり膝に一番負担がかかるのかな?
実はうめちゃん、某国産ブランドの2000年契約ライダーなのだ。
その彼は
「無理しない程度だったらパイプに入れるけど、やめておくわ。
こんな程度のやつをあのメーカーはライダーにするのかって
思われたらダメやから。」
って言っていた。契約ライダーも大変なんだね...

今日も、にきくんに教えてもらったようにパイプに入る前にワックスを
剥がそうとしていたら、
「そのまま、剥がさん方がええで。」
ってうめちゃんが教えてくれた。
知り合いのワックスメーカーの人に
「春の雪はすごく汚れてるから、へたにワックス剥がして滑ると板に
汚れが浸透してしまう。だから春はワックス剥がさないで滑ってる方
がいい。」
ってアドバイスをもらったそうだ。
たしかに一日滑り終わってボードのソールを見てみると、いつも
真っ黒になっているね。
これは私も参考にしてみよう。剥がさずにおいておくことにした。
でも、おかげで板のすべりは少々悪いような気がした。
けど、ソールに汚れが浸透しちゃうって言うのはイヤだから
そのへんは我慢かな...

今日で4日目の滑りが終わったけど、かなり上のほうにあるパイプの
そばでさえ、毎日15度くらいの暑さで下の方の雪はどんどん溶け
出しているようだ。
初日に岩だらけだけどどうにか滑り降りた場所は、もう滑れる状態
ではなくなっていた。
そういえば、このキャンプって8月までセッションがつづくみたい
だけど大丈夫なのかな?
パークにはおもいっきり薬剤(何かは不明)まいてたみたいだから、
パークだけは大丈夫そうみたいだけど、フリーランは辛くなっちゃ
うかもね。




注:ワックスの部分は必ずしもすべてに有効というわけではありません。




つづく



教訓:すべてが全てではありません。



戻る



(C)西日本ヘルメッターの会