その27:お買い物



向かったお店はWELCHESって町にある‘SKATEN SNOW’ってお店。
スケートもあるが、もちろんスノーボードショップ。
お店の外にはバートンのウエアがラックに乱雑にかかっていた。
値札をみるとsaleって書いてある。
そうか!今、私達は滑っているけど、アメリカも夏。
シーズンオフなんだね。いろいろと安いはずだね。

お店に入ると入り口付近にいきなりヘルメットがたくさん置いてあった。
ちゅーちゃんはさっそく試着していた。
もちろんREDのスカイキャップもあったよ。
値段は、なんと95ドル!安すぎ...

「REDもいいけどこれもかっこよくない?」
って、ちゅーちゃんがかぶっているメットを見ると
‘GIRO’って書いてあった。
「ん?こんなの日本でみたことないよ」
って言ってたら
「え!じゃあ日本には売ってないの?そんなやつのほうがかっこいいかも」
って考えこんでる。
(しかし日本に帰ってボード雑誌を見ていたら、GIRO今シーズン上陸
って載っていた。)

実際に、ちゅーちゃんがかぶっているところを見ると、
スカイキャップよりGIROの方が頭が小さく見えた。
「メットかぶると頭が大きく見えるからヤダ」
って思ってる人にはこっちの方がお奨めかもね。
しかし‘GIRO’ってメットなかなかかっこよかったよ。
耳当て部分の取り外しもできるみたいだし機能的にもよさそうだった。
ただし、こっちはスカイキャップより少々お高めで120ドルでした。

さてさて私も何か買おうかな〜って店を一望すると、
壁にドラゴンのリュックがかかっていた。一目ぼれしちゃいました。
値段をきくと75ドルだって。ま、そのお値段なら安い方だね。
これいただきましょう。
ついでにステッカーもかわいいのを何枚か見つけたのでこれももらおう。
値段は一枚1ドルちょっとで安い!
レジでお金払おうと思っていたら「WINDELL’S?」って聞かれた。
それって私達のキャンプ名だよね?「YES」って答えたら、
ステッカー込みで65ドルにまけてくれた。
他のみんなのも安くしてくれていた。
ここはキャンプご用達のお店だったのかな?なんにしろラッキーだったね。

今回はたまたまキャバさんが行くからって便乗させてもらったんだけど、
こんないいショップがあるなら毎回お買い物ツアーに入れてくれれば
いいのにね。

さぁ、今日もだれか飲みにくるのか〜?って不安に思っていたけど、
さすがにもう中日を過ぎてみんな疲れているのか誰も来なかった。
ちょっと、ほっ!
今日は早くおやすみなさい。







つづく



教訓:安いと思わず買い過ぎてしまうのでご注意。



戻る



(C)西日本ヘルメッターの会