第4話:リフトでGO!の巻


「じゃあリフトのろうか!」と誘われ、とりあえずリフト一日券購入。
『リフトちゃんと乗れるかなあ、降りられるかなあ、止めたらかっちょ
悪いなあ。』とドキドキしながらGO!

ペンギンみたいな動作しながら乗るのは成功。
リフトに乗ってる間も降りることで頭がいっぱい。
後ろの足をビンディングの間において滑って降りたらいいんだって。
リフトを降りる20メートルくらい前からもう降りる準備(笑)
構えてました。いよいよ降りるぞぉ。

3・・2・・1・・おいしょっ。スーッ・・・・ガ―ン☆
後ろ足を板にのせて、おもいきり正面の雪山に突っ込んじゃったよ。
見事なちら型!の出来上がり。

ビンディング装着場まできて下を見下ろすと高ーーい!
(初心者コースなのにね。最初はえらい高く見えたのさ。)
下までがんばって降りなくちゃ。

両足を留めて、まず立ち上がろうとしても立ち上がれない・・・
どーしてだあ??人に支えてもらってようやく立てたよ。
さぁ滑るぞ!

最初は「ペンジュラム」というやつをするらしい。
エッジをずらしながら木の葉みたいに降りていくんだって。
全身がカチンコチンで、ロボットがいるようだったよ・・・・。
ちょっとずつ滑るというか、板をずらしながら転び、転んでは
ずらして進む。ちょっと気が緩むと直滑降状態で、木にボーン!
あいたた!

・・・なんかすごいショック。もっと滑れるものと思ってたよ・・・。
ちらのイメージではかなり上手いはずだったのさ。
だってみんな、いとも簡単に滑って降りてるじゃんかあ・・・。
こりゃ、ハーフパイプなんて夢のまた夢・・・・・・。
練習あるのみですね。痛感。よっしゃーがんばるぞ。

何度もこけながら、よーやくゴールが見えてきたぞ。
1本降りてきただけで手はガタガタ。
(こけて起きあがるのに一番力が入ったみたい)腰も痛イタ。
こんなに疲れるものとは思ってなかったよ。トホホ。

しかも時計をみると、もう昼前ではないですか!!
半日かかって1本しか降りてくることができなかったちらでした。
そーいえば、赤のウエア着た上手な子は何回もワタシを抜かして
行ったよなあ・・・・・。
そんなちらに付き合って親切に教えてくれた人、感謝してます。
この場を借りてありがとう。

はぁ、スノーボードを楽しむどころか疲労と悔しさでいっぱいでした。
お昼ご飯を食べてしばし休憩。幸せー。
ご飯を盛食いしたら体がだるくなるねぇ。ダルダル・・・
結局午後から2本ほど滑ったら手足がくたくたで、
初滑りはあっけなく終了。
泣けてくる。もっとイケルと思ってたのに・・・・

帰り道はお疲れモードで、無口なちらでした。
あーくやしっ。(結構負けん気が強いのね、)
その日はバタンキュウで、おやすみなさいでした。

            

リフト1日券 リフトに乗るためのチケット。1日券はたいてい朝から夕方まで乗り放題です。
但し、初心者の場合は乗る回数がかなり少ないので、回数券の方がお得だったり
します。
リフトを降りる 滑れるようになっても苦手な人もいます。
慣れですね、こればっかりは。
ビンディング装着場 ビンディングを装着する場所です。
装着場のないゲレンデ(コース)もあります。そういうところでは
なるべく端によってすばやくつけましょうね。
初心者コース 一応、斜度のゆるいコース。あくまで目安ですけど。
ペンジュラム 木の葉おとしと言ったりします。横滑りの発展版ですね。
直滑降 斜面を真直ぐ滑り降りること。ゲレンデはほぼ禁止されてます。
手はガタガタ ころんで手を使って起き上がる。これをくり返すため手が疲れます。
あと、初心者の時は上半身に力が入ってしまうため、上半身が筋肉痛に
なったりします。

次へ 目次へ ちらリズムのトップへ トップへ




(C)西日本ヘルメッターの会