第15話:1999.12.28 の巻


ちらのお仕事は、お正月前後が1年で最も忙しい時期。
年末おしせまって体はクタクタなのに、心は雪を求めてました。
ということで、行くことにしました。
まだ、前回の雪が残ってるはずだしねー。

今回のメンバーはスキーヤー2人とスノーボーダーが2人。
ちらも初心者なんだけど、もうひとりのボーダーも初心者でした。
その友達の課題は「連続ターン」だったので、
今回は一緒に滑ることにしました。
教えることも上手くできんしね。
スキーヤーの子も初心者1名だったので本日は初心者練習会です。

今回はすんなり芸北国際まで到着。
2時間ちょっとくらいかな。

今日は人が少ない。
それでも初心者コースは多いね。
私は初心者コースを滑るのがこわいよ。
前にも書いたけど、狭いコース幅なのに座りまくりだから。
ちらは、よけられんちゅーに。

でも、リフトを降りるのが上手になった気がするぞ。すーって。
板に足のっけて降りられるようになった。うれしい、それだけでも。
連続ターンは練習あるのみだね。こけてこけて体で覚える。

リフトが一緒だったおにーちゃんとお友達になり、
あーじゃない、こーじゃない、とお話しながらがんばりました。

今日は早めに切り上げして帰ることにしました。
はやくお正月が終わってまた滑りに来たいねー。
とハナシながらお家に帰りました。


注:このお話は'99ー'00シーズンのお話です。

連続ターン ターンをつなげること。
練習あるのみです。
初心者コース 初心者向けとよばれるコース。
リフト降りるの リフト降りるのとスケーティングは基本です。
リフトが一緒だった リフトで一緒になった人とおしゃべりするのも楽しいですね。
地元も人だったりすると情報収集もできたり。
     

次へ 目次へ ちらリズムのトップへ トップへ




(C)西日本ヘルメッターの会