第17話:2000. 1.25 の巻


本日はお友達4人で行くことになりました。
『めがひら』っていう去年くらいに出来た所へ行くことにしたよ。
あんまし大きいところではナイ。
地元の人とかが多いかな。
温泉があるのさ。
いいねー。温泉付きのスキー場。
うちの近くはここくらいだけど、他の所はけっこう多いのかな。
ちなみにその、めがひらスキー場は美術館まであります。
見に行く人いるかな〜?

私が今まで行ってたスキー場は紙のチケット製だったのね。
だけど、今回は磁気のチップ製でした。
腕のところにチップをつけて、リフトに乗るとき、
ピッ、ってして通るやつ。ハイテクだ。
最近はこっちの方が多いんかな?

だけど、故障も多いみたいだね。
私が一回上まで上って、またリフトに乗ろうとしたら
故障して動かないのさ。
係りのおじちゃんに直してもらいました。
銀紙とか他の磁気カードを一緒にしてたわけでもないんだけど。

またまた雪不足になってるので、人工雪が山盛りになってたよ。
坂もゆったりしたところだったので、今日はフェイキーの練習を
することにしたよ。
前にターンの練習をした時よりは、カンジがつかめてるから
こける回数は少ない気がするよ。
ただ、気を抜くとすぐ転んじゃう。
はぁ。
がんばる。

楽しいね、スノーボード。



注:このお話は'99ー'00シーズンのお話です。

                       

めがひら 広島にあるスキー場。
高速をおりて2キロくらいです。
温泉 白馬あたりだと、どこのスキー場の近くにもありますが、
このへんではめずらしいかもしれません。
ボードのあとの温泉はたまりませんね。
余談ですが、温泉はつるつる滑るので気を付けて下さいね。
ころんで目がおもっきりはれたことがあります・・・
美術館 マイセンやアールヌーヴォーガラスなどがあるようです。
磁気チケット 最近多いかも。
故障が多い どうかな?
人力より多いのは確実です。
銀紙とか 銀紙やコインなどを一緒に入れておくと読み取りにくくなるらしいです。

次へ 目次へ ちらリズムのトップへ トップへ




(C)西日本ヘルメッターの会