突然のショート・トリップ北信編


第1話、お誘い



2002年1月19、20日に2日の連休が取れたのでARAIに行くことにした。
ところがこのところ正月のドカ雪はどこに行ったのか?この地方は雪が降らず
雨など降っていてコンディションはまったく期待できず、半ばあきらめムードで
ARAIに向かった。

到着してとりあえず朝一のゴンドラに乗って驚き。
昨夜25〜30cmほどの降雪がありコース外がすべてオープンていた。
雪質はARAIではまずまずの軽さ。無我夢中で登って滑って少し休憩を入れようとしたとき
たかおやじから電話があった。

おやじ「明日 裏行かない?」 
ごん太「道具持ってきてないですー」
おやじ「道具はカツに借りて持って行くから」
ごん太「うん」

てなことで、いきなりのうれしいお誘いで明日は裏に行くことになった。
今日はパウダー食って満腹やから切り上げて、明日に備えホテルに帰ることにした。


第2話、FISH



朝7時、某スキー場の駐車場に集合。
メンバーは、「たかおやじ」「MI〜2」「ごん太」の3人。
早速カツから借りた道具をたかおやじから受け取り準備を始めるのだが
何故か駐車場にはアルペンボーダーがうじゃうじゃいる。
今日は大会があるみたいでかなりの人数。

その中に バートンの(注)FISHを持った3人の山男・・・・ かなり浮いてました(笑)
たかおやじは板3枚並べて記念撮影。
今日はスキー場のリフトを少し借りてそこからハイクアップ。
一番上のリフトはどうやらリストラされたリフトのようで運転しておらず閉鎖したコースを
ハイクアップする。 
 
(注)FISHとはバートン01−02のレイトモデル。
   年末にMI〜2に試乗させてもらってごん太が一目ぼれした板。
   パウダー用に開発された板だが圧雪されたバーンでも調子がいいです。

第3話、使い慣れ


閉鎖したコースの手前に入山届のポストがあり、そこにあるノートに記入して入山する。
こういうのがあると非常に楽でいいです。でもメンバーの年齢を見るとみんな結構
年くっているんやなーと実感してしまいます。ちなみに自分も30になりました・・・・

ハイクアップと同時にたかおやじが調子悪いみたいです。
これは自分にも当てはまるけど、睡眠をしっかり取っていても歩きだすと調子悪い時が
たまにあります。謎です。
ごん太はすこぶる体調はいいが道具が違うのでなかなか調子がでません。
普段使い慣れた道具と違うとこれほどペースが狂ってくるとは思わなかった。

時間にして1時間半ぐらいかな?リフト降り場まで登ってきた。
リフトが動いてたら5分ぐらいやろうなーなんてことを考えたくはないが
すぐ横にリフトの柱が何本も立っていると考えてしまいます。
リフトの有り難味を感じました。


第4話、うまー

リフト降り場でしばらく休憩を取り今度は林の中をハイクアップ。
MI〜2が言うには秋口にはこの辺りはきのこがたくさん取れるらしい。
しかし広葉樹林帯には熊が出没する時もあるので要注意。
熊のえさになるものが多いからでしょうね。人間も餌かも(笑)

一つ沢を超えると風景が変わって一面の針葉樹林帯。
人間が植林したんやろうか?なんか針葉樹て冷たい感じがしてあまり好きじゃないね。
グネグネと曲がりくねった幹の広葉樹の方が温かみがあるような気がするのは僕だけか?

山頂まであと1時間ほどに達した頃、時計を見ると12時過ぎだったので登頂はパスして
滑り出すことにした。滑りの前に腹ごしらえ。MI〜2がガスコンロとカップラーメン持って
来てくれていたのでそれを頂く。これがまた うまーい!!
MI〜2サンキューです。


第5話、スイ〜スイ〜



MI〜2、たかおやじ、ごん太の順で滑りだします。
残念ながら雪はパウダーではなく少し硬め・・・・・ここ数日雪じゃなくて雨が降っていたみたい。
今年は雪が少ないね。

先頭を滑って行くMI〜2の後ろ姿を見て思ったのだが大斜面や1枚バーンではよくこけるけど
藪やツリーランではスイ〜スイ〜と順調に滑り降りていることに気がついた。
どうやらMI〜2は藪&ツリーが得意みたいだ。

順調に滑り、途中に小さな崖などがあるけどこの場所はすばらしいポイント。
木の間は適度に離れていて滑り降りる距離も十分すぎるぐらいの距離で
雪が良かったら文句なしのフィールドでしょう。
みんながシークレットにしている訳がわかった。魚(FISH)には絶好の場所やね。

そして三匹の魚のはスイスイ滑って行ったのである。


第6話、また行こう



長い長いツリーラン。
途中フカフカあればガリガリバーンありで林の中でもいろんなコンディションがあるんやねー
なんて思ってるとスキー場が見えてきたのでそのままゲレンデに突入。
駐車場まで一気に滑り降りて来て終了!
それにしてもここは良いです!すんばらしールートです。
MI〜2感謝。

駐車場で荷物をたかおやじに返していつものように温泉に直行します。
これも楽しみになってきている自分が少しおっさんになったなーなんて気分になります。

また行こう!おやじ、MI〜2

おしまい。






ご感想、ごん太への励ましは「ごん太掲示板」叉はメールで。




1:立山編

2:白馬編

3:白馬金山・乗鞍編

4:武奈ヶ岳編

5:妙高三田原火打編

6:ガラガラ沢白乗編

7:針ノ木編

8:北信編



ごん太のBC日記(最新)          ホーム


(C)西日本ヘルメッターの会