秘書まなみから、雪山レポートが届きました。
01シーズンの奮闘をお届けします。
ご感想は→マナミ掲示板
サマーキャンプレポート(2000夏)はこちら



4:「2000年11月 ARAI面接の巻」






11月4日午前10時頃、私は面接会場の大阪梅田にある某ターミナルビルの
エレベーターの中で固まっていた。
う〜ドキドキ!緊張する〜。なんてったって毎年何千通の応募ときたもんだ。
きっとたくさん人がいて、みんながみんなライバルって目で見てんだろうな〜

やだな〜って思いながら、面接会場がある17階でエレベーターを降りた。
んが、ぜんぜん人がいない、っていうか私だけじゃん・・・拍子抜け。
そんでもって、心の準備もないまま面接官のいる会議室に通される。
面接官の方もたった一人でした。

とりあえず、どうしてもゲレンデで働きたいってアピールしまくり。
でも面接官にとってゲレンデでのバイト経験がない人ってあんまり魅力がないみた
い。(歳も歳だしな〜(T-T) )
悲しいかなあんまりいい顔してない。見てて分かる。
でも私はがんばる!私って接客業の経験だけは豊富なのだ。
そこんとこをアピールしまくったよ。
もちろん接客業の基本!笑顔を忘れずにね( ̄ー ̄)ニヤリッ

そしたら一転!面接官の方も私の職歴を気に入ってくださったようだ。
「ぜひうちで欲しい人材ですね〜」
って一言を皮切りに、これぞまさしくトントン拍子って感じで話が進んでいったよ。

「ボード歴長いんですねぇ。いっぱい滑りたいですよね?いい職場がありますけど、そこで決めちゃいませんか?今年オープンのチーズフォンデュのレストランなんですけど、オープンが毎日夕方4時なんで、オープンまで滑りたいだけ滑ってもらえますよ!」

だって!?
こ、これはおいしすぎじゃありませんか!なんだか気持ち悪いくらいに条件良すぎ。
4時からオープンってことは最低2時か3時くらいまで滑りたい放題!?
すでに頭の中では朝からのうのうとゲレンデを滑ってる私の姿がくるくるとまわっている・・・
もう他のゲレンデの事なんてどうでもよくなっちゃいました。
これはもう即決めですなぁ。
その場で「よろしくお願いします」って返事しちゃいました。

その後、八方には電話にて面接をお断りしました。
栂池はARAIに決定してすぐ電話がかかってきたのでその際にお断りしました。
あ!47は履歴書だけで落っこちちゃいました。
他のゲレンデが決まったとはいえ履歴書だけで落とされるのって悲しいもんですね。
まいいか・・・すばらしい条件の篭り先が決まったんだから。

ということで、私は今シーズンARAI MOUNTAIN&SNOW PARKに篭るなりましたぁぁぁ。




注:これは00〜01シーズンのレポートです。





つづく



レポートトップへ

トップへ





(C)西日本ヘルメッターの会