秘書まなみから、雪山レポートが届きました。
01シーズンの奮闘をお届けします。
ご感想は→マナミ掲示板
サマーキャンプレポート(2000夏)はこちら



11:「ARAIのゲレンデの巻 その1」





今回はゲレンデのご紹介。
ARAIのゲレンデはすごいです。なにがすごいって積雪量!
今シーズンは特に降雪に恵まれ、最大積雪量が6メートルを越えちゃってました。
それも3月に。ほとんどのゲレンデが2月末にクローズ状態になってしまう
兵庫県に住んでる私にはホントにびっくりの記録です。
12月のオープン時にはコース外に立木がたくさん見えていたのに、1月に入ると
見えなくなっていきました。もちろん立木は大雪の中に埋っていったのであります。

ところで、恵まれた降雪量って書いちゃえば『いいな〜』って思われる方も
いるでしょうが実はとんでもないんです。
毎日毎日どれだけ降るね〜ん!って怒りたくなるくらい降るのだ。
12月後半から2月中旬まで晴れた日ってあったっけ?というくらい
ほとんど毎日降ってました。
ようするに晴天率がすっごく悪いんですねぇ。

滑りなれて勝手が分かってるはずのゲレンデなのに、方向が分からなく
なるほどの猛吹雪って日もすっごく多かったよ。
私も猛吹雪のため、滑りなれたコースで迷子になっちゃいました。

今どっちを向いてるんだろう?コースにめぐらせてあるはずのロープすら
見えないゾ。
こまった〜こわいよ〜っと思っていると後ろから
「はいターン」
ってスピーカーから流れる声が!耳を澄ますと姿は吹雪で見えないが、
目の不自由な方をスピーカーで誘導しながら滑っているインストラクターの方の声だ。
あわててその声に私も誘導してもらってなんとかゴンドラ乗り場にたどりつくことができやした・・・そんなすっごい吹雪だったよ。

『ということは毎日パウダー?うらやましいぃ』とお考えの方、甘いです。
‘降りたての新雪’のハズなんだが、ARAIの雪はすっごく重いのだ。
そう、決して‘パウダー’ではないのでありました。
ARAIのホームページもシーズン中は毎日積雪状態を掲載していたんだけど、
‘新雪’と書いてあったが、けっして‘パウダー’とは書かれてはいなかった。
これ事実です。

友達と白馬47に滑りに行ったんだけど(ちらに会えました〜(^◇^))
この日白馬47は雪が結構降ってた。
ARAIだったら、この斜度に突っ込んでいったら重雪のせいで絶対板が
走らなくって止まっちゃう!っていうくらいの斜度で圧雪してない場所に
突っ込んで行って驚いた。
白馬47はちがいました。なんなくスーっと通過できました。
つくづくARAIは重雪と感じてしまいました。

しかしなんでこんなに重いんだろう?。
一説では海が近いせいだって言ってる人もいたけどほんとのところは不明なままです。






注:これは00〜01シーズンのレポートです。





つづく



レポートトップへ

トップへ





(C)西日本ヘルメッターの会