秘書まなみのサマーキャンプレポートの完全版です。
連載していたレポートは、まなみの原稿を編集して掲載してました。
ここでは原稿そのままの完全版として再掲載します。
いい事も悪い事もいろんな事をそのままお届け。

連載版の同一回  読み比べたい方のために別ウインドウで開きます。


 

その7:7月14日(金) アメリカ到着




飛行機の中では早速自己紹介。
最初に話し掛けてくれた子は、がちゃ、大阪から参加。
冬にはゲレンデに篭ってるというつわものだ。
その隣に座ってる子は、ちゅーちゃん、横浜から参加。
去年はハイカってキャンプに参加したらしい。
(どちらも仮名)それともう一人、私の右隣にも女の子が座っていた。
名前はゆきちゃん、年は若干20歳。
ゆきちゃんはボード旅行ではなかった。
本当はカナダに行く予定だがカナダ行き直通の旅券がとれなかったので
いったんポートランド空港に行き、そこからはバスを乗り継いでカナダに
向かうというのだ。
それも一人で。すごいね!感心しちゃったね。
カナダでは3ヶ月程ホームステイ。
それも行ってみないとどんな人が住んでるのか分からないという。
女の人ってことは間違いないらしいが、年はわからないらしい。
いや〜、すごいね、たくましいねぇ。私のここにいたるまでのいきさつを
話したら、笑われちゃいそうだね。
一人で行動できない自分が恥ずかしくなった...

自己紹介などが終了した頃、いい香りが漂ってきた。わーい!食事だ。
食事メニューはすでに配られていたので私は鶏肉のロースト!って決めていた。
「チキン!」っていえば通じるよね〜ってちょっと緊張していたのだが、
注文しようとしたらスッチ−がなにやら、すまなそうに喋ってきた。
席が後ろ過ぎてお魚料理しか残ってないって言ってるらしい。
(あ!これはゆきちゃんが訳してくれたからわかったんだけどね(笑))
鶏肉食べたかった〜って思いながらお魚料理を食べた。
お魚といっても、バターライスにのっかってるシーフードカレーだった。
メニューには和風マイルドカレーと書いてある。
どこが和風なんだろ?
外人さんが考える和風って理解できそうにないね。
しかもあんましおいしくない...ちょっと今後の食生活に不安がよぎる。

そして食事の後はいきなり消灯。
さっさと寝ろって事か?
しかし、なかなか寝ろって言われても簡単に寝れないね〜。
日本時間ではまだ午後7時半過ぎだし...
しょうがないからゆきちゃんとワインなんぞ酒盛りしてしまいました。
いや〜ただ酒(?)は上手いね〜。おかげで数時間寝ることができたよ。
数時間後、電気がついたかと思うとまたお食事。こんどは朝食らしい。
え!朝ご飯?って思って時計を見ると日本時間で15日の午後1時。
だがアメリカの時間に計算しなおすとマイナス16時間だから午前9時過ぎ。
まちがってはないようだ。
またまたあんまりおいしくないサンドイッチをつまんだあと、
アメリカ出入国カードを書くことにした。
グアムのと少しだけ違っていたけど、前準備のおかげですんなり
書くことができたよ。

そうこうしてるうち、機内放送が流れてきた。
英語で放送の後ご丁寧に日本語の放送も流れてきた。
「当機はまもなく着陸体制に入ります」
とうとうアメリカに到着だ!!
7月14日(金)午前10時30分無事アメリカポートランド空港に到着。
日本時間では7月15日(土)午後2時30分。一日儲けた気分だね。

しかし約9時間も飛行機に搭乗してたんだ。
疲れた...でも3人もお友達が出来たのでなんとか乗り切れたよ。
よかったよかった。





つづく




戻る