秘書まなみのサマーキャンプレポートの完全版です。
連載していたレポートは、まなみの原稿を編集して掲載してました。
ここでは原稿そのままの完全版として再掲載します。
いい事も悪い事もいろんな事をそのままお届け。

連載版の同一回  読み比べたい方のために別ウインドウで開きます。


 

その9:遭遇




「わ、私、すっごいファンなんだよ〜、だめだ〜〜。き、緊張する」
って、ちゅーちゃんがなにやら興奮している。
ん〜?よくみえないよ〜。誰なんだ?有名人か?って思っていると
だんだん近づいてきた。あ!あの鼻は!!
うわ〜〜〜ライオプロだ〜〜〜。か、感動!
ライオプロがわざわざポートランド空港まで出迎えてくれるなんて!
ぜんぜん考えてもいなかったよ。うれしいぃ。
「こ、こんにちは〜」って挨拶してみたら「どーも」だって。
声渋い〜!きゃ〜きゃ〜きゃ〜かなり興奮しちゃいました。
ちゅーちゃんはさらに固まってる、なんだかかわいいねぇ。

しかし、ずいぶんと待たせるね〜もうお昼過ぎてるよ。
って思っていたら日本人が3人増えていた。
名古屋空港から来た人たちのようだ。男の人が3人。
せっかくだから、お友達になっておこうってことで、
女の子みんなで話しかけてみた。
毎年このキャンプに参加してるっていう、にき君。
冬はニセコに篭ってるっていう、まえちゃん。
同じく冬は岐阜に篭ってるという、ひげ君。みんな上手そうだね〜〜。

そうこうしている内に、みんな集まったみたい。
送迎バスまで行くように指示が出たよ。
送迎バスは道を挟んだむこうって言われたけど、大荷物を持っての
移動って大変だ。
板がほんとに重い。肩にかけていたけど、食い込んで死にそうだ。
え〜い!もらったものだし引きずっちゃえ〜って
アスファルトの道路をずるずると引きずっちゃいましたぁ。
(ごめん!まいふれんど)
あ〜キャスターがついてるケースが欲しいよ〜ってつくづく思っちゃったね。
バスっていっても日本のバスとはぜんぜん違うんだね。
外車って感じだね。
お〜車の上に荷物乗せるのか〜なんて考えてるうちに荷物の詰め込み。
ひえ!ライオプロまで作業してくださってるよ〜。
もったいないもったいない、ありがたや〜。

荷物も詰め込んでさぁ!出発だね。
バスに乗り込むと一番前の席にスターウォーズエピソードワンで
ダースモールが持っていた赤いライトセイバーが転がっていた。
誰のおもちゃだろって思ってると、ライオプロのだった。
お〜楽しそうに振り回してるよ〜。
お気に入りのご様子。
プロの意外な一面見ちゃったようで、ちょっとお得な気分だね。

さて、バスは空港を出て一般道へ。
あたりまえだが景色が日本と違うね〜。
上に高い建物がないから、横長の風景だ。
緑も多くてなんだかほのぼのするね。
そんな見慣れない景色を楽しんでいる私の前では、
ビデオの中でしか見たことがなかった憧れの人が喋ってる。
考えるとすごくない!?これが海外サマーキャンプの醍醐味か!
ほんと来てよかったな〜って滑る前からうれしくなってくるね。
えんえんとカントリー風景の中を1時間近く走ったところでお店が増えてきた。





つづく




戻る