秘書まなみのサマーキャンプレポートの完全版です。
連載していたレポートは、まなみの原稿を編集して掲載してました。
ここでは原稿そのままの完全版として再掲載します。
いい事も悪い事もいろんな事をそのままお届け。

連載版の同一回  読み比べたい方のために別ウインドウで開きます。


 

その10:さっそくお買い物




私達を乗せたバスは、フッドとポートランドのおよそ中間の
Greshamって町に入った。
Burnside通りにある‘FRED MEYER’ってスーパーによるらしい。
山に登るほど物価が高くなるので必要なものはここで買ってくださいとのこと。
そういえばUV効果入りのリップクリームは持ってきてなかったね。
スーパーに着いたので早速購入。
ついでに水筒代わりに水の入ったペットボトルも買っておいた。
お昼もそこで済ませるように言われていたので、
どんなお店があるのかな?ってスーパーの外に出てみた。
みてみると、道を挟んだ向かいに‘Hillcrest Snowboards’って
看板が見えた。もしかしてスノーボードショップ?
スタッフの人に聞くと、時間内なら行って来てもいいよってことだから
早速行ってみよう。

中に入ると、BURTON、MORROW、VOLCOM、WORLD INDUSTRIES、
などなど...いろんなブランドが揃ってる。
特にVOLCOMのアウターウエアがてんこもりだ。
がちゃと、ちゅーちゃんも「安い〜」ってVOLCOMのTシャツをあさってるよ。
ほんとに安いね。Tシャツなんて15ドルくらいだ。
あっ!いいもの見つけた。BURTONのボード用ソックスだ。
ソックス足りなかったんだ。安かったら買おうって値段を見て驚いた。
日本では3000円くらいするのに14.95ドル(約1600円)だって!
これは即買いだね。
雑誌に書いてあった現地購入も良いっていうのは本当だね。
あわてて日本で買って用意するより、こっちの方がだんぜん安くあがりそうだ。
それに日本では見かけないような、けっこうレアなウエアもあるしね。

レジに並ぶと、がちゃがなにやらレジの人に言っていた。
ちゅーちゃんがVOLCOMのパーカーを買おうと思ったら、
少し汚れていたらしい。
「汚れてるからプライスダウンって言ってみた。したら端数をまけてくれたよ。」
だって。
う〜ん、すばらしぃ。私もそれくらいの英会話はこなしたいものだ。

もっと見ていたかったのだが、時計を見ると集合時間が迫ってる。
しぶしぶバスに戻ると、にきくんがMORROWのニューモデルの板
TRUTHをかかえて立っていた。
どうやらさっきのショップで買ったみたい。
「こっちで買えばほんとに安いよ。保証はついてないけど日本の並行輸入の店で買っても同じ事。値段はそれよりもこっちで買った方がずっと安いしね。おれは毎年ここで買うことにしてるんだ。」
だって。
さすが毎年参加のつわものだ。う〜ん、たよりになりそうだね。
困った事がおこったらにきくんにたよろう、とか考えちゃいましたね。

ん!?何か忘れてないか?そうだお昼ごはんだ。バスの近くにマクドがある!
買いに行かなきゃって思ったけどタイムアウト。出発時間が来てしまった。
お宿に向けてバスは出発。        
おなか減ったよ〜〜〜。
こんなことなら空港の待ち時間の間に食べておけばよかった〜〜。失敗した〜〜〜。





つづく




戻る