秘書まなみのサマーキャンプレポートの完全版です。
連載していたレポートは、まなみの原稿を編集して掲載してました。
ここでは原稿そのままの完全版として再掲載します。
いい事も悪い事もいろんな事をそのままお届け。

連載版の同一回  読み比べたい方のために別ウインドウで開きます。


 

その29:ハイカキャンプ宿泊敷地内




いつものごとく、にきくんが教えてくれる。
「ここのオニオンリング上手いぜ。」
って。
見ると、私のロッジ内にある屋台もどきカフェテリアとは比べようがない、
ちゃんとした喫茶店みたいなお店がある。
「あ!あそこのハックルベリーシェイクも上手いよ。」
って言われた方を見ると、出店のアイスクリームやさんみたいなのがあって
人がたくさん並んでいた。
あんなに並んでるって事はほんとにおいしいんだろうね。
「あっちにいけばボードショップもあるよ。オレ行くよ。」
っていうのでついて行った。

行って見ると「EXIT REALWORLD」っていうボードショップがあった。
う〜んこれも、私のキャンプのショップもどきと比べ物にならな〜い。
絶対絶対、こっちのがいい!
中にはもう私が興奮するような商品がいっぱいだったよ。
前にも言ったけど私はBURTONが好きだ。
BURTONが好き=REDが好きGRAVISも好きだ。
その商品がいっぱいそろっていた。
日本では品薄でなかなか買えないRED商品まである。
うれしいぃ。なんだか買いたいものがたくさんあふれてる。
どれをとっても日本で購入するより安い。
だって日本で14000円するgravisシューズが80ドル(約8800円)だよ。
おまけにそれって私が欲しかったシューズだ。
買いた〜い。でも買えない...だってこんなお店に寄るなんて
聞いてなかったんだもん。そんなにお金持って来てないよ。
カードもまさか使うまいと思ってロッジに置いて来ちゃった。
こんなとこ来るなら前もって言っていて欲しかった。
他のみんなもだれか金貸してって困ってるジャン。
もう!ほんといいかげん!怒っちゃうよ。
とりあえず持ってるお金で買えそうな小物類だけ購入して
シューズは泣く泣くあきらめた。

レジのお兄さんにお金を払っていたら、なにやらステッカーもつけてくれたよ。
ショップのステッカーだ。
《exit REAL WORLD》
って普通にショップの名前が入っているのと
《出口2000》
って漢字で書いてある2種類もらった。
そういえば、今年のスノーボード界では日本語がブームなのかな?
だってRC−Mのニューモデルの板で「リッチマン」ってカタカナで
書いてあるのとか、
バートンもウエアやバックとかにカタカナで「バートン」って書いてる
のがあるって聞いたよ。

そういえば今日ゲレンデで「真空」って書いてある板も見かけたね。
日本人の私からみるとなんだか‘おもしろい’だけど、
外人サイド」からみると‘かっこいい’なのかな?

ショップを出てバスに戻ると、いつの間にやらにきくんはアイスを、
うめちゃんはオニオンリングなんて買って食べていた。
ちょっと食べさせてもらったけど、おいしかった。もちろんどっちもね。
う〜ん、食べ物の力は大きい。
やっぱりこっちのキャンプのがいい!だんぜんいい!とか思ってしまったね。
さすがちょっぴりお高いだけはありますな。

しかしスタッフのみなさんこんなところに連れてきてよかったの?
ハイカにお客さん流れちゃうかもしれないよ〜。
まあ、私が心配してあげる義理でもないね。

帰りのバスの中で、キャバさんが、今日スケボーを買いにショプに行くって
話をしていた。
便乗させてくださいってお願いしようか?ってちゅーちゃんと話していたら
ロッジに到着。
お願いするまでもなく、
「今日ショップに行きますんで行きたい人は30分後に集まってください。」
って言ってくださった。
う〜んキャバさんってほんといい人。
お言葉に甘えてご一緒させていただとしよう。
わーいまたお買い物だ。




つづく




戻る