秘書まなみのサマーキャンプレポートの完全版です。
連載していたレポートは、まなみの原稿を編集して掲載してました。
ここでは原稿そのままの完全版として再掲載します。
いい事も悪い事もいろんな事をそのままお届け。

連載版の同一回  読み比べたい方のために別ウインドウで開きます。


 

その32:2回目のビデオクリニックとお買い物




宿に着いて着替えるとビデオクリニックの為に前と同じ場所へバスで向かった。

画面には4日目以降の滑りが映し出される。
相変わらずキャバさんはいい人だ。丁寧に指導してくれるね。
私はゲレンデでも言われたことをまた指摘された。
「もっと、リップまで耐えて!」
うん、明日は最終日だけどがんばってみるよって気になるね。
きっとキャバさんがいなかったら私はスタッフに対して切れてただろうね。
でもキャバさんはこの第5セッションのみのコーチらしい。
この後のセッションは帰っちゃうんだって。
残りのセッションは誰がコーチしてくれるんだろうね?

さて、ビデオクリニックも終えたし帰るのかな〜って思っていたら
「この後買い物ツアーに行きます。」
だって...うーん、けっこうハードなスケジュールだね。
でもお買い物をするのは楽しいのでうれしいね。
今日はボードショップも入っているポートランドのモールに連れて
行ってくれるってことだ。
ボードショップが入っているっていうのはすごく楽しみだね。
たくさん買い物しちゃおう!
あきらめたGravisのシューズもあるかな〜?
ってわくわくしながらモールへ向かった。

一時間ほどでCLACKAMAS TOWN CENTERって所についた。
みるとすっごく大きなショッピングモールだった。
なんと1階の中央に大きなスケートリンクまであって、
かわいいキッズがひらひらのスケートコスチュームを着てたくさん滑ってた。
「迷子になるでぇ」ってうめちゃんが言ってたけど、
ほんと迷子になりそうな広さだったよ。

「夕食もこの中で済ませてください。」って言われていたから
ボードショップに行きたかったが、はやる心を抑えて先にご飯にすることにした。
「たしか2階にご飯食べれるところがあったはず」
ってちゅーちゃんが教えてくれたので女の子みんなでそっちへ向かう。

2階にはたくさんカウンターが並んでいて、
セルフサービスの飲食店がたくさんあった。
何食べようかなぁって見てるとJAPANって書いてあるお店を発見!
あ〜〜やっと日本食が食べられる〜と思ってメニューを見たが
なんだかまずそうだ。
とりあえずお米つけておけば日本食なのか?って感じでみたこともない
おかずが並んでる...
とりあえず他のも見ようって思ったら中華もあった。
どっちかというとこっちの方がおいしそうだったので
こっちを食べることにした。
いちおチャーハンもどきのご飯が付いていてお米が食べれたので
うれしかったよ。おせじにも激ウマとはいえないが
ロッジのご飯よりは、はるかにおいしかったね。

ご飯も食べてさっそくボードショップに向かう。
1階の入り口付近に‘ZUMIEZ’ってボードショップを発見。さっそく物色。
ここにもVOLCOM商品がたくさんあった。
アメリカではVOLCOMってかなり主流なのかな?
今まで行った、どのボードショプにも置いてたね。
でもGravisは扱ってないショップみたい。
それにボード用品は売れ残りって感じの物しかない。
でも売れ残りだから値段はすっごく安いね。
dubのトレーナーとか30ドルで売ってたよ。

でもこれっていうものがなかったから他のお店をいろいろ覗いてみた。
そしたら大発見!スケボーショプだと思って入ったお店の奥の方に少しだけ
BURTON商品が置いてあった。
お!キャスターつきのボードケースが一つだけ売れ残ってる。
値段を見ると‘148ドル’これって日本では28000円のケースだ。
思わず空港でボードケースが重くて苦労した記憶が甦った。
すっごく欲しい!けど私は今ぷー太郎...無収入の身だぁ。
どうしようか〜って悩んでいたら、
「これ便利そう買っちゃおう!」
ってがちゃが買ってしまったぁ。
あ〜つくづくぷー太郎が身にしみたよ...日本帰ったら働こう...
期待していたわりには欲しい商品がないまま、ここでのお買い物は終了。
集合時間が来たのでバスに乗り込む。

今日も帰りにSAFEWAYスーパーに立ち寄った。
ここで私も初めてお酒を購入してみた。
レジではしっかりパスポートを掲示。
そしたらびっくり!パスポートを見ながらレジにしっかり何か打ち込んでる。
レシートを見ると誕生日がしっかり刻印してあった。
つくづく厳しい国なのね...



つづく




戻る