ちらから最初にNZ行の計画をきいたのは2002年の10月。
その時は「いいねえ、お金ためとくよ」と軽く返事をする。
その後、メールや一緒に滑った時などに話がでて、本格的に考えはじめる。
この日記は具体的に話が決まりはじめた頃からのメモのようなものです。

クリックすると大きくなる写真もありますが、別窓ではないのでブラウザの「戻る」で戻ってくださいね。

この前は何してた?



1日目

出発当日。9時すぎに起きて近所のマンガ喫茶でモーニングを食べる。
この食事は朝昼兼用。なんだかいつもの休日。
帰ってシャワーを浴びて、最後の荷物チェック&出発準備。忘れ物はなさそう。

車に荷物を積み込んでいよいよ出発。関空へ向かう飛行機は13時30発。
途中で友達の家によって車を預かってもらい、友達の車に荷物と自分を
乗せ替えて空港へ。空港に着いたのは13時ちょうど。
友達に「いってきます!」としばしの別れ。
航空券はオンライン予約してあるので発券機で発券。預けるボードバックを
セキュリティーチェック。チェックしてるX線の画面を横で見てると、ズームしたりして
チェックしてる。ボード用具がめずらしいのか時期があやしいのか・・・・
ま、見なれてないと形は「??」ってかんじかも。
開けられることもなく通過し荷物を預ける。
預けるところはハカリになっているので、表示された重さを見ると、
ボードバックは21キロ。

飛行機に乗り込み関空へ。今回のメンバーの中では一番乗りなので、コーヒーを飲んで
みんなを待つ。関空は国内線の出口が一ケ所なので発見しやすくていいな。
40分くらいして連れの一人「みわんちゃん」が到着。2人で関空ラウンジへ。
ここで1時間マッタリ。この関空ラウンジ、正直名前負けしてる。
部屋せまいです。人多いです。空気どんよりです。
もっとゴージャスなイメージがあったけど・・。この時に忘れ物を思い出す。
それは「首マクラ」。
なくてもいいが、あれば快適な眠りが約束される長時間移動の必需品。
意外な忘れ物。1時間後、残りの2人「ちら」「たかちゃん」と無事合流。

国際線ロビーに向かう。途中で「首マクラ」を発見し即購入。
そして搭乗手続。オーバーブッキングもオーバーチャージもすることなく無事終了。
そして出国手続も問題なく終了。出発まで少し時間があるので軽食をとる。
モノレールで移動していよいよ出発!ほぼ定刻に離陸。
飛行機はニュージーランド航空。JALとのコードシェア便。
で、このニュージーランド航空、ヘッドレストにちゃんと首をサポートするものが
ついている・・・。ま、こんなもんです。
機内食もこんなもんです。
入国カードに記入して、XMEN2を見て就寝。

この日の出費:マンガ喫茶420円、コーヒー&サンドイッチ(スターバックス)900円、
         首マクラ1300円。




2日目

寝たり起きたりをくり返す。NZまでは約11時間のフライト。
長いとは思うけど、毎年冬に長野まで12時間のバスツアーに行ってる自分にとっては
かなり快適な移動。座席もそこそこに広いし食事も出るし。
飛行機の中からみた日の出がやたらとキレイ。はじめてみたな、そういえば。

現地時間の朝8時45分クライストチャーチ空港着。
現地時間は日本時間+3時間。時計はめんどくさいので日本時間のままにする。
入国手続に向かう。カードを見ながら少し質問される。英語力はないのだけど、
わかりやすく質問してくれたのでなんとか無事通過。荷物がでてくるのを待つ。
この間に上着を一枚着込む。さすがに寒い。冬を実感。
荷物も全員分無事到着。と、そこへ係員さんが近付いてきて少し質問される。
「何しにきた?」「たばこ、お酒、ドラッグやってる?」など。その後荷物のチェックへ。
食料品など申告。お菓子を少し持っていたので一応申告。
「じゃぱにーず、スウィーツ」って言っただけだけど。ここでも全荷物をX線にかけられる。
全員無事通過。目の前にある両替所でNZドルに両替。レートは1ドル約73円。
やっと空港のロビーへ。この間約一時間。予約していたレンタカーを借りる。
荷室もひろく荷物が余裕で入る。今日の予定はクライストチャーチで少し観光して、
あとはドライブしつつクイーンズタウンへ向かう。

クライストチャーチではアートセンターから教会までブラブラ散歩。
教会前の広場で昼食替わりにフィッシュ&チップスを食べる。
日本の鳩のようにカモメが狙っていて、少しでもこぼすと一気に集まってくる。
その後公園を散策。公園を流れる川ではボートに乗ってる人たちも。
1組のカップルが喧嘩中か??と心配になるほど雰囲気が悪くておかしかった。
そしてドライブの始まり。まずはたかちゃんの運転。
NZの道路は日本と同じ左側通行で、交通料が少なく信号もほとんどないので
ドライブしやすい。郊外は100キロで走れるし、運転しててストレスがない。
景色は、山!草原!羊!ってかんじ。まさに雄大な景色。

途中テカポ湖に立ち寄り休憩&観光。観光といっても湖を見るだけ。
ついでに給油とおやつを買って出発。ここで運転をちらに交代。
なんだか車がフラフラしてる。少し前方が見づらい様子。
なれると車も安定。
おやつを食べたり景色のいいところで停まったりしながら車をすすめる。
途中で自分に運転交代。あとはひたすらクイーンズタウンにむかう。
日がくれた頃にクイーンズタウンに到着。約6時間のドライブ。
レンタカーを返すために給油し、そこで宿の場所を訪ねる。
坂を少し登ったところで宿を発見。

荷物をおろしてチェックイン。部屋は4人一緒だけど、十分な広さ。
ベッドはダブル1つにシングル2つ。
次の日のゲレンデへ行くバスの予約等をフロントで確認したら、
朝6時に予約すればいいって事で、明日の朝予約する事に。
荷物を置いて、ダウンタウンにレンタカーを返却&夕食に向かう。
レンタカー屋の前に着くとすでに閉店してる。でも閉っていても返せると聞いていたので
駐車場を探すが、どこにも見当たらず。次の日の朝返せば料金はかわらないようなので
一旦宿に車を置きに戻る。
その後夕食へ。この日はイタリアンレストランで食べる事に決定。
パスタ、ピザ、サラダ、ラザニアなどを注文。量は多いけど味は・・・
ま、味覚は人ぞれぞれって事で。店員さんの笑顔はマルでした。
その後、水を買って宿に帰る。

宿の前で夜空を見上げてみる。NZといえば南十字星。
たぶんあれかな?・・・・・きっとそうだ、うんうん。

予約のため明日は6時起床。

この日の出費:チョコバー&炭酸水(テカポ湖)3ドル、羊(テカポ湖)4ドル




3日目

6時にちらの時計のアラームで起床。
でも、バスの予約はちらとたかちゃんにまかせてベッドでグダグダ。
数分後2人が部屋に帰ってくる。「フロントまだあいてない・・・」らしい。
このへん日本と違ってアバウトなのね。10分おきに行ってみるも結果は同じ。
6時30分を過ぎた頃たかちゃんが予約済の用紙を持って帰ってきた。
乗車場所は宿から少し降りた大きな樹のところ。時間は8時20分。

この日は朝食を用意してなかったから少しおかしを食べてゲレンデまで我慢することに。
準備をして乗車場所へ。NZは夜明けが遅いのか8時すぎてもまだ早朝の雰囲気。
気温も低めで肌寒い。他にもバスを待ってる人が数人。10分がすぎ、20分がすぎ・・
きませんバス。フロントといいバスといいNZ時間が流れてるのかな??。
来ても違う行き先のバスばかり。30分過ぎた頃に来たバスも違うバス。
たかちゃんがそのバスのおにーさんに聞きに行きます。
その結果、バスはとっくに出ていて自分達の予約は入っていないとこ事。
やってくれました宿のフロント。この瞬間、フロントは頼りにしないと全員が決意。
予約の用紙があるので、それを見せるとバスの会社に連絡をとってくれ、すぐに車が
迎えにくるとのこと。数分待っていると車が迎えにきました。
結果、チャーター便でゲレンデへ向う。

少し遅くなったけどコロネットピークに到着。
すぐに食事のつもりだったのに、雪を見るとみんな食事の事は忘れてしまってる。
準備をして早速リフトへ。
いよいよ海外一本目。積雪量は少なめだけど雪質はまあまあ。
滑るには十分の雪。とりあえず軽めに一本流します。2本目も同じコースへ。
ま、リフトの数が少ないので出発点はどのコースでも同じになるんだけど。
そして3本目。滑り出して少し降りたところで、アイスバーンにエッジをとられ膝を軽く
ぶつけてしまう。少し痛みがあったけど滑るには影響ないのでそのまま滑る。
何本か滑ったあと思い出したように食事休憩。
ゲレ食はハンバーガーとポテトをチョイス。日本と違って安くてデカイ。味も十分。

食べたあと膝を見てみるとビックリ!結構腫れてる。豊胸用シリコンをうめたかのように
タプタプしてる。みんなに心配をかけてしまった。
でも膝も曲るし十分滑れそうなので午後の部へ。いろんなコースを滑る。
午後になるとやっぱりバーンは荒れ気味&人が多い。膝のこともあってこの日は
14時のバスで帰ることに。ショップでステッカーをお土産に買ってゲレンデを後に。

宿に帰ってクイーンズタウン散策へ。
まず、この旅のメインイベント、ヘリボードの予約。
少し説明を聞いて申込書に記入、明日の予約を入れる。
明日の朝7時50分に最終確認の電話があるらしい。
その後、すでに取り終えたフィルムがあったので写真屋さんへ。
できあがりは明日の午後。その後お店を覗いたり湖をみたりしてスーパーで夕食&朝食の仕入れ。

宿に帰って夕食。この日の自分の夕食はチキングリル、サラダ、パン。
夜はヘリボードに備えて板をセッティングしたり、いろんな話しをしたりマッタリ過ごす。
明日は7時起床。

この日の出費:ステッカー5枚(コロネットピーク)10ドル。


右膝その後
帰国後、右足の膝は見た目がかなりひどく、
人に見せるたびに「病院いけば?」と言われ近所の整形外科へ。
検査の結果は「軽症」骨折も靭帯の損傷もありませんでした。
ちなみに旅行保険もボード保険も使ってません。
保険の事を考えると現地で病院に行ったり、
保険会社に連絡を入れるべきでしょうね。
9月10日現在、日常やスポーツに支障はないけど膝立ちすると痛いです。




4日目

7時起床。
右膝の状態は腫れはあるけど、痛みはないので問題なさそう。
朝食は買っていたパンとハムでサンドイッチを作ってたべる。
確認の電話があり予定通りヘリボード決行。そのあとすぐに宿の前に迎えの車が到着。
この日のガイド、さんと挨拶&自己紹介をすませ車に乗り込む。
目的地はワナカ。所要時間は約1時間らしい。

ワナカの街で一旦トイレ休憩のあと何もない道をゴトゴト進む。羊だらけ。
やがて目的地に到着。なにもない牧場のような場所に小屋がポツンと建っている。
ゲートのようなものがあり「HARRIS MOUNTAINS HELI-SKIING」の文字が。
まわりは山ヤマやま。羊の姿もみえる。

少しすると他の車がやってきた、他に数グループ参加するみたい。
自分たちのグループにはNZの女性がひとり入る。
トイレに行ったり他のグループの人たちと話しをしていると、ヘリがやってきた。
気分が一気に盛り上がる。
ビーコンが配られ説明を受け、ビーコンをつける。
そのあとヘリのそばに全グループが集まりヘリの乗り方等の説明を受ける。
もちろん全部英語。その後、他のグループが先にヘリに乗り込み山へ向う。

そしてイヨイヨ自分達。おもわずにやけてくる。
ヘリに乗り込み出発。草原から一気に真っ白な雪山へ。
他のグループが滑ってるのがみえる。かなり気持ちよさそう。
ヘリがポイントに到着。まずは自分達のレベルを確認するためか緩めの斜面へ。
ガイドさんが先に降り、少し間隔をあけて順番に滑り降りる。
雪はパウパウではないものの十分な新雪。気持ちよく滑れる。
ノートラックの斜面を滑るのはホントに気持ちがいい。天気&景色も最高!!
30分くらいかけて一本滑り降りたところにヘリが迎えにきて、次の斜面へ。
今度は起伏があってなかなか楽しいコース。他のグループも一緒になり滑りおりる。

降りたところで全グループが集まり山の中でのランチ。
パン、ハム、野菜スティック、マフィン、スープなど。
自然の中で食べるごはんは最高においしい。
この形式の食事は日本のゲレンデに行く時にも使えそう。人数がいれば安くすむな。
今日はスキーヤーが多いのかな。ボーダーは自分達4人と他のグループに1人。

小1時間の休憩のあと午後部へ。午後からは2本滑る。
ヘリでポイントに向う途中にガイドさんがヘリの中から斜面をチェックしている。
ヘリから降りた時にガイドさんが後ろを指さしてます。見ると後ろの斜面は雪のない崖。
落ちるとシャレにならないな。
NZの山は360度雪がついてなくて、一定の斜面にだけ雪がある。

午後の2本ももちろんノートラックの斜面。ジックリ楽しんでフィニッシュ。
迎えのヘリがやってくる。お金さえ払えば追加もできるけど今日はここまで。
ヘリに乗り草原へ帰る。同じグループだった女性にお別れのあいさつをする。
帰り支度をし車に乗り込みクイーンズタウンへ。
宿の前でガイドサンとお別れ。

宿で着替えを済ませ、ダウンタウンへ。
先に写真を受取に行く。代金はフィルム2本でなんと60ドル!!!
日本の2倍から3倍。先に金額を確認しなかった事を後悔。
プリントサイズはハガキサイズ。

ぶらぶらしながら明日どうするか相談。
少し考えるが明日も滑りに行くことに。行き先はカードローナ。
バスを自分たちで予約。その後スーパーへ行き夕食の買い出し。
宿に帰り夕食。この日の自分の夕食はカレー、サラダ、チキン、マッシュルームスープ。
カレーは正直まずい。
そのあとは写真を見たり、まったりとすごす。

明日の起床は8時。

この日の出費:写真60ドル




5日目 NEW!!

8時起床。
朝食は引き続きサンドイッチ。
準備をしてバスの乗車場所へ。今日は時間通りにバスが来る。
一路カードローナへ。カードローナは少し遠くて一時間半くらい。
途中未舗装の坂道をゴトゴト登って行く。わきには牛がいたりする。
ガードレールのないところをギリギリで走る。
景色を楽しんでるうちにカードローナに到着。
コロネットピークでも思ったけど、駐車の仕方が豪快。
文字では説明しづらいけど。

リフト券を引き換えて早速リフトへ。リフト乗場は少し混雑気味。
ここはリフト券のチェックがなかなか厳しい。バーコードまでチェックしてる。
ゲレンデは広くていいかんじ。でも雪は少なめでブッシュが出てるところも。

2、3本流したあと他のコースへ行くために連絡道へ。
滑って行くと目的の斜面へ合流・・したらそこはブッシュだらけ。
ソールかなりやられるな・・・なんとか滑りおりて昼食のためロッジへ。
昼食はピザ、ポテト、ラズベリージュース。ピザ一切れもかなりデカイ。

そして午後の部へ。
ここでちら&みわんちゃん、たかちゃん&自分と別れて滑る。
リフトで上がりいろんなコースを数本滑る。
日本では考えられないようなところも滑れるのが楽しい。日本だとロープだらけだろうね。
岩と岩のあいだとかコースとり放題。2、3本滑ってちら&みわんちゃんと合流。

数本滑った後、元のコースへの連絡道へ。
このコースは初心者も滑れる程度のコースなんだけど、景色が最高によく結構楽しい。
ちょこちょこ遊びながらセンターハウスの前へ。
記念撮影をしてバスの時間までに2本滑る。

売店でジュースを買ってバスへ。
バスが出発し帰るとおもいきや数十分後にバスがストップ。
なんだか30分程休憩するらしい。目の前の建物に入っていくと中はバーになっている。
どうやらバスと同じ会社の経営らしい。
今回のメンバーはお酒をのまないので、しかたなくバスの中で休憩。
からだ冷えるな・・

クイーンズタウンへは18時頃に到着。
着替えを済ませダウンタウンへ。まず明日の遊びの予約。
明日は滑らずに遊びに行くことに決定。予約後買い物。
自分用に帽子とお土産用に羊を購入。
今日はショッピングセンターで夕食。
自分はマクドナルドでチーズバーガー、サラダ、コーラ。
サラダは日本と違ってデカくて安い。日本もこれくらいだといいなーと一瞬思ったけど、
こんだけデカイと売れないかも。夕食後も少し買い物をして宿へ。

明日は少し遅めに起床。

この日の出費:帽子50ドル、リップクリーム7ドル、羊5ドル。






このあとは何した?






連動企画「ちらリズム」は
←左をクリック!!






この前は何してた?

トップ








(C)西日本ヘルメッターの会