寝てもレッズ こんな夢を見た。

皆さんに投稿していただいた夢と にょろろ@管理人の記憶が曖昧な夢です。

2003年

 もくじ
オールキャスト
内舘 秀樹
エジムンド
エメルソン
鈴木 啓太
田中 達也
坪井 慶介
平川 忠亮
山岸 範宏
山田 暢久
福田 正博
福永泰(仙台)
番外・ウッチー怪獣
番外・ベルデニック

グレーの字は、にょろろ@管理人のコメントです



オールキャスト @  fromももさん 2003.2.19

1)知り合いの元ボスが韓国系の方で、日韓戦で韓国が勝つと次の日
「今日は景気がいいなぁ!」と学生たちにイヤミをいっていたという話を他の人にした。
2)マガジンに代表の福田の話が載っているということを聞いた。
その結果、次のような夢を見ました。

日韓戦で、カウンターのピンチに縦のロングボールをPA内で手ではたく柱谷弟(!)
会場は苦笑に包まれますが、本人はいたってまじめな顔でパントキック。
どうやらGKをやっていたようです。
その時突然会場では
ゲットゴール福田が始まり、選手交代で福田が入ってきます。
福田、いきなりDFからきたボールを1トラップして、さっそくシュート!ゴール!
と思ったら
ゴールネットの中のポールにボールが当たってフィールドに戻ってきてしまいました。
皆が唖然とする中、猛然とこぼれ玉に向かう
もも選手、シュート!
でもまた同じポールに当たって戻って来てしまい、今度はインサイドキックできちんとネットを狙って、キーパーもかわしてシュート!
福田に、井原に抱きつかれて(えへへv)喜んでいる向こうで、なにやら怪しげな踊り(?)を披露しているGK柱谷…

結局それが決勝点になり、1−0で勝ちました。
終了後、井原さんに挨拶するんだ〜、と長いお風呂タイムを待っていたらSMAPの中居がやってきて、「ロールかけるべ。」というのでついていったところなぜか汚い部屋の拭き掃除をさせられました。おしまい。

 中居のオマケ付き。もしかして、これって、大将の引退試合の正夢かも!
試合の展開を想像しながら何度も読んだのですが・・・柱谷(弟)は味方だったの?相手のGKだったの?


エジムンド の場合 @  fromももさん 2003.1.31

久しぶりにバイオリンを弾こうと思って、弦を替えようとしていたところにエジムンドがやってきて、「俺が掃除してやるよ!」
ふつう、バイオリンの糸巻きは棒を差し込んで巻き取るだけの単純なものですが、そのバイオリンはギターやコントラバスみたいな、歯車が噛み合わさった形のものになっていて、エジムンドはそれを器用に解体しながらたまったほこりを取ったり磨いたりしてくれました。
で、私が弦を張っているとき、何か木目調のシールみたいなのをくるっと丸く切っています。
なんかそのバイオリンは糸巻きのところにそれを貼って何かを隠すようになってるみたいなんですが、本来それは本物の薄い木の板で作るべきもの(と私は思っている)で、地の色とも違ってヘン。
何なのかと聞いてみたら、エジムンド曰く「これを貼っていれば、誰がみても俺がやったんだってわかるから大丈夫!
エジムンドと犬猿の仲の人たちがいるロンドンのオーケストラに行くことになっていた私は思わず「それは困る!」と固まるも、無情にもお迎えがやってきてしまったのでした。

 まだエジムンドの人柄を深くは知らないのですが、おそらくこんなカンジなんだろうな〜って思っちゃった。
自信マンマンに親切の押し売りしそう!


エメルソン の場合 @  from真白さん 2003.5.26

駒場競技場のスタンドから浦和の練習を観戦。よく晴れた陽気でいつも長袖ユニフォームの選手も半袖に衣替えしての練習でした。という事は、いつも半袖の達也とエメはノースリーブのランニング型ユニフォーム。(カメルーン代表がいつか着てたようなやつ)

隣で見ていた知らないおっちゃんが「私は達也の施設ファンクラブの会長です」とダンボールを絵の具で赤く塗った名刺をくれたので受け取って
「私も半袖・ハーパン(ハーフパンツ)愛好家です」と答えたら
「何っ?!それじゃぁ達也ファンクラブには入れてあげられないな!」と名刺まで取り返されてしまった。そりゃ今日は半袖以上だけどさ・・・。
んで、ダンボール名刺のせいで手が真っ赤に染まってしまったままでエメと握手をしたらエメの手に絵の具が付いて「何してくれんねん」と怒られた。

私ったら「あんたらが袖なしユニフォームなんて作るからやろ」と逆切れしていました。ついでにエメの半袖の袖があるはずの二の腕部分をこすって赤くしときました。

 真白さんが見る夢の中では、エメも関西弁なんですね(笑)
2003年のにょろろ流行語大賞のひとつは「ハーパン」でした。すっかり定着しています。


坪井慶介 の場合 @  fromトコさん 2003.2.11

坪井選手がとにかく追いかけてくる夢。
なぜか旅館で追いかけられてるんだけどとにかく足が速くて、しかも全然疲れてなくて、あのニコニコ笑顔で追いかけてきて・・で、私が疲れきってエレベーターに乗り込み、最上階まで上りながら、「あ〜もう大丈夫だ。よかった〜。」と思っていたら、エレベーターのドアが開いた瞬間そこにいたのはまたまた坪井!!!!
階段で上ってきたのにまったく疲れてなくって、息も切れてなかった。
あまりにも恐くて一生懸命エレベーターのドアを閉めようとしている所で起きました。
ホントに恐かった。

怖いヒトに追いかけられるより、あの笑顔に理由もなく追いかけられるのって怖い!
久々に管理人に「悔しい〜っ!」と思わせた夢です。


田中達也 の場合 B  fromトコさん 2003.5.10

長谷部選手と達也選手が同時に出てくるなんともおいしいってかなんとも自分勝手な夢を見ました♪内容は薄かったんですけど。。
私はなぜか達也選手に「これにサインしてくださいっ!!」とか言って携帯を渡していて・・渡したのはいいんですけどなかなか携帯が帰ってこないので「何やってんのかな〜?」と思って見てみると絵を描いてました(笑)しかも原人が壁に書いた壁画のような絵を・・うれしいのかうれしくないのか良くわからない気持ちで「ありがとうございます」と携帯を受け取って帰ろうとしたら「絵が気に食わないから、もう1回描く」と言って私の携帯を奪い、座って真剣に描いてました。。その横で長谷部君が「何描くの〜?」など、むやみに話しかけて邪魔してました。達也さんは完全シカトでしたけど(笑)
う〜んあんまり良くわからない夢でした(笑)

この夢には、長谷部君ではなくて徹に(ホンモノのキャラで)参入して「四葉のクローバー」も描いて貰いたかったですね。
時々、ケータイにサインなど入れていただいている方を見かけますが、皆さん、あのサインで何かで保護するんですか?それとも「即、新規購入」とか?スグに消えてしまいそうなので、今後の参考のために、教えてください。


田中達也 の場合 A fromKYOさん 2003.3.4

なぜか、鍋を囲んでの「取材」ということで(2000年初めのスーパーサッカーみたいな感じ、といったらわかりますか? 岡野が出てました)
むかいには福ちゃん&達也、私の横には白石美帆さん(だったはずなのですが、ほとんどしゃべらなかったので、彼女の印象はありません)。
進行するまでもなく、とにかく福ちゃんが、サッカーについてなめらかに語る語る。。。はいいのですが、どうも私の聞きたいこと(何だったのかはわかりません)とは全く違っていたようで、なんとか軌道修正をしようとするのですが、あまりの勢いに口を挟むことができません。
それに達也にもしゃべってもらわないといけないのに。。。と思うものの、先輩に遠慮してか、達也は全くしゃべらず、黙々と鍋を食べています。
ところが福ちゃんが唐突に「あっ、○○(なにか、具)がない!」が叫ぶと、タツはすぐさま反応。
「僕、買ってきます!」と勢いよく出ていってしまいました。
なぜ、達也が。。。ああ、取材ができない。。。と思ううち、目が覚めました。

主役は「イメージ通り(鍋の具にこだわりありそう)のまーくん」かな?と思ったのですが、現役選手に敬意?を表して。

田中達也 の場合 @
 fromトコさん
 2003.2.23

塾で授業中に寝ちゃったときに見ました♪
学校の課外授業で林間学校へ行ってカレーをみんなで作っていると、なぜか練習着を着たレッズの選手達が登場・・・そして班ごとに分かれて私たちと一緒にカレーを作り出しました。
「何でだろ〜?」と思いながらもうれしかった〜☆
選手の中でも達也選手がものすごく楽しそうで率先しておたまを持って作ってました。。そんなにお腹が減っていたのか?
永井選手は味見をして「もっと辛くしてほしい。」とかいろんな注文を出していました。

タツって割烹着が似合いそうじゃないですか?
・・・あれ?どこかで見たことあるのかな?すごくその姿を鮮明に想像できるのだけれど。
もしかして、お○ちゃん顔だから?
永井クンは「バーモントカレー甘口」タイプだと思う!<根拠なし。 苦情は受け付けませ〜ん。


鈴木啓太 の場合 A  fromももさん 2003.5.13

へぼいディズニーランドの地下食堂にいたら、1Fで啓太コールがするので、上がってみたら、U-22の選手の握手会があるという。コールがデカかったわりに人が少なくて心配だったけど、最初の人はこの間啓太がゴールを決めてから並んでいるとか。なんだかんだで2番目になった友人は最初の人が「要らない」と言った達也の「サイン入り新聞記事切り抜き」を貰った。3番目の私は満面の笑みの啓太とお互い紺のセーラー服姿で半ば抱き合い、ぴょんぴょん跳ねながら「いつも応援ありがとうございますー」「いえいえー、今度は勝ちましょうねー」
「そうっすねー」。啓太は自分のセーラー服にくっついていた紙吹雪代わりの新聞のきれっぱし(それもスタジアムサイズより大きくて、変なふうに裂けちゃったの)を大切そうに私の服にくっつけてくれた。
当分手は洗えないなーと思って余韻にひたっていたら、続けて第65回FC東京ファンイベントがあるとかで選手が下りてきた。「地道に営業してるな」と感心しつつも、そのままいたら選手をなぐりそうな気がしたので、退散した。

久々に見ました。寝ぼけながら書き始めたので日本語変ですが、臨場感をお楽しみください(笑)

確かに臨場感に満ちた書き込みでした。(こちらにアップする際に、いくつか漢字変換しました・笑)
ケータとももさんが互いにセーラー服だったのは・・・ももさんはディズニーで働いていていて、「セーラー服」がコスチュームだったの?じゃぁ、ケータは!?・・・趣味?


鈴木啓太 の場合 @ fromトコさん 2003.2.23

私はサッカー選手や関係者みたいな人が集まる宴会みたいな所にいたんですけど、啓太選手の他にもガンバの宮本選手とかがいました。
ベテラン選手がたくさんいるのに、なぜか啓太選手はお殿様が座るような一段上がったところに一人で座ってました。
みんなお酒をじゃんじゃん飲んでて、啓太選手もかなりのピッチで飲んでたのに全然酔ってなくてビックリしました。
しかも終始正座で飲んでた・・(何でだ?)
みんなが酔っ払って騒いでても全然冷静で一人でこんこんと飲んでました。
で、みんなが帰ってもひたすら一人で飲んでました。
私の夢の中では相当な酒飲みでした。。勝手に決めつけてごめんなさい。

頼もしいじゃないですか〜!
サカマガの対談(+坪井・田中)でも「キャプテンやりたい。」と明言するようなケータには、夢の中でもそのイメージで行って欲しいです。


内舘秀樹 の場合 @  fromにゃーこさん 2003.3.7

だれかの結婚式に出席した私、披露宴会場(かなり広い)でぼーっとしていると、大好きなウッチィ兄さんが「君に一目で惚れた!」といきなり愛の告白!
私は既婚者と火遊びをするほど冒険者ではないので、最初は丁重にお断りして彼も引き下がったのですが、しばらくして「妻とは別れるから!」と私をお姫様だっこして走り出すウッチー兄さん!
きゃー!!!
ちなみに彼に抱えられている間、私はずっと彼のあの突き出た頬骨を両手で挟んでぐりぐりぐりぐり・・・(笑)。
すごいお姫様な夢でした。私はずっとあの頬骨が気になっていたっス!
それがあのような形で触れるとは・・・。

すっかりキャプテンも板についてきたウッチー兄さん。ナビスコのアウエイ神戸戦(観客5000人未満)ではウッチー兄さんの声がビンビン響いていて「頼もしくなったものだ」とシミジミ感じ入っていました。そんなウッチー兄さんなら、こんな情熱的な行動も・・・ないない!(笑)


平川忠亮 の場合 B  fromペコさん 2003.3.22

江ノ島の展望台が何十年ぶりにリニューアルされました。(これは本当の話です)
ここは灯台としての役目も果たしている為、新しいものが完成してから古い方を取り壊す、という地元タウン誌を読み(これも現実に私がしたことです)、「江ノ島に二つの展望台が立ってる、という今世紀最初で最後の夜に一緒に花火をしませんか?」と平川君から電話がありました。
「平川君とはまだ大原でもお会いした事がないので、他の誰かを連れてきてくれるのなら、是非に。」と私。
場面変わって、花火問屋(らしい・・。すごく古いお店)から清尾さんとウッチーが両手に抱えきれないほどの花火を持って出てきて、「いくら買っても請求はレッズに行から大丈夫!早く手伝ってくれないと日が暮れちゃうよ」と言うのです。
花火は日が暮れてからするんじゃないの?と思いながら軽トラを運転していた私。

ロマンチストですねー。平川くん。
でも今は、あの思い切り良く真横にバッサリ切られた前髪が頭に浮んでしまって・・・(笑)


平川忠亮 の場合 A fromせんべえさん 2003.3.5

ドイツ旅行記読んで寝たらこんな夢見た。
平川がロード・オブ・ザ リングみたいな衣装着ていた。
夢の中でのワシの立場は平川の長男の嫁の兄らしい。
んで、平川が「ヨーロッパが遠征する」って言い出した
視線の先に浮かぶノイシュバンシュタイン城。
ワシも「めんどくせえなぁ」と思いつつお供することに。(もしかして家来なのか?!)
ちなみにワシと平川が立っていたのは万里の長城でち。

あの衣装、似合いそうでち〜!あ、せんべえさんじゃなくて、平川くんのコトね!
それにしても、その戦いに勝算はあるのか!?
「ドイツ紀行文」はこちら。



平川忠亮 の場合 @ from真白さん 2003.3.22

浦和の練習が砂浜で行われていて、私はよく海岸に植えられている松林を隔てて見てました。
そしたら、怪我の癒えない平川君がやって来て一緒に見学。
彼らは膝下くらいまで海に入ってサッカーしたり、海水をペットボトルに入れて休憩中に飲んだりしてた。わきあいあいとしててこれぞサッカー部とか思ってたんですけど。
最初は「海水は怪我にいいんだよ」とか爽やかな会話だったのに何時の間にか平川君と二人で長谷部君絶賛話になってしまい「長谷部君のサッカーは最高!」から始まり「目元がしゅっとしてるし可愛い」「いやいや、飯食ってる長谷部がかっこいいと思う」「寝顔が!」「声が!」とかなんとか目茶目茶でした。

一体、誰がメインの夢なんだろ。
長谷部君の時代到来ってコト??ちょっと好きになってしまいました。目元がしゅっとしてるとこがね。

やはりメインは出演していた平川くんってコトで。
目元がしゅ!はともかく、飯食ってるところとか、寝顔とか・・・それって寮で一緒に暮らしてる自慢!?羨ましい。
しかし、海水飲んだらダメだよー。


山岸範宏 の場合 @  fromKYOさん 2003.3.4

山岸結婚! そして、GGRの公開録画に出演していたときの内容を聞いたり(見ていない)した後に見た夢です。かなり奥様との話などに影響をうけているかも。ちょっと少女漫画チックでした。

私とギシは、どうやら同じ大学に通う友人同士。でも、私は密かに彼をいいなと思っている。。。という設定。
冬休みにギシが里帰りする、という話を聞き、私もその故郷にある寺が見たい!ということで、一緒に向かうことになりました(なぜか福井か金沢のような日本海側の街で、世界文化遺産のような貴重な寺がある)。
高速バスに乗り、学校のことなど、たわいないことを話しているうちに到着。
一緒に行くからには、少しくらい案内してくれるのかしら。。。などと淡い期待を抱きつつ、「明日はどうしてるの?」と聞くと、ギシは「明日の昼間は用事がある」ときっぱり。めげずに、「じゃあ晩は? 食事くらいできる?」と言うと、悪びれることなく「高校んときの友人と集まるからダメだなあ」。
もう〜。。。と心の中ですねていると「なんだよおまえ、おれのこと、好きなのかよ〜」と、あの屈託のない笑顔で笑い飛ばされてしまいました(冗談のつもりらしい)。
鈍いんだからあ、などと思いつつ、次の日は雪のちらつく中、一人でそのお寺に。
派手さはないモノの、荘厳ないいお寺で、それはそれで楽しめて。。。結局、最後は「冬の古都、女一人旅」みたいなトーンで終わってしまいました(ちなみに私には、寺社巡りの趣味はありません)。

それにしても、初めて夢に見た(見ることができた)選手がギシとは。。。そんなに好きだったのか!と我ながら意外でした。

正統派・清純派の夢ですね!「そんなに好きだったのか!」そうなんです、そんなに好きだったんですよー。きっとシーズンインした今ごろ、KYOさんは試合中山岸君に釘付けのはず。


山田暢久 の場合 @  from菊池涼さん 2003.5.22

今度は暢久とうどん屋で食事中のことでした
かなり辛党の私が唐辛子をかけたのを見て
暢久「そんなにかけるの?」
私「何?辛いの好かんと?」
暢久「…俺の分ないじゃん…」
私「はい?もしや辛党だったの…?」
暢久「…どちらかと言えば…かな?」
私「そう…」
で、暢久に唐辛子渡してそこで終了…。
実際は…甘党寄りっぽい気がしてならないのは私だけでしょうか?

甘党っぽいです。それに試合中もやたらと「ゲホゲホおえ〜ぇっ!」してますから、唐辛子なんて「やめた方がイイよ!ノブヒサ!!」


福田正博 の場合 @  fromペコさん 2003.8.13

伯父が「フジテレビの見学コースに連れて行ってやる」と言ってきました。
私とポコ2を迎えに来てくれたのは見慣れた愛車ではなくカブリオーレ・タイプの新車。
何故か雨が降っていて「手動で幌をかけるんだ。手伝ってくれ」
と言われ、ずぶ濡れの私達。
なんとかフジテレビに到着しましたがお台場というよりは河田町、ってかんじ。
狭い見学コースをガラス張りのスタジオに沿って歩いて行くと、向うから見慣れた赤いジャージの軍団が列になってジョギングして来ました。
「浦和〜ファイ!オー!ファイ!オー!イチ!ニ!サン!」
これって息子達のチームの掛け声に似てる。
先頭は坪井君。すれ違う瞬間に軽く会釈をされてしまった。(礼儀正しい〜感動!)
そして何人か後ろにまーくん発見。
私ったらすごく大胆に強引に乱暴に、通り過ぎるまーくんの腕をつかんで列からはみ出させてしまいました。
まーくん、嫌な顔ひとつせず、右手をさっと差し出してくれたので、私も右手を差し出し握手。
すると、握ったまま私の手を自分の顔の近くまで持っていき、

福「どうしたんですか?このキズ」(なんと私の右手にはひっかき傷が5、6本赤く痛々しい。)
ペ「ウチ、猿飼ってるんですよ。」(現実には飼っていませんよ、念のため)
福「へえ!そうなんですか。いいなあ。
そして私の手をそっと放す
福「そういえばこの間、間に合いました?」(なんのこと?)
ペ「あ、はい!余裕でした♪」(だから・・なんのこと?)

そして彼は猛ダッシュで走り去り、列に加わっていきました。
この後私@夢の中のとった行動は・・・
急いで公衆電話を探し、(携帯持ってないらしい)にょろろさんのご自宅に電話をしました。
すると・・・なんと・・・ウィーン少年合唱団にでも送ってしまいたいほどきれいな声の少年が電話口に。
にょろろさんたら隠し子?と思ったら「ボクは親戚で今は留守番ですっ」と言われ、

ペ「にょろろさんの職場の電話番号わかりますか?」と聞くと
少年「はい!わかります。090−×××−ゼロシュウマイです」
ペ「え?最後が聞き取りにくいんですけど」
少年「あ、はい。ゼロシュウマイです。」
ペ「ごめんね、おばちゃん東京生まれでゼロシュマイが何番かわからないの」

・・・プー、プー、プー・・・ここで電話が切れ、夢もTHE END

今回、ココにまとめるために久しぶりに読み直しましたが・・・やっぱり、まーくんよりも、「サルを飼っている」「ゼロシュウマイ」ですね、笑いのツボ。「握ったまま私の手を自分の顔の近くまで持っていき・・・」ココは夢の中とは言え、ドキドキですね〜ファンとしては(いやオンナとしては)


福永泰 の場合 A  fromちえさん → にょろろ 連発  2003.5.18

ファン感謝デーとオリエンテーリングが一緒になったようなものに行きました。すると、第1チェックポイントでは数人の選手がプールに入っていて、その中にヤスさんが!!
「ヤスさん!ヤスさん!!」と叫ぶと、近くまで来てくれて、顔を見てビックリ!!なんと坊主に近い短髪でした〜。しかも黒髪で。
とっても若々しくて(今も若いですけど)、ステキでしたよ〜。
後は少しお話しただけです。相変わらず選手とファンでした(笑)。

と、ちえさんから投稿。そして にょろろは・・・

私もさっきヤスさんの夢見てたんですよー。
仙台が、センターバックの外国人選手を放出するって言うので、浦和フロントとして視察に行ったんです。ええ、この私が。
仙台の練習場は、青葉城の中にあって、入場料800円を払わないと入れないのに釈然としないものを感じつつ、案内についてきてもらったちえさんに「ちえさんの分も出すよ。」「イイですよ。」「え、イイの?ゴメンネ」と細かい会話をして中に入ると、早速ヤスさんに遭遇。
髪はちょっと長めでした。
その後も延々と夢は続き、問題のセンターバック(名前不明)に会う前に終ってしまいました。

こんなふうに遠方のオンナの夢に出演していたら、ヤスも疲れるでしょうね(苦笑)

福永泰 の場合? @ fromにょろろ 2003.2.14

出張で徳島に行って、「阿波踊り」をマスターした。帰宅してネットを見るとヤス復活の兆し♪
それにしてもエジ&エメはどうしたんだろう?・・・その夜見た夢。

YOU(公認サイト)のカキコミによると、最近ヤスはゴールを決めた後に踊るべく阿波踊りを練習しているらしい。
管理人のちえさんに「どうしてヤスが阿波踊りなの?」と聞いてみたら
「え?知らないんですか?ヤスさんって町田サンバフェスティバルのダンスチーム持ってるんですよ。
いつも『町田流阿波踊りを世界に広めたい!』って話してます。」
「さすが〜ちえさん詳しいねぇ〜」心のソコから感心した。

「一喜一憂しない」byヤス 
はい。その通りです。


番外・ウッチー怪獣の場合  fromにょろろ 2003.8.14

今朝、普段の通勤時間からは想像できないほどのガラすきの電車で眠りこけて見た極短編。

凶暴なウッチー怪獣に、果敢に立ち向かうポコ2号クン。
ウッチー怪獣は元気よく挨拶されると、元の
「いいひと。」に戻るらしい。
ポコ2号クンは、えぐえぐと泣きじゃくりながらも、必死に「おはようございますっ!おはようございますぅっ!!!」と繰り返すのであった。

ポコ2号くんは、当HPの掲示板の常連さん・ペコさんの息子さんです。
本当は、こんな「コドモ」ではなくて、所属するサッカークラブが「鹿島スタジアムホーム側観戦」を企画したときには、それをキッパリ断るような、一人前の立派なレッズサポです。


番外・ベルデニックの場合 @  fromパレ 2003.4.4

ある日のこと、職場に「お客様です」と案内されてきたのはベルデニック監督でした。
お互いに挨拶を交わすとすかさず「私のもとで働かないか」と同氏。何故か彼の話す言葉がスロベニア語(?)なのに理解できている自分に驚きました。一方の私はといえば通じているいるかどうかなどお構いなしに英語で対応。彼には一応通じているようでした。
彼は「君のサッカーに対する情熱と語学力(求められているのは英語ではないようです)で、私の力になって欲しい」と有り難いお褒めの言葉を頂戴し通し。心の中では喜びでいても立ってもいられないほどだったのですが、もったいぶって「あなたのもとにはすでにミスターワダという優れた人物がいるではないですか。それに家族とも相談しなくてはいけないし・・・」という歯切れの悪い返事をすると、彼は「わかった。ではいい返事を待っている」と言い残し席をあとにしました。と同時にこの夢もThe End。

これはファンとして光栄極まる夢ですなぁ〜。サッカーに対する情熱を認めて貰えているなんて。

あなたのクリックが寄稿者と管理人の励みになります。


あなたの見た夢 教えて下さい。
短いレポートは匿名OK投稿掲示板または夢の投票所へ
長編・直接掲示板に書き込むのは恥ずかしい・・・という方はメールください。