E-listBBSSearchRankingAthlete-AtheneGo to Top


ドメイン取得に伴い、新サイト (www.ellersley.com) がオープンしました。近々こちらは閉鎖しますので、[お気に入り]に登録されている方は、変更をお願いいたします。新サイトは、これまでの内容を残しながら、より充実した内容にしていくつもりです。長らくのご愛顧ご愛顧ありがとうございました。 (7月28日)


    今日のつぶやき


Enjoy Rock Lyrics


近所の名所・旧跡


受験英語の功罪
英語教育者のためのPC活用法
Tips編 究極編

五宝の滝
翻訳者のためのPC論


サッカーを語る
南の国にやってきた小さなDF
サッカーファンのための英語
History of Nagoya Grampus Eight


作者プロフィール


E-mail
[更新情報]
7/25 「翻訳者のためのPC論」を新規掲載。
Copyright 2000-2004
Yasuhiro Nakamura
All rights reserved

〔写真〕 五宝の滝 (岐阜県八百津町)

見事な滝です。この滝は、高さが80メートルもあるそうです。写真のとおり、3段構成になっており、上から順に一の滝、二の滝、三の滝です。3段構成なのになぜ五宝の滝かというと、この滝の他に、二天の滝と円明の滝という滝もあるのです。この2つの滝は、宮本武蔵が禅の修行のために打たれた滝と言われています。もう少し後の時期なら、きっと紅葉がきれいでしょう。
s
八百津町ゆかりの人物として、もう一人、忘れてはならない人がいます。「命のビザ」で有名な杉原千畝です。この町の中心から6キロほど離れたところに、人道の丘公園という美しい公園があり、その中に、杉原千畝記念館があります。

小さな建物ですが、生前の写真や、千畝が発給したビザの実物、学生時代の通知表 (すべて「甲」 つまりオール5) など、興味深い資料が展示されています。その中で特に印象的なのが、杉原が晩年にモスクワのラジオ局で受けたインタビューを聴けるブースです。このインタビューの中で、杉原は、リトアニアを出る列車の中でさえ、ユダヤ人にビザを発給しつづけたことに触れ、「あまりにも強くせがまれるので、断り切れず、仕方なく書いた...」と述べています。

私はこの偉大な外交官に、何だかとても大きな親近感を覚えました。