サバイバルゲーム て、なに?

サバイバルゲームとは、いったいなんぞや? と言う人のために、
自分が、知っている限りで、説明します


「サバイバルゲーム」。それはBB弾と呼ばれるプラスチック弾を発射するオモチャの銃を使って行う
スポーツゲーム。その遊び方と魅力を、まったくの初心者の方にも分かりやすいように基礎の基礎から
紹介します

 「サバイバルゲーム」という言葉を聞いたことがあるだろうか
 最近はTVや雑誌でも時々取り上げるようになってきているので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれない。
 平たく言えば「BB弾と呼ばれるプラスチック製の弾を発射するオモチャの銃を使って行うスポーツ」となるだろうか
 「オモチャの銃」という言葉から一歩引いてしまいがちだが、きちんと基本的なルールを守ってさえいれば、
 実に 大人から、子供まで エキサイティングなゲームが楽しめるのである。まさに、スポーツだ!!

サバイバルゲームに必要なもの
 サバイバルゲームにも他のゲームと同じように、必須のアイテムというものがある。それを重要な順に挙げてみよう
 これらを入手するには、オモチャ屋よりもトイガン関係の専門店の方がよい。種類も多く、お店の人も詳しいからだ。

1 ゴーグル
 スキー等で使用するゴーグルと、基本的には用途は同じ。目を保護するためのものだ。弾の出るオモチャで撃ち合
 うのだから、どんなにその威力が弱かろうと、目だけは完全に保護しなくてはならない。色々な形・値段のものがあるが
 やはり安全面から言えばよりカバーする範囲の広いものが望ましい。

2 銃(エアソフトガン)
 もちろん本物の銃ではなく、電気やガス、圧縮した空気などを使って弾を飛ばすオモチャである。種類は色々あるが
 参加者がみんな同じレベルの物を使っていれば、どんな銃でもサバイバルゲームは満喫できる。価格も1,000円台の
 ものから数万円するものまであるので、予算とよく相談してから決めよう。

3 パワーソースの、種類

I.電気
 電池で銃内部のモーターを動かして弾を発射する。電池といっても、その大部分は家庭のコンセントから充電して使う
 大型のものを使用する。強力かつ安定した性能を誇るが、モーターや電池が組み込まれているため重量はやや重くなる。
 操作も簡単な点は初心者向きだが、値段は数万円するものが大部分で、やや高価である。

II.ガス
 銃そのものにガスタンクがついていて、そこにガスを充填するものと、ガスタンクからホースを伸ばして銃につなぐ
 ものとがある。前者の場合ガスがなくなるのが電動銃の電池がなくなるよりも遥かに早く、またガスが冷えてしまう
 冬はあまり調子がよくない。価格は電動銃に比べて安価なものが多い。

III.エア(空気)
 タンクに空気を圧縮して詰め、ホースで銃に繋ぐ場合と、1発撃つごとに銃を操作して、その都度1発分の空気を詰める
場合の2通りがある。特に後者は非常に効率が悪いが、電気やガスに比べてパワーソース切れがありえないのは心強い
。重量も軽く、安価なものは2,000円くらいからあるもの魅力だ。

サバイバルゲームの、ルール

サバイバルゲームには、野球やサッカーのように「これが正式だ!」という明確なルールはない。
これはまず最初にエアソフトガンというものがあり、全国のあちこちで同時多発的にサバイバルゲーム
というものが発生したからなのだが、ここでは長年サバイバルゲームに接し、試行錯誤を繰り返した
ルールをご紹介します もちろんこれが絶対ということではなく、皆さんで自由にアレンジして楽しんで
下さい 楽しくなければ、やってる意味ないですからね、!!

代表的な遊び方

フラッグ戦
 最もポピュラーな遊び方。それぞれのチームにフラッグ(旗)を一つ立て、敵のそれを奪うと勝ちとなる。
 別に、旗じゃない物を、使っても良い(洋服、缶 人でも良い 笑)
 例え、味方が全てやられて自分一人になっても、敵の旗を奪いさえすれば勝ちは勝ちである。旗を奪って
 それを味方の旗のあるところまで持ち帰った時点で勝利とするやり方もある。

殲滅戦
 敵をすべて戦死させれば勝ちという遊び方。終了までに時間がかかるのが難点。フラッグを守る必要が
 ないので、全員で一気に攻めるやり方は、意外と効果的。 制限時間を、決め行った方が、良い

バトルロイヤル
 自分以外は全て敵という遊び方。最後まで生き残った人が勝利者となる。人数が少ないときに向いた
 遊び方である。しかし有る程度 時間を決めておかないと、いつまでも続く 場合があるので注意したい


使用する銃について

 サバイバルゲームにまさか実銃を使うわけにはいかないので、「エアソフトガン」と呼ばれる玩具の銃を使う。
 エアソフトガンは、BB弾と呼ばれる6mmのプラスチック製の弾を使う。売られている状態で使用している限り、
 人間に危害を与えることはない。ただ、なかには改造して危険な威力を持たせてしまう人がいる。そこで、
 それを排除するため、ゲーマー達は自主的にいろいろな規制を行っている。規制の基準(上限)は、チームや
 大会によって様々であるが、
 BB弾重量0.2g、初速90〜100m/s
 といったところが、最も多いようである。市販のエアガンも大体この程度の性能で、、ノーマルであれば問題は無い

ゴーグル

 エアガンには人間に怪我をさせる力を持たないが、人間の体で最も繊細な眼にだけは別である。そこで、
 ゲーム中にはゴーグルをして眼を保護する。ゴーグルといっても、スキー用ではなく、エアガン専門店で扱っている
 エアガン用のものを使う。スキー用のゴーグルには、BB弾の直径の6mmよりも大きな穴があったりして、そこから
 BB弾が侵入する可能性があるからだ。また、スキーゴーグルは防弾(といってもBB弾に対してだが)ではないので、
 レンズを貫通してしまい、ゴーグルをしている意味が無くなってしまうのである。

最低限のルール

ヒットコール

 ゲーム中、自分の体にBB弾が当たると、戦死(ヒット)となる。敵からの弾だけではなく、味方や自分のBB弾に当たった
 場合でも、戦死となる。戦死したら、行動を中止し、死体置き場(セフティーゾーン)に直行しなければならない。

フリーズコール

 至近距離での射撃は、トラブルのもとになりがちである。そこで、そういう場合、射撃する代わりに、相手に対して
 フリーズコールをかけるようにする。コールに従うと、その時点でフリーズコール成立となり、従った者は「戦死」する
 必ずしもコールに従う必要はないが、反撃できる場合以外は従っておいた方が痛い思いをせずに済むだろう。
 なお、コールに従ったふりをしておいて反撃、というのは違反であり、ゾンビ行為以上に顰蹙の的になるので、
 そういうことはしてはいけないのである 

まさに、サバイバルゲームは、 ルールの有る スポーツです
決められたことを守り、フェアー精神で、遊びましょう



リンクページ ゲームのルール マイアームズ紹介 オーナープロフィール 隊員紹介 ゲームレポート チームプロフィール トップページ メッセージ バックドラフト 掲示板

メールを、撃つ

メールを撃つ