トップページ

INFORMATION

 

H28 TOPICS

忘年会開催!(12/3)

  • サンライズHDの忘年会が1年間の慰労と反省会を兼ねて15名の参加の元、新浦安で開催され、恒例の年間MVPにはブルーサンライズから審判業を超積極的にやっていただいた、岩田さんが選出され、サンライズは監督と主将で協議の上、後日選出することとなりました。また、サンライズ森監督からの挨拶で来期には3つの約束を果たしてほしい旨の話がありました。①試合だけでは無く練習に積極的に参加すること。②出欠サイトは必ず記入すること。③試合時の集合時間は必ず守ること。特に③は両チームの監督がオーダー表を作成する際に大変困るということで厳守することとのことでした。本日欠席の部員の方々も、3つの約束を果たし、来期はダブル優勝目指して頑張りましょう。

秋季市民大会サンライズビーチ3位(11/20)

  • 実年大会最終日は勝てば準優勝となる一戦で、浦安ヤンキースと対戦し、初回に4点を奪われ、苦しい展開でしたが、逆転に成功し、最終回押さえれば勝利というところで2点差を同点にされ、裏の攻撃も三者凡退に終わり6対6の引き分けで、準優勝には届きませんでした。

秋季市民大会サンライズビーチ敗戦(11/13)

  • 実年大会第2日目B面第二試合に登場したサンライズビーチは序盤に3点を奪い、勢いに乗ると思われましたが、ランナーを出すも2度のダブルプレイで好機をものにできず、その流れを最後まで戻すことが出来ずに5対10で負けました。他チームの結果から、第3日目に大量点差で勝利すれば2位以上の可能性があるので来週は頑張りましょう!

秋季市民大会サンライズビーチ快勝(11/6)

  • 実年大会が開幕し、第一試合に登場したサンラーズビーチはゴールデンシーガルズと対戦し、10名の参加でギリギリの状況でしたが投げては公式戦初登板の桑原投手が制球に苦しみながらも終盤は立ち直って完投し、打っては下地選手の2ホームラン等で加点し13対8で快勝しました。新エースが登場しました!

秋季市民大会ブルーサンライズ連勝も3位決定戦に進めず!(10/23)

  • 敗者復活2回戦に登場したブルーサンライズはレギュラー選手の欠席が相次ぎ、どうにか11名の参加で、ドンキーズと対戦し、初回表に5点を奪い、主導権をとり、小刻みに加点されましたが、終盤突き放し、10対5で快勝しました。ダブルヘッダーで3位決定戦進出をかけて試合に臨む予定でしたが、初戦で故障者が出て人数が1名足りず放棄試合となりました。サンライズから1名補強し、練習試合として舞小クラブと試合をしましたが、投打が嚙み合いこちらも10対5で快勝し、人数さえ足りていれば、3位決定戦に進出出来たところでした。

秋季市民大会サンライズ惜敗(10/2)

  • 敗者復活2回戦は強豪ミナミクラブとの対戦となりました。序盤3点を先制されましたが、4回のアウトが全て三振の好投から飯野投手も立ち直り、味方の反撃を待つ展開となり、サンライズも単打を重ね2点を返しましたがあと1点が届かず、2対3で惜敗しました。

秋季市民大会サンライズ快勝、1部残留決定!(9/25)

  • 負ければ2部降格が懸かる敗者復活1回戦に臨んだサンライズは浦安フェニックスと対戦し、初回、3点を先制するも2点を返され接戦となりましたが、飯野投手が尻上がりに調子が上がり、フェニックスに付け入る隙を見せず、打っては足を絡めてミスを誘い追加点を奪い、8対2で快勝し1部残留を決めました。

秋季市民大会サンライズ惜敗、ブルー快勝、ミラクル敗退(9/4)

  • 秋季市民大会2日目に、サンライズホールディングス加盟の3チームの試合が組まれ、まずは、一部サンライズが宮前クラブと対戦し、タイブレーカー3度の接戦でしたが力尽きサヨナラ負けとなってしまいました。続いて登場のミラクルは優勝常連チームの富岡レッズと対戦し序盤は接戦でしたが得点を重ねられ、それでも粘り強く最終回に2点を返し、8対2で敗退しました。続いて登場のブルーは富士見会フェニックスと対戦し直也選手の先頭打者ホームランで勢いをつけ、猛打が爆発し投げては、ミラクルの敗戦で意気消沈の今泉投手が先発登板し1回を三者凡退に、2回は四球、失策が絡み2点を奪われましたが、小柳投手との継投で22対2で快勝しました。

秋季市民大会開幕!ブルー・ミラクル敗戦(8/28)

  • 秋季市民大会が開幕し、開幕試合に登場したブルーサンライズは初回に大量点を奪われ、そのまま点差を縮められず、1対11で敗戦しました。B面第二試合ではミラクルサンライズがパラダイスと対戦し、2回まで0対0の接戦でしたが、3回に6点をとられ、0対7で敗戦しました。両チームとも敗者復活戦にまわります。

春季市民実年大会サンライズビーチ準優勝!(6/26)

  • 実年大会決勝戦が今川球場で行われ、初参加で決勝に進んだJ-BOYSと対戦しましたが、2対9で敗戦し、準優勝となりました。優秀選手には大会を通じて活躍した桑原選手が選出されました。

春季市民実年大会サンライズビーチ決勝進出!(6/5)

  • 朝からの降雨で開催が危ぶまれましたが、日頃の行いが良いせいか、試合開始時には雨も止み、準決勝に挑んだサンライズビーチは点を取られるも、それを上回る得点を重ね、桑原選手の2本塁打もあり、16対7で快勝し、決勝戦にコマを進めました。

春季市民実年大会サンライズビーチ勝利!(5/29)

  • 実年の部2回戦でゴールデンシーガルズと対戦したサンライズビーチは打撃戦を制し13対12で勝利し準決勝に進みました。

春季市民実年大会サンライズビーチ圧勝!(5/22)

  • 一般の部に引き続き実年の部が開幕し、1回戦に登場したサンライズビーチはベイシティドジーズに24対0、3回コールド勝ちで圧勝し2回戦に進みました。

春季市民大会サンライズ3位獲得!(5/15)

  • サンライズは3位決定戦で高洲イーグルスと対戦し、先行するも追いつかれる展開で、飯野投手の投打にわたる活躍と梯選手のホームランなどで加点し、6対5の1点差で逃げ切り、見事3位を獲得しました。秋の大会は優勝目指して頑張りましょう!

春季市民大会サンライズ勝利1部残留決定、ブルーはサヨナラ負け!(5/8)

  • 負ければ2部降格の敗者復活戦に臨んだサンライズは見明川ヤンキースに対し猛打で圧倒し、投げては飯野投手の好投により9対2のコールド勝ちを収め、続くダブルヘッダーでもDAKINS相手に猛打が爆発し9対0のコールドで快勝し、最終日の3位決定戦にコマを進めました。ブルーは1回の裏に6点を奪われ万事休すかと思われたところ、清水選手の2打席連続ホームラン等で逆転し最終回を迎え1点差で逃げ切れば勝利というところで2点を返され10対11で逆転サヨナラ負けを喫しました。

春季市民大会ミラクル敗退、ブルーは打撃戦を制し勝利!(5/1)

  • ミラクルは敗者復活戦で優勝常連チームの富岡レッズと対戦し、初回からヒットは出るものの得点に結びつかない状況で守ってはミスや長打で加点され2対9で惜しくも敗退しました。続く試合でブルーはジェントルマンと対戦し打撃戦を制し、12対11で勝利し、敗者復活3回戦に進みました。

春季市民大会ミラクル惜敗(4/24)

  • ミラクルは勝ち抜き1回戦でパラダイスと対戦し、序盤に7点差をつけられましたが、終盤にヒットが続き3点差に詰め寄り逆転の気配を感じた所で、時間切れゲームセットとなり6対9で惜敗しました。来週は敗者復活戦に挑みます。

春季市民大会2部敗者復活1回戦ブルー快勝(4/10)

  • 先週の敗戦から気を取り直し春季市民大会2部敗者復活1回戦に登場したブルーは浦安シーガルズと対戦し、1回の裏に13点を奪う猛攻で、14対6で勝利し、2回戦に進みました。

春季市民大会開幕!サンライズ、ブルー共に敗戦(4/3)

  • 春季市民大会が開幕し、開会式では我がサンライズの須知主将が選手宣誓を努め、始球式は主審を務める梶副審判長が見守る中、富岡中学校のバッテリーが行いました。第3試合ではA面でサンライズがB面ではブルーが各々勝抜き1回戦に挑みましたが、残念ながら両チームとも敗戦しました。両チームとも敗者復活戦に回ります。

サンライズコンペ開催!(3/19)

  • 順位   氏名    NET
    優勝   渡辺(一) 73.0
    準優勝  今泉    75.0
    3位   馬場    75.6
    4位   佐藤    75.8
    5位   岩田(松) 76.0
    6位   酒井    77.0
    7位   弓削田   77.0
    8位   田中    78.0
    9位   濱田    78.2
    10位  雨宮    80.2
    11位  清水    81.0
    12位  須知    81.0
    13位  長谷川   83.8
    14位  梶     87.4
    B.B.  森     88.0
    B.M.  嶽    101.0
  • サンライズコンペが昨年末の忘年会で久々のゴルフコンペを開催する話が盛り上がり、濱田幹事のご協力により、3月19日に潮来カントリークラブで開催されました。当日はサンライズのゴルフ腕自慢16名(平均年齢ちょっと高め)が集結しバットをクラブに持ち替えて好スコアを目指しましたが、誰の行いが悪いのか生憎の天候で前半はスコアメイクに苦しみ、後半は天候も回復し好スコア続出のコンペとなりました。コンペではダブルぺリア方式で順位を決定し、優勝は今年に入って10回目のラウンドという、渡辺一弘部員がベスグロと優勝を獲得し、準優勝はミラクルの練習を欠席して臨んだ今泉部員が、3位は参加最年少の馬場部員が獲得しました、これからは年2回の頻度で開催することを誓い、アトレの月の坊で行われた反省会を終了しました。

東京ベイ浦安シティマラソン全員完走!(2/7)

  • 今年もマラソン部の面々が東京ベイ浦安シティマラソンに参加し、見事完走しました。20kmコースで2時間切りも3名出てその他の部員も自己ベストを更新しました。完走後、高齢の恒例の反省会を慶鳥で行いその後万華郷で疲れを癒しに行った部員もいました。