高崎ジムまにゅある
場所 高崎駅より百衣観音方面に、
群馬県立高崎高校のすぐ近く、
街からは少し遠ざかった場所です。
近づくとゴングやサンドバッグの音が聞こえ、
窓からは各々熱心にシャドウや縄跳びに打ち込む
かっちょいいボクサーたちがのぞけます。
我々ザコスケはなるべく邪魔しないようにハジッコでやっております。
会費 女子は半額。男子は?
時間 月から土の18時から22時まで。
好きな時間に好きなようにやれるのがいいですね。
ただ自由な分、自己管理能力も必要だな。
見学 見学は随時やっているようですが、
時間によっては会長いないかも。
入り口までは来たけど声をかけづらいって場合は
電話をかけましょう。
駐車場のジム側に落っこちてる看板に電話番号が載ってるぞ!(経験者)
皆さんの練習 シャドウボクシング
(鏡の前でフォームもチェックだ)
ロープスキッピング
(ボクサーに縄跳びは必須アイテムだ)
腹筋
バーベル上げ
サンドバッグ
リング上でスパーリングとかミット打ち
3分単位 1ラウンド3分ごとにゴングが鳴ります。
残り30秒にプォーとお知らせの音が。
縄跳びの時とかはこの音が待ち遠しい……。
インターバルは30秒。
練習音楽 どっかで聞いたことある洋楽が中心。
ダンス系だったりクイーンだったりドゥビドゥビだったり。
たまになぜかB'Zのベスト盤。
用意するアイテム 靴(体育館シューズとか)
縄跳び
ジャージ
タオル
制汗スプレー
衣類消臭スプレーなど……
はじめの一歩 まずは構えとスタンスから。
会長が立ち位置をフローリングの床にチョークで書いて教えてくれます。
攻略ポイント 汗臭さに慣れてしまえばもう仲間入りだ!
ってゆーか、その時点で自分も既に同化。
ジムの風景 壁一面の鏡に向かってそれぞれのシャドウボクシングや
ナワトビに没頭する練習生たち。
そしてそのエリアを抜けた、部屋の真ん中のリングの上でも、
練習生たちがスパーリングやマスボクシングで汗を流している。
更に奥に行くといくつか並んだサンドバッグたちが、
ドスドス激しい音を立てて殴られている……。
夏は外にはアマガエルがいっぱいいます。鳴き声もかなりにぎやか。
私らはやらないけど、ロードワークはたぶん烏川の土手とかなのかな。
会長&トレーナー 会長は気さくで優しいおっちゃんです。
しかしやはり本物のボクサーたちに対してはキビシイ一面も。
テレビ局のボクシング中継番組でもらったみたいなTシャツ姿が多い。
他にこにこ気さくなニイサンってカンジの佐藤トレーナーと、
ボディービル群馬3位のマッチョな兄貴ってカンジの宮沢トレーナーが
いろいろ教えて下さいます。
プロボクサー 篠崎哲也選手 →もと甲子園球児でボクサーというキャラクターが有名。
地元の新聞や大手新聞の地元欄ではよく取り上げられます。
ラクバ・シンも沈めることができなかった粘り強いボクシングで
後楽園ホールに歓声を巻き起こす。不死身の男。
チャームポイントのヒゲはもう伸ばされないのでしょーか?
ある日の高崎ジム 篠崎選手「会長、なんか言ってました?」
トレーナー「えっ?」
篠崎選手 「俺、月間賞取ってるみたいなんですけど……」
トレーナー「えっ、聞いてないよ」
篠崎選手「今日新聞に載ってたんですよ。
スーパーフェザー級の篠崎哲也って……俺のことですよねえ?」
トレーナー「……そりゃそうだろう」
ある日ジムで聞こえて来た会話……。こっそり笑っちゃいました。


2002.12ぐらいまでのジムニュース
★1月8日(月)鈴木将富選手、服部世志夫選手に見事判定勝ち!
★5月5日(土)子供の日。篠崎哲也選手、長嶋健吾選手に判定負け……。
★7月9日(月)小松進一選手、小林秀一選手に7ラウンドTKO負け……。
★8月21日(火)篠崎哲也選手、あのラクバ・シンに判定負け……しかし感動。
★9月4日(火)加藤之敬選手、ヨネクラの佐藤要介選手に祝★3-0判定勝ち!
★9月17日(月)4回戦、新井恵一選手が吉田健太郎選手に祝★2RKO勝ち!
★10月13日(土)関選手、デビュー戦判定勝ち!
★12月8日(土)阿久沢選手、仙台で試合
★12月18日(火)鈴木将富選手と原田選手、後楽園で試合
★12月22日(土)新井恵一選手、古河で試合