冬の森へようこそ・・・

スノーシュー・歩くスキーで行く・・冬の森

 

 

outdoor4.gif (10600 バイト)

 

 

 

ゲレンデを一歩飛び出して・・・・

          山を愛する鉄下駄こと

            長野県の自然観察インストラクターが送る

               冬の森のページです

 

 

forest.jpg (12374 バイト)

ゲレンデスキー・・・・?もちろん最高・・・・・・でも!

最近滑れる期間が短くなってきている・・・と思いませんか

雪・・・雪の森・・・とてもいいですよね、日常を簡単に飛び越えて

本当の別世界か゛そこにはある!

少しでも長く、少しでも広く、いっぱい楽しんでいたい

そこで・・・

おすすめするのが、ネイチャースキーにスノーシュー

クロスカントリーの板やバックカントリーの板を履いて

歩いたり滑ったり・・・

スノーシューや「わかん」を履いてどこでも歩き回る・・・

そこには、動物の足跡や、樹の冬芽や、森の落とし物達が。

 

 

 

snowshoe.jpg (9437 バイト)

 

 

 

 

 

 

鉄下駄の父が履く・・スノーシュー

誰でも簡単に・・もちろん子供でもすぐに歩ける・・

 

 

イベント情報

 

 今年もスノーシューのワークショップを行います

                 第一回目は12/18の予定

 

 

 

2001年分

12/15に歩くスキー・スノーシュー・ネイチャースキーの

講習会を「登姫の会」が黒姫童話館近辺の「黒姫童話の森」で

行う予定です

丸一日の参加で4000円の予定です・・お弁当は各自持参

スノーシュー・クロカンの板のレンタルは2000円。

ネイチャースキーは3000円の予定。

登姫の会は・・・昨年もインストラクターズワークショップを行っている

私も所属する山の会です・・・一緒に鉄下駄と遊びましょ!

 

詳しくは鉄下駄宿情報のページの各宿へ直接お聞きください・・

 

 

 

スノーシューって・・・

  

  スノーシューとは,いわゆる西洋のかんじきでして

  おっと「かんじきとは何ぞや」という南の国の方がいそうです

  かんじきとは,雪国で道なき道を進むときに足に括り付けて使う履物で

  「わかん」とも呼ばれ、昔から重宝がられていたものです

  豪雪地帯の「秋山郷」の暮らしを書いた「北越雪譜」なんかにも

  描かれています

  そのかんじきの西洋版がスノーシューというわけでして・・・

  きっと昔からあったものを簡単に履けて脱げるように改善された

  ものが現在のものだと思います

  そのように簡単に着脱が出来て「ジュラルミン」とかポリプロピレンと

  いう素材のおかげでとても軽くなったので、持ち運びが楽な上に,

  体力のない方でも雪上を簡単に歩けてしまう・・・

  という優れものなんです

  自然観察や雪の上を自由にいろいろなところに言ってみたい

  という方はぜひ一度お試しあれ・・・

 

 

  

鉄下駄冬の森紀行

 

昨春4/28に鍋倉山にクロスカントリーの板をはいて

                      行って来ました・・・・

 

クロスの板で、ブナの谷・ブナの森を上り詰め「ブナ太郎」を

みながら頂上まで!

さすがにエッジのついていない板では登れず、板を脱いで

はい上ったりもしましたが・・・

ブナの森の静けさや神秘さに感動

そして、下りの気持ちよかったこと!

ちょっとクロスの板には急斜面もあったけど・・・

無事に楽しく滑ってきました(^^)

ちなみにメンバーは、登姫の会の事務局長大島氏と二人。

来年はツアーでもくんでみなさんと登ろうかな・・・

スノーシューでもはいて!

 

 

nature ski.jpg (29222 バイト)

 

 

 

 

 

 

黒姫童話の森にて・・・・

 

歩くスキー

・・・クロスカントリースキーは黒姫スキー学校で教えてくれます・・・

レンタルも手配してくれます    

 

 

              top   pagedarumaba.gif (436 バイト)

 

                               スキーのページdab10.gif (780 バイト)