イルミナティ



911の真の首謀者といわれている組織である


  1. イルミナティとは

    イルミナティ(Illuminati)は、現実の歴史、およびフィクションに登場する秘密結社の名称。

    歴史をたどると、フランス革命、アメリカ独立戦争、第一次世界大戦、ロシア革命、スペイン内戦、第二次世界大戦と重要な転換点で「イルミナティ」という秘密結社の影が見え隠れしています。

    陰謀論においては非常に人気があり、現在でも密かに世界へ手を伸ばし影響を与えている影の権力であるとされる。


  2. 目的

    知的能力を実証された人々が世界を治める「世界単一政府」を生み出すこととされている。


  3. メンバー

    英国=ロスチャイルド財閥と彼らの家系。

    米国=ロックフェラー財閥、シフ家、および彼らの系列(バーナード・バルークが代表者)。

    ドイツ=ソールブルクとその系列。

    ロシア=ギンズバーグとその系列。

    フランス=ロスチャイルド財閥とその系列。

    日本=三井財閥とその系列。


  4. 悪魔崇拝「イルミナティ」

    「イルミナティ」という意味は、「光を与える、光から来たもの」といった本来の意味がありますが、この言葉の中にこの組織の秘密が隠されています。彼らはその「光」とは神からのものであると主張し、その照らしとイニシエーションによって、その宗教的秘儀をまっとうします。実はその「光」が問題となります。なんと、イルミナティの光とは「ルシファー」を表わしています。ルシファーとは聖書におけるサタン、それも悪魔の王として描かれており、旧約聖書によればかつて光の天使として絶大な力を持っていましたが、その力を過信して自らが神になろうとして地獄に落とされた「堕天使(サタン)」というわけです。彼らの主張する光とは、そのルシファーからの光、つまりルシファーを「神」として崇め、秘儀を行っています。

    当然のことながらこのことは彼らのトップシークレットであり、表向きでは、キリスト、マホメット、ブッダなどの上位に立つ「神を礼拝していると主張します。その彼らの崇拝するルシファーのことは、新約聖書で「666」、悪魔を表わす数字として表現されています。ところが、メーソンにとってこの数字は悪魔の数字ではなく、むしろ聖なる数字として崇められています。

    例を挙げると、アメリカのメーソンのドンであるロックフェラーの所有するニューヨーク五番街のビルには、666の数字がビルの入口と頂上に明記されていて、しかも夜ともなれば、この666の数字がピンクのネオンサインとなって、ニューヨークの夜景に浮かび上がっています。

    ヨーロッパのメーソンのドンであるロスチャイルドの所有するビルも同じです。そのビル内には、マニアとも言えるほどの666がディスプレィされているほどです。


  5. ヨハネの黙示録

    また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、 すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、 物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の 数字のことである。ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。 その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。 「ヨハネの黙示録第13章16〜18節」


  6. 反キリストの世界統一政府のシステム

    あらゆる階級の人々の右手あるいは額に入れ墨のような刻印を押し、その刻印のない者には者を買うことも売ることも許されなくなるといいます。いわば、この刻印のない者は生きていけないということです。それが意味するものは、世界を政治的、経済的、宗教的に支配した反キリストは、全ての人間の右手か額にナンバーを付け、国民総背番号制度のような形の社会主義的独裁制にもっていくということです。その元になる数字が「666」となっています。


  7. イルミナティの悪魔手信号

    このサイトを参考に




TOP