新聞の記事


走打に自身たっぷり赤田将吾3塁手

昨年夏の県大会では、先輩を押しのけて4番に座った。
秋の九州大会では2本塁打を放つなど、大物ぶりをアピールした。
鹿児島県出身。小さい頃から父重信さんとマンツーマンで
野球に取り組んでき、「巨人の星みたいだった」と言う。
中学時代はエースで4番。鹿児島県大会で優勝したこともある。

打率4割3分6厘でチームの首位打者。鋭いスイングで
ボールをたたきつけるように打つ。
「冬場の筋力トレーニングで体力が付き、さらに飛距離がましたよ。」
と小川監督も満足そう。足も速く盗塁数9はチームで2番。
パワーヒッター、俊足と竹島誠主将と似たところがおおく
「追いつき、追い越せ」と目標にしている。
「甲子園では大きなホームランを打ちたい。」
抱負も竹島主将と同じだ。



赤田地元デビュー代打で遊ゴロ ‘00.4.19南日本新聞

昨年入団した赤田将吾内野手(大崎町出身)は、
プロ入りして初の地元での戦い。
高校は日南学園(宮崎)だけに
「鴨池球場は中学のとき以来で懐かしい。
家族と知人が応援に来ているので
出番があればヒットを打ちたい。」
アップから引き揚げるベンチ裏の廊下では同期松坂投手から
「よっ、地元の星」
と声を掛けられて、小突きかえして戯れるなど
仲のいいところを見せていた。
7回表、先頭打者に代打で登場。
4球目のチェンジアップをたたきショートゴロに終わった。
うつむき気味にベンチに帰る姿にスタンドからは
「頑張れー」
の声も。赤田は
「すごい歓声でうれしかった。第2戦も出場できれば今度こそ打ちたい」
と燃えていた。



赤田選手がプロ入り初のホームランを打った翌日の記事です。


初球をズドン

これが若さの特権だ。
「何も考えていません。ひらめきです」
わずか1点のリードで迎えた8回だ。1死2塁で代打・赤田が
下柳の初球の122キロスライダーを思いっきり振り抜いた。
「完璧だったので絶対に入ると思いました。
最高ですね。やったー って感じです。」
左翼席中段へのプロ入り1号2ラン。松坂の故障で重苦しい
雰囲気だった三塁側ベンチだが、松坂の同期入団の19歳の
一撃で活気を取り戻した。
「ベンチ裏で治りますようにって足を触ったんです。」
2回松坂が降板するとベンチ裏で負傷した右足首を懸命にさす
った。チームで唯一気兼ねなく話のできる相手だけに、自分の
ことのように心配だった。だからこそチームの非常事態に出た
一発がうれしかった。
98年度ドラフトで1位・松坂に続く2位指名で入団。昨年は
終盤に1軍昇格を果たし、今年春野キャンプも1軍スタート。
しかし、右肩痛で2軍落ち。
「大きなチャンスを逃したな」
期待が大きかったぶん、東尾監督の言葉も厳しかった。
「悔しくて情けなくて。早く治すしかないですから。」
右肩の治療に専念し、開幕前に1軍昇格。この日も午前中に所沢
の室内練習場で打撃練習をしてから球場入りと必死だった。
「あいつもふっきれたんじゃないの。持ち味がいいところで出たよ。
玉野も疲れてきたし(スタメン)考えないとな。」

東尾監督も松坂ショックを払しょくし、連敗を2で止めた若武者を
誉め上げた。10勝目を挙げて同率首位に浮上。
「ダイスケは回復が早いからすぐに戻ってきます。」
松坂が復帰するまでは首位の座は守る。傷ついた親友に赤田は力強く
約束した。




2001年のキャンプ初アーチの翌日の新聞です

左翼への一撃は衰えることなくスタンドまで伸びた。
8回2死からとび出した1号ソロ。
3年目の赤田は喜びをかみしめながらダイヤモンド1周した。
「あの感触は久しぶりでしたね。完璧でした。」
今年は飛躍を期待されながら前日は4打数無安打におわった。
同室の2年目大島がチーム1号アーチをかけ
ケータイ電話でお祝いメッセージを受ける姿に
「自分が腹立たしかった。どうして負けてるんだよ、って。」
イラダチを感じたと言う。



ホームにもどる