〜高校時代〜




高校1年秋 県大会準優勝 九州大会優勝
神宮大会1回戦

高校2年春 選抜大会

対戦校打数得点安打打点
宇和島東
平安

2試合とも5番でサードを守っていました。

県大会、九州大会ベスト4

高校3年春 県大会ベスト4
   夏 県大会優勝

選手権大会

対戦校打数得点安打打点
愛工大名電
平塚学園
明徳義塾

8月6日  
1回戦第2試合 14:02〜16:23

日南学園
愛工大名電

地方大会での打率が4割を超える赤田選手は夏の
甲子園の初戦から長打を放った。
「打った瞬間、カシャッという感じ」
という当たりはフェンス直撃の中超え二塁打になった。
試合後には
「2打席目の4球から小宮球はよく見えていた。」
という余裕の発言もあった。


8月14日  
2回戦第3試合 14:50〜17:28

 
日南学園
平塚学園

「投手が頼りないので取れるだけ撮らなければ
とがんばりました。」
と語る赤田選手があわやサイクル安打達成
の大活躍をみせた。
あと本塁打でサイクル安打達成だった。
後に赤田選手はこの時のことを
「8打席連続出塁の新記録とサイクル安打
どっちを狙おうか迷ってたんです。
欲が出ただっかりにどっちもパァでした。」
と話している。


8月18日 
3回戦第2試合 11:00〜13:12

日南学園
明徳義塾×

明徳の先発は高橋(現・ヤクルト)で」決まりだろう
という戦前の予想をくつがえしてマウンド
に上がったのは寺本(現・ロッテ)だった。
前2試合で合計30安打という強打の
日南学園を完全に封じ込めた。

第3回アジアAAA野球大会 ベストナイン受賞
国体出場


ホームへ戻る ライオンズ入団後

<西武ライオンズファンブック、輝け甲子園の星>