全国アームレスリング道場・訪問日記
市川道場(神奈川県)

2003年2月22日(土)
 第1回ちゃぶ腕合宿に参加してきた。

 場所は市川道場を借りて。 市川道場の人も何人か来てたし良い練習になった。


 「ちゃぶ腕」っては、なんでこういう名前がついたのかは、ちょっとわからんが(^^;)、簡単に説明すると、ネットで知り合ったアーム仲間で集まって、一緒に練習会をしようっていう仲間である。

 あと、合宿っていっても、練習会をして、そのあと打ち上げをしただけだが(^^;)


 前にも書いてると思うが、普段練習できない人達と練習することは、ホントに為になる。

 それと、こういうふうに色々な人との「出会い」は、アームのやってて良かったな〜って思うことの1つだし。


 ところで少し前に、ネットで知り合って、集団自殺をした人がいたとかって、ニュースでやってたが、なんだかね〜・・・・

 せっかくの便利なインターネットなんだから、今回のちゃぶ腕合宿のように、良い方向に使えばいいのにって思うのだが。


 でも、今回の練習会で、この前の右手首に続いて、今度は左肘を痛めてしまった(ToT)

 がっちりで長時間もみあってたのだが、もっていかれたときに、左肘の内側のあたりが「ブチッ!!」って鳴った(ような感覚?)のだ。

 その直後は、腕を動かしても大して痛くもないのだが、時間が経つにつれて、段々痛くなってきて、夜の打ち上げの時には、動かすと結構痛かった。


 確か過去にも2回、同じように肘を痛めたことがあったと思う。
 1回目は1999年の、チャックウィルソンのアームレスリング大会で、チャックと組んだ時。

 そして2回目は、2年前の8月の、青森での大会の時である。

 1回目の時は、どれくらいで治ったのか憶えていないが、2回目の時は、過去の日記によると、どうやら1〜2週間で治っていたようである。

 この前は右手首を痛めたし、最近なぜか怪我が多い。
 気をつけなければ。


  トップに戻る