11月17日(日) 65.6kg 9.8%
 「第3回太斎杯アームレスリング大会」

 ついに第3回を迎えた、太斎杯。ちなみに、第1回は今年の3月23日。 第2回は5月26日に行われたのだが、この2回はどちらも、ほとんど身内だけの参加者しかいなかった。

 しかし、今回は新潟や、福島や気仙沼などの、他のところで練習してる人達も集まってくれて、今までで最多人数になり、内容的にも見てるだけでも面白い大会になった。

 今回は合計27人が参加して、大体75kgを目安に重量級と軽量級に分けて、トーナメントで試合をすることになった。

 本来は軽量級でも、一部の強い人達は、重量級にも出てたりしたけど。俺は軽量級左右に参加した。



 まず右ー75。18人が参加。
 初戦でいきなり、新潟の加賀田さんと、宮城の小梨さん兄の優勝候補同士の対戦。
 小梨さん兄もかなり強いのだが、おそらく加賀田さんには、勝てないだろうと思っていたのだが、なんと小梨さん兄が勝ってしまった。これにはかなり驚いた。

 俺の1回戦は、新潟の青山さんと。とりあえず順調に(?)勝ち。
 2回戦は、小梨さん弟に勝った、気仙沼の菊田さんと。菊田さんには、この前(10月)の中村ジムでの練習会の時に、後半結構つけられていたので、この日はリベンジを果たすことが出来た。

 そして3回戦。相手は気仙沼の強豪・信さんを、ストラップで倒して勝ち上がってきた井上さん。
 俺もストラップの勝負になった。そしてスタートで少しもっていかれたが、逆転勝ち。これで本戦決勝まで勝ち上がってしまった。

 まあ自分で言うのもなんだけど、はっきり言って、組み合わせが良かった。
 加賀田や、日下さん、小梨さん兄、匠さん等の強い人たちが皆、俺と反対側のブロックに入ってて、潰しあいをしていたのだ・・・

 今度の全日本でも、こんな感じの組み合わせだったな〜っなんてことは置いといて、決勝の相手は、いつも一緒に練習してる匠さんとの同門対決となった。

 いよいよ本戦決勝。しかし、スタートを止められずに、一気に持っていかれてしまった。これで、3以内は確定で、誰が敗者復活で上がってくるのかってことに。



 敗者復活は、結局加賀田さんが、いよいよ本領発揮したようで、勝ち上がってきた。で俺と勝ったほうが、最終の決勝へという試合。
 手がはずれて、ストラップになったのだが、ストラップであっさり負けてしまった。

 でもとりあええず、ストラップになっただけでも、少し満足だったかな。去年の東北大会で負けた時よりも、実力差が縮まってるように感じたし。

 結局、決勝では、加賀田さんが、匠さんから2本とって、日本チャンプの実力を見せた。さすがである。



 次は、左ー75。参加者は右と同じく18人。
結局俺は、本戦は、東日本チャンプの小梨さん兄に負けて、敗者復活では右に続いて加賀田さんに負けて、5位か6位くらいだった。

 でも左は、攻める方向がわかったような気がしたし、加賀田との試合でも一ファールをとったたりして、かなり惜しかったりと、今後につながる試合だったと思う。



 その後は、ヘビー級の観戦。仙台、岩沼、気仙沼、福島、新潟などのそれぞれの強豪の試合は、かなり面白かった。
 驚いたのが、加賀田さんが、軽量級でありながら入賞してたところ。軽量級でも試合をしたばっかりだっていうのに。相変わらず恐ろしい強さだった。


 試合後は、そのまま練習会をした。普段あまり組めない人達と練習できて、面白かったしタメになった。
 そのあと打ち上げをして、楽しい時間を過ごした。

 今年は、実際の大会は、東日本しか出てなかったので、1ヶ月後の全日本に向けて、かなり良い調整になったと思う。試合勘っていうようなのも、戻ってきた(?)と思うし。
 色んな地域の人達との交流も深まったし、非常に充実した1日になったと思う。