12月15日(日)
「第20回全日本アームレスリング選手権大会」 大会当日・試合 (その1)

 いよいよ、大会当日。いつも6時頃起きてたので、この日も6時頃に目が覚めてしまった。
 少しメシを食って、また少し休んで、9時15分頃、会場へ向かった。

 会場に入って、パンフを見たら、俺が出るー60は、左は24人、右は42人がエントリーしていた。
 やはり人数的にも、左の方がチャンスかな〜って思った。この時点では・・・


 ここの会場はでの全日本は、俺は初めてだったが、去年や一昨年の会場と違って、寒くなくて、良いかなって思った。
 でも観客席がちょっと少ないような。選手の居場所がないだろ〜って。
 それでも、観客席からは、ステージが見やすくて、良いような・・・


 開会式前には、宮城県の人でも久しぶりに会った人や、他県の選手達と挨拶や、話をしたりしてた。
 それにしても、アームの知り合いが、かなり増えて来たものだ。非常に良い事である。


 開会式が終わって、各階級の試合が、レフトハンドから始まった。俺が出る−60は、少し後からのようなので、他の階級の試合を見てた。

 主に宮城の選手や、知ってる選手の試合を見てたが、宮城勢は、あんまり勝ってなかったようだった。
 やはり、思った以上に、かなりレベルが高いようだ。


 結構時間が経って、やっとー60レフトが始まった。トーナメント表を見たら、俺の1回戦の相手は、去年このクラスで3位の東海さん。初戦から強敵である。

 
対東海さん・その1

 セットアップで、手を握った感じ、かなり手が厚いし嫌な感じ。これはヤバイかな〜って思った。



   
対東海さん・その2

 「ゴー!」で、一気に噛まれた。
そして、あっさり負けてしまった(ToT)

 はっきり言って、ショックだった。
 あとから思ったのだが、どうやら、背中がまったく使えてなかったようだった。
 あと握りも、まったく甘かったか。


 本戦は、この東海さんや、正木さん、関塚さん、草加さん、辻本さん・・・等の強豪選手が出場している中、大西さんと、光本さんで決勝。
 結局、昨年このクラス2位の光本さんが、まず決勝進出を決めた。


 次は敗者復活。
 去年の全日本(レフト・−65)でも、本戦ではすぐに負けたが、敗者復活では、不戦勝を含めて一応、3勝している。
 このままで終わるわけにはいかない


その2へ


トップに戻る