5月23日(日)
「第2回オール東京アームレスリンング選手権大会」 その1

 3月のモンスター道場杯に続いて、今年2回目の大会。

 モンスター杯の時は、宮城からの参加者は俺一人だけだったので、高速バスで行ったが、今回は宮城から5人が出場(下道さんは大会には出ず)して皆で、一台の車で行った。

 皆でまとまって行くと、交通費も大分安くすむし結構早く着いたし、やはり何かとお得である。


 今回俺がエントリーしたのは、オープンクラス−70kg級のレフトのみ。

 右肩がまだ完治してないので、初めて左だけでの出場になった。


 レフトー70kgの参加者は12人。

 1回戦はスタートが上手くいき、勝ち。


 そして2回戦の相手は、去年の秋の全日本でも対戦し、負けている関塚さん。

 ガッチリ勝負ではまず勝てないと思ったので、とにかくスタートに集中した。


 スタートの反応はまあまあ良かったと思ったが、俺の肘がパットから出てしまい、1ファール。

 しかしこの時、俺が攻めてはいたがパットに付けるところまでは行かず、しかも、噛まれてガッチリの状態に入ってしまっていた。


 次もスタートに集中した。 しかし再び噛まれて止められ、ガッチリ勝負ではやはり勝てなかった。


 本戦決勝でも関塚さんが鈴木さんに、やはり噛みで勝って無敗で勝ち抜けた。


その2へ