2004年7月25日(日)
「第3回オールジャパンアームレスリンング選手権大会」
(兼、世界アームレスリング選手権大会 日本代表選手選考会) その1

今回の会場は、栃木県総合文化センターという所。

 アームの大会が行われるのは初めてだと思うが、席からステージが見やすくてなかなか良い会場だったかな。

 ただ、選手達が座る席が少なかったのがちょっと困ったか。


 試合はA−2のレフトから始まった。

 そしてA−2ライトと続き、その後A−1レフトが始まった。

 今回俺が出るのはA−1レフトのー65kg級のみ。


 出場メンバー殆どが知ってる人だった。 大分知り合いが増えてきたもんだ。

 個人的な予想では、やはり関谷さん、ガムシャカブルーこと(?)新井さん、群馬県の関塚さんあたりが有力なところかと思ったが・・・


 一回戦の組み合わせは、関谷さんVS秋田の近藤さん。

近藤さんは去年11月の東北オープン大会で、右は−63kg級、左はー78kg級で左右とも2位になっている。

 秋田の人が言うには、ガッチリだと青森の関下さんに近いものがある(左)という話である。


 ゴーの瞬間に、2人とも同じくらいのスタートを切ってたように見えたが、勝ったのはなんと近藤選手。

 会場がかなり沸いてた。

 周囲の予想に反して元世界チャンピオンを破ってしまった。



 俺の初戦の相手は腕'sの青柳さん。

 過去にも対戦し、負けている相手だ。

 
対青柳さん その1


 最初の握りが嫌な感じだった。

 思いっきりスタートを切った。


対青柳さん その2


 手が外れてストラップに。


 そういえば、前回負けた時もストラップになっていた。


対青柳さん その3


 再びスタートを切ったが、通用せず負けてしまった。

 そういえば、ストラップの練習をやろうと思ってたけど、あんまりやらなかったっけ(ToT)


 その後、青柳さんVS近藤さんの試合があった。

 またしてもストラップ戦になり、青柳さんの勝ち。

 結局決勝でも青柳さんが新井さんを、やはりストラップ戦で倒し、無敗で決勝進出を決めた。

その2へ