2005年6月12日(日)
「第4回オールジャパンアームレスリンング選手権大会」 その1

 朝5時に起きて大会へ行く準備をした。

 今朝の体重は65.4kg。 今回は思ったよりも体重が戻ってないかな。


 今日も下道さんのところに集合して、7人で宇都宮へ向かった。

 台風一過で快晴のところ、快適に高速道路を飛ばしていた一行だが、那須高原を過ぎたあたりで突然「ボンッ」という音と共に白い煙が!!


 車を路肩に止めて調べてみたところ、どうやらオーバーヒート(?)だったようだ。


故障部分?

 一旦止めたエンジンを再び掛けようとしても掛からない。

 たまたま少し後ろを道路公団の車が走っていたようで、高速でレッカーを呼ぶよりも矢板ICまで車を押して行って一旦高速を降りた方が良いよ、とのこと。

 次の矢板ICまでは、丁度1km。

 大会の受付まであまり時間がないし、言われたとおりにすることにした。



車を押す「剛腕Tシャツ軍団」
(もちろんこの軍団の後ろには、危険回避の為に道路公団の車がついて来ている。)

 勾配の激しいところだったので、登りは結構きつかった。

 しかし下りでは、車をまったく押さなくても進んでいった。

 なので↓こんな状況に・・・・


高速道路の路肩を走る謎の軍団


傍から見たらかなり異様な光景だったろうな〜(^^;)


中間地点。あと500メートル



アーム大会会場へ走って向かう選手達?  関沼選手がトップに踊り出た!?  いや、写メを撮ってる俺がトップか?


 皆汗だくになりながら、やっと矢板ICを出た。

 たまたま、今日の大会を観戦しに来ようとしてた人達が2組いて、2台とも少し後ろを走っていた。

 おかげで、なんとか試合開始前に大会会場に着くことが出来た。


 一時はマジで大会に出られなくなるんじゃないか、とかなり焦った。

 高速道路の路肩で車をおしたり走ったりなんて、おそらくもう2度とないことだろう。



会場の様子

 試合は、まずAー2リーグから始まった。

 一緒に行ったメンバーからは3人が出場した。

 なんとそのうち2人がそれぞれ1敗しながらも敗者復活戦を勝ち上がり、決勝戦出場を決めた。

 
Aー2リーグ 60kg級 岩佐選手

続いて宮城の若手(?)のホープ?、大文(だいもん)選手が出場する全日本ジュニアが行われる。

その2へ