TOP | 居合道とは │ 必要なお道具 │神伝流業一覧  │リンク 


居合道とは?

居合道とは、立会いに対する言葉で、昔は流派によって 「居相(いあい)」 「抜合(ぬきあい)」 「座合(ざあい)」 「抜剣(ばつけん)」 「鞘の内(さやのうち)」 「利方(りほう)」 「抜刀術(ばっとうじゅつ)」 など、いろいろ言われていたが、いずれも敵の不意の攻撃に対して、一瞬をおかずに刀を抜き、敵に乗ずる隙を与えないで勝つ剣技である。
居合の起源は、古くは奈良朝あるいは平安時代初期に芽生えたとするが、一般的には、戦国時代に考え出された刀術で、始めは戦場において槍は薙刀などを、折られたり、切り落とされたりしたときに、とっさに腰の太刀あるいは短刀を抜いて敵に応じるために工夫された技が、やがて剣道と同じように研究発達して、各武術の組形の中に取り入れられるようになったとされている。

               スキージャーナル社 「新版 全日本剣道連盟居合」より


TOP

管理人のHP