京都籃球物語
1913年 大正2年 アメリカから来日したF.H.ブラウン氏が関西のYMCA(京都・大阪・神戸)を指導。ここで初めて日本にバスケットボールが紹介され、当時、バスケットボールを関西では籃球(らんきゅう)と呼んでいたそうです。
k.s.M.t.a.
長男“K” 次男“S” 長女“M” 三男“T” 四男“A”の5人のお話。子供たちは、それぞれ小学校からミニバスを経験しました。四男“A”が高校でバスケットをやっています。子供たちは、ミニバスに出会いそしてバスケットボールに出会ったことで素晴らしい経験を持ち、保護者である私も人生の中で本当に楽しい時間を持っています。
since 2003.08.15