2004Cリーグ 試合速報

 

中国プレミアリーグ19節:深ぜん健力宝勝利、首位堅持

 【速報】中国プレミアリーグの試合は11月4日に各地で行われ、中国代表DF鄭智率いる深ぜん健力宝は、アウェーで四川冠城に1−0で勝ち、勝ち点37で首位堅持。

 中国プレミアリーグ19節の試合結果

 四川冠城 0−1 深ぜん健力宝
 重慶力帆 1−1 上海国際
 山東ル能 4−1 沈陽金徳
 遼寧中誉 3−1 青島頤中
 北京現代 1−0 大連実徳
 上海申花 4−4 天津康師傅


中国サッカー危機、トラブルが頻発

 【速報】大連実徳10月24日、瀋陽金徳との試合途中に審判誤審の理由で、再び放棄試合になった。

 10月23日の北京現代−天津康師傅戦では、スタンドから投げ込まれたビンで副審が頭部を負傷して退場、試合が中断した。また、上海申花と上海国際の「上海ダービー」では、ハーフタイムに国際の副総経理が主審に暴行した。これに中国サッカー協会側は激怒。一連不祥事で、計6人が罰金と出場停止処分になった。

 リーグ離脱の構えで「民営化」まで要求したクラブ側は、民間も参加する改革委員会設置などの中国サッカー協会執行委員会の決定を受け入れた。また、クラブ側は八百長試合、審判買収事件や闇賭博にも、一定の責任を認めた。中国サッカー危機は、一時回避した。

 中国プレミアリーグ18節の試合結果

 深ぜん健力宝 0−1 天津康師傅
 北京現代 3−0 上海申花
 青島頤中 1−1 大連実徳
 沈陽金徳 1−3 遼寧中誉
 上海国際 2−1 山東ル能
 四川冠城 0−0 重慶力帆

 中国プレミアリーグ17節の試合結果

 重慶力帆 1−1 深ぜん健力宝
 山東ル能 1−2 四川冠城
 遼寧中誉 2−1 上海国際
 大連実徳 0−3 沈陽金徳
 上海申花 0−1 青島頤中
 天津康師傅 3−0 北京現代


中国サッカー界激震、7クラブが独立リーグ提案

 【速報】大連実徳、北京現代など7クラブは10月22日、経営悪化、審判汚職、八百長事件、偽劣試合など理由で、出資会社自主経営型の独立プロサッカーリーグを提案し、中国プレミアリーグの残る試合はすべて延期するなどを要求した。中国プレミアリーグは経営赤字、クラブ出資会社がチームから手を引くか、引かないかという瀬戸際に立たされていた。中国プロプレミアサッカーリーグは、現在激しく存続危機に陥っている。

 大連実徳、北京現代など7クラブの提案を受け、中国サッカー協会は10月26日、理事会を行われた後、クラブ出資会社代表会議を開き、意見交換予定。しかし、中国サッカー協会は経営改革を支持しているが、クラブ出資会社主導型の独立プロサッカーリーグの設立に反対しているので、事態を収拾できるかどうか不明。

 中国プレミアリーグ16節の試合結果

 深ぜん健力宝 2 - 0 北京現代
 青島頤中 0 - 1 天津康師傅
 沈陽金徳 1 - 1 上海申花
 上海国際 1 - 1 大連実徳
 四川冠城 6 - 3 遼寧中誉
 重慶力帆 4 - 0 山東ル能


中国サッカー界激震、7クラブが独立リーグ提案

 【速報】大連実徳、北京現代など7クラブは10月22日、経営悪化、審判汚職、八百長事件、偽劣試合など理由で、出資会社自主経営型の独立プロサッカーリーグを提案し、中国プレミアリーグの残る試合はすべて延期するなどを要求した。中国プレミアリーグは経営赤字、クラブ出資会社がチームから手を引くか、引かないかという瀬戸際に立たされていた。中国プロプレミアサッカーリーグは、現在激しく存続危機に陥っている。

 大連実徳、北京現代など7クラブの提案を受け、中国サッカー協会は10月26日、理事会を行われた後、クラブ出資会社代表会議を開き、意見交換予定。しかし、中国サッカー協会は経営改革を支持しているが、クラブ出資会社主導型の独立プロサッカーリーグの設立に反対しているので、事態を収拾できるかどうか不明。

 中国プレミアリーグ16節の試合結果

 深ぜん健力宝 2 - 0 北京現代
 青島頤中 0 - 1 天津康師傅
 沈陽金徳 1 - 1 上海申花
 上海国際 1 - 1 大連実徳
 四川冠城 6 - 3 遼寧中誉
 重慶力帆 4 - 0 山東ル能


中国プレミアリーグ15節:深ぜん健力宝首位堅持、大連実徳連勝

 【速報】中国プレミアリーグの試合は10月16日に各地で行われ、中国代表DF鄭智率いる深ぜん健力宝は、アウェーで山東ル能と1−1で引き分け、勝ち点30で首位堅持。

 中国サッカーリーグの大連実徳は、中国サッカーリーグの経営改革案を発表。中国サッカー協会は10月18日、中国サッカーリーグの理事会を開き、経営状況開示など5科目を含む改革案を議論した。中国サッカー協会は「有意な議論」と評価。

 中国サッカーリーグの経営権は中国サッカー協会からサッカークラブ側に移る可能性が高くなった。

 山東ル能 1−1 深ぜん健力宝
 遼寧中誉 3−0 重慶力帆
 大連実徳 5−1 四川冠城
 上海申花 3−2 上海国際
 天津康師傅 3−0 沈陽金徳
 北京現代 2−0 青島頤中


中国プレミアリーグ14節:中国リーグ波乱、北京現代が試合放棄

 【速報】中国プレミアリーグの試合は10月2日に各地で行われ、中国代表DF鄭智率いる深ぜん健力宝は、アウェーで青島頤中に1−0で完勝、勝ち点29で首位堅持。

 北京現代は、審判PKの判定に対して、不満を噴出し、チーム全員が自主退場した。中国リーグは前代未聞の波乱を起した。中国サッカー協会は、正式コメントを発表していない、批判を浴びている。

 サッカーリーグの規定より、北京現代は沈陽金徳に0−3で敗れた。追加処罰については、規律委員会で決定される。

 深ぜん健力宝 1−0 青島頤中
 沈陽金徳 0−3 北京現代(判定負け)
 上海国際 3−0 天津康師傅
 四川冠城 1−1 上海申花
 重慶力帆 0−2 大連実徳
 山東ル能 3−1 遼寧中誉


中国プレミアリーグ13節:深ぜん健力宝首位堅持、大連実徳2勝

 【速報】中国プレミアリーグの試合は9月29日に各地で行われ、中国代表DF鄭智率いる深ぜん健力宝は、アウェーで遼寧中誉に2−1で完勝、勝ち点26で首位堅持。

 試合結果

 遼寧中誉 1−2 深ぜん健力宝
 大連実徳 1−0 山東ル能
 上海申花 1−1 重慶力帆
 天津康師傅 1−1 四川冠城
 北京現代 2−0 上海国際
 青島頤中 1−0 沈陽金徳



中国プレミアリーグ12節:大連実徳5発、快勝

 【速報】中国プレミアリーグの試合は9月26日に各地で行われ、中国代表FWハオ・海東率いる大連実徳は、アウェーで大連実徳に5−1で完勝、3位にあがった。

 試合結果

 深ぜん健力宝 0−0 沈陽金徳
 上海国際 1−0 青島頤中
 四川冠城 3−2 北京現代
 重慶力帆 1−1 天津康師傅
 山東ル能 2−1 上海申花
 遼寧中誉 1−5 大連実徳


中国プレミアリーグ11節:山東ル能快勝、2位

 【速報】中国プレミアリーグの試合は9月19日に各地で行われ、中国代表FW李金羽率いる山東ル能は、ホームで天津泰達に3−1で勝ち、5勝3引分3敗、勝ち点18で2位にあがった。

 試合結果

 大連実徳 ― 深ぜん健力宝(ACL2004のため、延期)
 遼寧中誉 5−2 上海申花
 山東ル能 3−1 天津康師傅
 重慶力帆 0−0 北京現代
 四川冠城 1−1 青島頤中
 上海国際 3−1 沈陽金徳


中国プレミアリーグ10節:深ぜん健力宝1−0上海国際、首位堅持

 【速報】中国プレミアリーグの試合は9月15日、16日に各地で行われ、中国代表DF鄭智率いる深ぜん健力宝は、ホームで上海国際に1−0で勝ち、6勝4引分1敗、勝ち点22で首位堅持。

 深ぜん健力宝 1−0 上海国際
 沈陽金徳 4−0 四川冠城
 青島頤中 1−2 重慶力帆
 北京現代 1−1 山東ル能
 天津康師傅 2−0 遼寧中誉
 上海申花 ― 大連実徳(ACLのため、延期)


中国プレミアリーグ9節:深ぜん健力宝2−0上海申花、首位堅持

 【速報】中国プレミアリーグの試合は9月11日、12日に各地で行われ、中国代表DF鄭智率いる深ぜん健力宝は、アウェーで上海申花に2−0で勝ち、5勝4引分1敗、勝ち点19で首位堅持。

 試合結果

 上海申花 0−2 深ぜん健力宝
 大連実徳  ―  天津康師傅 (アジアチャンピオンズリーグため、延期11月7日) 
 遼寧中誉 1−1 北京現代
 山東ル能 1−1 青島頤中
 重慶力帆 1−0 沈陽金徳
 四川冠城 2−2 上海国際


中国プレミアリーグ8節:ハオ・海東1発、大連実徳勝利

 【速報】中国プレミアリーグの試合は6月27日、28日に各地で行われ、中国代表FWハオ・海東率いる大連実徳は、代理監督ハオ・海東率が1発などで大活躍し、北京現代に2−1で勝ち、4勝2引分2敗、勝ち点14で3位にあがった。

 深ぜん健力宝が攻め切れず、四川冠城と1−1で引分、4勝3引分1敗、勝ち点15で首位堅持。

 上海申花は天津康師傅に2−0で快勝、3勝5引分、勝ち点14で2位にあがった。

 試合結果

 深ぜん健力宝   1−1   四川冠城
 上海国際      1−2   重慶力帆
 沈陽金徳      1−1   山東ル能
 青島頤中      1−2   遼寧中誉
 大連実徳      2−1   北京現代
 天津康師傅     0−2  上海申花


中国プレミアリーグ7節:深ぜん首位堅持、山東ル能3連勝

 【速報】中国プレミアリーグの試合は6月19日、20日に各地で行われ、深ぜん健力宝が天津康師傅に2−0で快勝、4勝2引分1敗、勝ち点14で首位堅持。

 山東ル能は上海国際に4−2(前半1−0)で快勝、4勝3敗、勝ち点12で2位にあがった。

 中国代表FWハオ・海東率いる大連実徳は攻め切れず、青島頤中と0−0で引分。連続3試合勝利がないので、「監督の資質があるか」という疑問の声が大連実徳ファンからあがっている。

 天津康師傅  0−2   深ぜん健力宝
 上海申花   2−2   北京現代
 大連実徳   0−0   青島頤中
 遼寧中誉   1−0   沈陽金徳
 山東ル能   4−2   上海国際
 重慶力帆   2−0   四川冠城


中国プレミアリーグ6節:大連実徳敗戦、深ぜん健力宝首位堅持

 【速報】中国プレミアリーグの試合は6月16日、17日に各地で行われ、深ぜん健力宝が攻め切れず、四川冠城と0−0で引分、勝ち点11で沈陽金徳並んだが、得失点差で上回り首位堅持。

 大連実徳は沈陽金徳に0−1で敗れ、4位に後退。山東ル能は四川冠城に2−0(前半1−0)で快勝。上海国際は遼寧中誉に2−1で勝ち、初勝利。

 深ぜん健力宝   0−0   重慶力帆
 四川冠城      0−2   山東ル能
 上海国際      2−1   遼寧中誉
 沈陽金徳      1−0   大連実徳
 青島頤中      3−3   上海申花
 北京現代      2−0   天津康師傅


中国プレミアリーグ5節:深ぜん健力宝首位浮上

 【速報】深ぜん健力宝が先制されたが、前半にカオカス、マジ、イフンの得点で3―1、後半に1点追加(スコア4−1)と北京現代に快勝、勝ち点10で大連実徳と並んだが、得失点差で上回り首位に浮上した。

 大型補強した山東ル能は重慶力に4−1(前半3−0)で快勝、上海国際は先制のリードを守り切れず、大連実徳と1―1で引き分けた。

 北京現代    1−4    深ぜん健力宝
 天津康師傅   1−1    青島頤中
 上海申花    0−0   沈陽金徳
 大連実徳    1−1    上海国際
 遼寧中誉    0−0    四川冠城
 山東ル能    4−1    重慶力帆


中国プレミアリーグ4節: ハオ・海東代一発、大連実徳首位

 【速報】2004年5月29日、30日、中国サッカープレミアリーグ第四節は各地で行われた。大連実徳が四川冠城に2―1で勝ち。1−1の後半29分に、代理監督ハオ・海東は右サイド元中国代表李明からボールを確実に決め、決勝ゴールをあげた。大連実徳は、3勝1敗で勝ち点9にのばし、首位にあがった。

 注目を集まった上海ダービー戦は、1−1で引分。後半44分、上海申花の選手が倒されて得たPKを、上海国際のGK江津、MF祁宏らがこの判定に対して激しい反発し、試合放棄という形で試合中断10分。結局試合再開したが、再開直後に試合終了。

 中国プレミアリーグのルールによれば、試合中断5分以上の場合は、試合放棄と判定されことになり、試合放棄チームが相手に0−3で判定負けという。しかし、上海ダービーの試合は、試合中断10分になったが、審判が試合再開させた。中国サッカー協会の最終判定に注目を集まっていると報道されている。

 上海申花が2勝2引分で勝ち点8に伸ばしたが、2位に後退。

 試合結果

 深ぜん健力宝 2-1 山東ル能
 重慶力帆 0-4 遼寧中誉
 四川冠城 1-2 大連実徳
 上海国際 1-1 上海申花
 沈陽金徳 1-0 天津康師傅
 青島頤中 3-3 北京現代


中国プレミアリーグ3節: 北京現代・黄博文、Cリーグ最年少16歳弾

 【速報】北京現代のDF黄博文が5月26日、北京現代・工人体育場での沈陽金徳戦で「16歳10か月」のCリーグ史上最年少ゴールを決めた。後半25分から途中出場した黄博文は、3―1で迎えた後半44分、ゴール前でセンタリングボールを確実に決め、北京現代が4−1で勝利。

 黄博文は1987年7月31日に生まれ,身長1.77m,体重65kg


中国プレミアリーグ: ハオ・海東代理監督、初采配初勝利

 【速報】2004年5月26日(水)、中国大連人民体育場で、中国サッカープレミアリーグ第三節の大連実徳vs重慶力帆(重慶奇車)戦が行われた。大連実徳が重慶力帆(重慶奇車)に2―0で快勝。ハオ・海東代理監督の初采配は勝利で飾った。

 大連実徳のカサノビッチ監督は第1節0−4(遼寧中誉)で敗戦後、クラブ代表との話し中で契約内容を巡り紛糾、急に帰国した。大連実徳は監督不在の緊急事態になったため、中国代表FWハオ・海東が代理監督に昇格させた。しかし、ハオ・海東は中国サッカー協会発行の監督免許を取得していないので、正式のクラブ監督代理として、登録することはできない。現地の報道によると、ハオ・海東代理監督はベンチでなく、試合に先発出場し、プレイしながら監督の仕事をするという。

 前半40分、大連実徳のFWシリヤケ(emrin silyak )が右サイドからセンタリグボールを確実決め、大連実徳が先制。後半24分、ハオ・海東が右サイドからセンタリグボールを頭であわせゴール、追加点。試合中、ハオ・海東が試合の運びしかたなどに対して指示したという。

 上海申花と四川冠城の試合は1−1で引分、上海申花が2勝1分、勝ち点7に伸ばし、首位堅持。大連実徳は2勝1敗、勝ち点6で2位。

 試合結果

 青島頤中    1−0  深ぜん健力宝
 北京現代    4−1  沈陽金徳
 天津康師傅  2−2  上海国際
 上海申花    1−1  四川冠城
 大連実徳    2−0  重慶力帆
 遼寧中誉    2−3  山東ル能


中国プレミアリーグ:プテン・アルベツ一発、上海申花2連勝

 【速報】中国プレミアリーグは5月22日、23日各地で行われ、上海申花が前半16分にプテン・アルベツのゴールで挙げた1点を守りきり、重慶奇車(重慶力帆)を1−0で破った。

 上海申花のHoward Wilkinson監督(61)が三ヶ月短期契約の満了ともに、再契約しないと発表。日本でプレした元中国代表DF賈秀全が上海申花の監督に就任した。上海申花は2連勝で首位堅持。

 大連実徳は、ハオ・海東の活躍で逆転勝利、山東ル能を3−2(前半0−1)を破った。

 試合結果

 深ぜん健力宝 3−0 遼寧中誉
 山東ル能 2−3 大連実徳
 重慶力帆 0−1上海申花
 四川冠城 1−1天津康師傅
 上海国際 1−1 北京現代
 沈陽金徳 1−0 青島頤中


中国プレミアリーグ開幕:上海申花辛勝、大連実徳完敗

 【速報】中国プレミアリーグは5月15日に新リーグとして開幕した。 昨季の覇者、上海申花と山東ル能の注目カードは、上海申花が山東ル能に2―1(前半1−0)で辛勝。

 上海申花は前半3分、ホンジュラス代表のFWマルティネスのプレミアリーグ初ゴールで先制したが、後半12分に山東ル能の中国代表周海斌のゴールで追いつかれた。しかし、試合終了直前、元ドイツ代表のMFプテン・アルベツがPKを決め、決勝点。

 中国最強クラブと言われている大連実徳は遼寧撫順に0−4(前半0−2)で完敗、黒星スタート。

 試合結果

 沈陽金徳 0―0 深ぜん平

 青島頤中 2−2 上海国際

 北京現代 1−1 四川冠城

 天津泰達 0−0 重慶奇車

 上海申花 2−1 山東ル能

 大連実徳 0−4 遼寧撫順


中国のサッカープロリーグが再編、新リーグスタート

 【速報】中国のスポーツ新聞紙によると、中国サッカー協会はプロの1部リーグが中国プレミアリーグに衣替えし、5月15日に開幕すると発表した。

 中国のサッカープロリーグは、昨年度の甲A、甲B、乙級の主要サッカークラブをプレミアリーグ、甲級、乙級に再編し、トップ12クラブのプレミアリーグ、17クラブの甲級リーグを結成した。

 甲級リーグすでにスタートした。甲級リーグでは、珠海中邦、南京有有、武漢国測 広州日之泉、青島海利豊、河南建業、浙江緑城、東莞東城、 成都五牛、長春亜泰、江蘇舜天、夏門レットライオン、陜西国力、湖南湘軍、大連明珠、西安安沁、深ぜん科健を17チームで構成された。

 甲級リーグでは、元中国代表範志毅所属している珠海中邦が、範志毅の大活躍で7戦全勝勝ち点21、首位に堅持。

 中国プレミアリーグは、沈陽金徳、深ぜん平安、青島頤中、上海国際、北京現代、四川冠城、天津泰達、重慶奇車、上海申花、山東ル能、大連実徳、遼寧撫順を12チーム構成されている。5月15日リーグスタート予定。

 中国のプロサッカークラブは資金難やファンの暴力などの問題も深刻化している。中国協会は「一新されたプレミアリーグにより、中国サッカーの健全で確実な発展を期待する」としている。


2003Cリーグ 試合記事

 

 ◆ 2003甲A全試合記事