《中国代表DF范志毅、イングランド2部のカーディフ・シティーへの移籍合意》


《新浪体育》

  【速報】イングランド2部のカーディフ・シティークラブは11月13日、中国代表DF范志毅が、カーディフ・シティーへ移籍合意を発表した。

   カーディフ・シティーへの移籍理由については、范志毅は「カーディフ・シティーの将来性がある、イングランド1部への昇格に貢献したい。または、チームの監督が、元中国代表監督ロバート・ホートン氏の友人であること」と話した。今季末までのレンタル移籍で、現在、労働許可証の発行を待っている。



《張玉寧 レスターへ移籍ピンチ》




イギリス・レスター市現地(11月7日)のメディア報道によれば、イギリスの就労管理部門はすでに労働ビザを張玉寧に与えることを拒絶した。拒否した理由は明らかになっていないが、張玉寧が中国代表の出場数少ないと見られる。張の労働ビザ再申請することできるですが、レスターが他のFW獲得する情報あったため、張玉寧のレスター移籍はピンチとなった。

 

《張玉寧レスター移籍 近日中にも発表!中国人初プレミア》



《新浪体育》

  中国代表のFW張玉寧(25)=遼寧=が、イングランド・プレミアリーグのレスターに移籍することが28日、明らかになった。中国サッカー紙「サッカー」などが報じたもので、移籍金(半年レンタル料金)は15万ポンド。張玉寧の周囲の関係者もレスターが移籍であることを認めており、近日中にも発表され、11月に英国に渡る。

レスターはこのオフ、前中国代表監督ロバート・ホートン氏(現 四川商務通の監督)が全力推薦したものである。最近、FW決定力不足でレスター連敗最下位が決定的。決定力があるFWに、張玉寧を入れることが指揮官の構想だ。張玉寧に近い関係者はレスターが移籍先の最有力候補であることを認めている。条件的には、まったく問題はないため、正式なオファーが遼寧撫順に届いた段階で交渉はすぐに合意に達する見通しだ。