《韓国平和杯: 邵佳一が先発出場、1アシスト》



【速報】韓国平和杯は7月17日、ドイツの1860ミュンヘンとオランダのPSVの試合を行い、1860ミュンヘンに所属する中国代表MF邵佳一が先発出場し、1アシストした。試合は、4−2でPSVが勝った。

《ブンデスリーガ(5月24日): 邵佳一後半80分から出場不発 》



【速報】ドイツ・ブンデスリーガの1860ミュンヘンは5月24日、ホームでボーフムに2―4で敗れ、最終順位10になった。MF邵佳一は後半80分から出場したが、得点には絡めなかった。

邵佳一はブンデスリーガで3回先発、9回途中出場、合計416分の出場時間である。邵佳一は「来季、自分の力を信じてプレーし、レギュラーを奪取」と話した。



《ブンデスリーガ(5月10日): 邵佳一初ゴール 1860ミュンヘン快勝》



1860ミュンヘン 3−0 コットバス

【速報】ドイツ・ブンデスリーガの1860ミュンヘンは10日、ホームでコットバスと対戦し3―0で快勝し、MF邵佳一は移籍後32節で先発し、初ゴールをあげた。

1860ミュンヘンは前半6分に邵佳一が25メートルのFKを決め、先制ゴール。その後に1860ミュンヘンが2加点。1860ミュンヘンは12勝9分け12敗で勝ち点45とした。

邵佳一は「今までゴールを決められなかった分、自分が決められて本当に良かった」と話した。



お任せ



やる



キックー





ゴール



嬉しい

《ブンデスリーガ(5月3日): 邵佳一先発 1860ミュンヘン勝利》



【速報】中国代表MF邵佳一が所属する1860ミュンヘンは5月3日、敵地でニュルンベルクと対戦。邵佳一は後半19分に交代されたが、1860ミュンヘンが2−1でニュルンベルクに逆転勝ち。中国代表監督アリー・ハーン氏が現地でこの試合を観戦した。

《ブンデスリーガ(4月26日): 邵佳一先発 1860ミュンヘンドロー》



【速報】中国代表MF邵佳一が所属する1860ミュンヘンは4月26日、ホームでドルトムントと対戦。邵佳一は後半開始後から出場したが、試合は0―0の引き分けに終わった。



《ブンデスリーガ(4月19日): 邵佳一途中出場 1860ミュンヘンドロー》



【速報】ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)の1860ミュンヘンは19日、ハンブルガーSVと対戦。MF邵佳一は後半43分に途中出場したが、得点には絡めなかった。結局1―1で引き分けた。

この試合は、アジアの高原、邵佳一初対面となった。ミュンヘンは勝ち点38。



《ブンデスリーガ(3月8日): 邵佳一が連続途中出場、1860ミュンヘン完敗》



ヘルタ・ベルリン 6−0 1860ミュンヘン

【速報】1860ミュンヘンの中国代表MF邵佳一は3月8日、アウエーで行われたヘルタ・ベルリン戦に途中出場したが、1860ミュンヘン完敗。0―5で迎えた後半24分に投入され1本のフリキックーシュートを放ったが、ゴールはならなかった。1人退場者出だ1860ミュンヘンがヘルタ・ベルリンに0−6で完敗。順位は8位に降格。



邵佳一がフリキックーシュート


《ブンデスリーガ: 邵佳一が途中出場》



1860ミュンヘン 0−0 カイザースラウテルン

【速報】サッカーのブンデスリーガは3月2日、23節の試合を行い、邵佳一がホームで行われたハノーファー96戦で途中出場し、ブンデスリーガでの2試合目果たした。邵佳一が後半25分で出場、積極プレーで高く評価を受けた。ハノーファー96の監督は「成長している」と評価。試合は0―0で引き分け。



《邵佳一が地元のテレビ生出演》



【速報】1860ンミュンヘンに入団会した邵佳一は2月3日、有名人しか出演できないといわれている地元人気番組に生出演しました。この番組では司会者の質問に対して、堂々と答えてそつなくこなし、メディアにも好印象を与えた様です。




《ブンデスリーガ: 邵佳一が合格デビュー》


ブンデスリーガ 1860 Munich(1860ンミュンヘン) (0−1)- Hannover 96(ハノーファー96)

【速報】サッカーのブンデスリーガは2月1日、18節の試合を行い、邵佳一がホームで行われたハノーファー96戦で途中出場し、ブンデスリーガでのデビュー果たした。邵佳一の試合時間が後半30分で、積極プレーで高く評価を受けた。ハノーファー96の監督は「リーグ戦プレーの能力があることを証明した」と言った。試合は1860 Munichが0―1で負けた。













《邵佳一初練習、初ゴール!――パクエテ監督大満足》


【速報】サッカーのドイツ1部リーグ、名門1860ミュンヘンへ移籍した中国代表MFの邵佳一が1月22日、初練習で初ゴールを決め、着実に力をアピールした。パクエテ監督大満足。

初練習後、パクエテ監督は「いいプレーをしたが、2−3週の調整が必要」と明言。25日再開のリーグ戦にスタメンは微妙になった。

邵佳一のユニホームの番号はエース「8」と決定。1860ミュンヘンの関係者の話よれば、彼が結果を出せば、中国のマーケットにも目を向けることになる。





《曲波はフェイエノールへの移籍消えた》



【速報】曲波はカタール病院で精密診断を受け、骨折と診断された、フェイエノールへの移籍が消えた。 16日付けのフェイエノールHPと報じられた。曲波の海外挑戦が連続失敗。



《下交渉好調…“曲波移籍”へ》


【速報】中国代表FW曲波(21)に対して正式オファーを出しているオランダ・フェイエノールと、曲波の所属する青島頤中クラブ間交渉は1月10日にオランダで行われた。下交渉が好調で、曲波移籍の可能性高くなったことが分かった。





《邵佳一1860ミュンヘンレンタル移籍”》



【速報】中国代表MF邵佳一(22)が北京国安からドイツ・ブンデスリーガの名門1860ミュンヘンに移籍することが7日、決まった。この日、来中した1860ミュンヘウェエ・モサ会長代理と北京国安の李健一会長が同日午前8時半、北京市内で移籍交渉し、合意に達した。4年半のレンタル契約で、移籍金は130万ユーロ(約1億6000万円)(推定)。

邵佳一は海外遠征から帰国し、年俸などについて、1860ミュンヘンサイドと交渉。1月25日に再開するリーグ戦出場を目指す。

1860ミュンヘンのウェエ・モサ会長代理、ドフナーGMが交渉のため来中、6日話し合いは、深夜までの7時間交渉となった。移籍金などの金額が全く折り合いがついていない。5万ユーロの移籍金額に対して、北京国安側は難色示す、白紙の状態となった。

しかし、7日朝8時半、ウェエ・モサ会長代理の要請で、北京国安の李健一会長との会談を実現。10時過ぎに北京国安の馬氷GMが報道陣に対して「交渉は合意に達した。邵佳一は1月には間違いなくドイツに行く」と語った。

契約内容は4年半のレンタル移籍で、移籍金は約130万ユーロ。途中他のクラブ移籍する場合についての配当額は、一年目で70%(国安)と30%、二年目で60%と40%、三年目で50%と50%と約束した。さらに、両クラブが業務提携を結び、選手とコーチの交流内容も盛り込まれた。



《曲波を大きく報道 フェイエノールの地元紙》


【速報】フェイエノールの地元各紙は6日付の紙面で、フェイエノールに練習参加している曲波の動向を大きく報じた。スポーツ面1面に写真2枚付きで掲載。





《交渉不調…“邵佳一移籍”難航》



【速報】中国代表MF邵佳一(22)に対して正式オファーを出しているドイツ・1860ミュンヘンと、邵佳一の所属する北京国安のクラブ間交渉は1月6日に北京市内のホテルで行われるが、交渉が不調に終わっていたことが6日深夜、分かった。両クラブの交渉で合意に達することは極めて困難とみられ、交渉が決裂する可能性も出てきた。

1860ミュンヘンのウェエ・モサ会長代理、ドフナーGMが出席。国安クラブサイドから張路副社長、馬氷GMが出席して国安賓館で移籍交渉が開始される。交渉における最大の問題となったのは1860ミュンヘンが北京国安に支払う移籍金だ。北京国安関係者によると、移籍金などの金額が現時点でも全く折り合いがついていない。

関係者の一人は「楊晨はドイツに行ったとき、移籍金が少ないが、現在国安クラブの考え方は、数年前違って、クラブ経営を重視している。今回、低額の移籍金では合意するつもりはない。数万ユーロのレンタル条件提示を見れば、彼らが本当に邵佳一を必要としているのかどうか、1年で転売するようなことがあるかどうかがわかる。この段階でほとんどの条件がクリアされていない、白紙の状態である。」と話した。

1860ミュンヘン会長代理ら、2、3日内で帰国する予定で、それまでに移籍が正式に決まるにはどちらかのクラブが妥協するしかない。1月中の移籍決定の可能性は極めて低くなった。

《1860ミュンヘン会長ら訪中、国安の邵佳一移籍交渉で》



【速報】5日の「北京新聞紙」によれば、サッカーのドイツ1部リーグ1860ミュンヘンの会長らが1月3日、中国代表MF邵佳一(国安)の獲得交渉のため、来中した。4日、北市内国安賓館で国安側との初移籍交渉を行われた。

本格の交渉は1月6日以後と予定。交渉の焦点は移籍金と報じられた。

邵佳一は、移籍へ向けて12月中の1週間、ドイツに渡って1860ミュンヘンの練習に参加。1860ミュンヘンから高い評価を受けていた。

《曲波はオランダチームの練習参加》



【速報】5日の「青島新聞紙」によれば、オランダ1部リーグの数クラブから要請を受けていた中国代表FW曲波(22)が5日、すでにオランダトップチームの練習を参加した。1月4日のフランスのASSEとの対戦後、曲波は中国U23チームの合宿(スペイン)を辞退し、オランダへ出発した。

練習参加のチームはフェイエノールトなど数クラブと報じられた。





6日のオランダの新聞も、曲波はフェイエノールトの練習参加と報道。





《中国サッカー協会杯: 曲波1発、青島頤中初優勝!》



【速報】11月16日、中国サッカー協会杯優勝をかけていた青島頤中は2―0で遼寧撫順に勝つ、初全国大会優勝。

アウェイーで第一試合を1−3で敗れた青島頤中は、ホームの4万ファンの大応援中積極的にプレスをかけてボールを支配し、シュート連発。しかし、両チーム決定力を欠いたため、前半0−0で折り返した。

中国代表FW曲波が後半から出場、積極的プレーでチャンスをつくる。後半53分、DF白毅からセンタリングボールをFW曲波が合わせて先制。同76分、FKボールをMFヌラが頭で決めて1点追加した。結局2−0で勝利。

両試合総スコアは3−3であるが、青島頤中がアウェイーで1ゴールをあげたため、初全国大会制覇を達成。   



優秀を決めて喜ぶ青島頤中イレブンと韓国籍の李章珠監督