《Cリーグ甲B第26節最終戦: 成都五牛勝利、青島海利豊甲B残留》

【速報】Cリーグ甲Bは11月23日、第26節を行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次はアウェイーで広東雄鷹の試合に出場しなかった。試合は1−0で成都五牛勝利、12勝6引分8敗勝ち点42で6位。

青島海利豊は河南建業に0−1で敗れ、5勝9引分12敗勝ち点24で13位、甲B残留を決めた。

《Cリーグ甲B第25節: 藤吉信次フル出場、成都五牛勝利 》

【速報】Cリーグ甲Bは11月19日、第25節を行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次はホームで浙江緑城の試合にフル出場。試合は後半40分に成都五牛のFWのゴール1−0で勝利。

青島海利豊はハルビン藍格に2−3で敗れた。

《Cリーグ甲B第24節: 日本人選手ダビ戦、引き分け》

【速報】Cリーグ甲Bは11月15日、第24節を行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次はホームで青島海利豊の試合に先発出場。0−0の後半1分、成都五牛先制。後半15分、青島海利豊はPKでゴールを決め、結局1−1で終了。

《Cリーグ甲B第23節: 藤吉信次1ゴール、1アシスト》

【速報】Cリーグ甲Bは11月8日、第23節を行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次はホームで武漢国測の試合に先発出場。 0−2の後半35分、藤吉信次がロングシュートでゴール、スコア1−2。後半41分、藤吉信次から絶妙のパスボール、11番の陳波が頭で合わせゴール、スコア2−2。試合は2−2で終了。FW藤吉信次が存在感を見せつけた。成都五牛は10勝5引分8敗で勝ち点35、6位。

青島海利豊はアウェイーで江蘇舜天に1−2で敗れた。青島海利豊は5勝8引分9敗で勝ち点23、13位に後退。

《Cリーグ甲B第22節: 藤吉信次先発、青島海利豊勝利》

【速報】Cリーグ甲Bは11月5日、第22節を行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は南京有有の試合に先発出場。 試合は、成都五牛が南京有有に1−2で敗れた。成都五牛は10勝4引分8敗で勝ち点34のまま、6位後退。

青島海利豊はホームで夏門レットライオンに2−0(前半1−0)で圧勝。青島海利豊は5勝8引分9敗で勝ち点23、12位に上がった。

《Cリーグ甲B第21節: 藤吉信次が途中出場、青島海利豊完敗》

【速報】Cリーグ甲Bは11月1日、第21節を行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次はホームで甘粛天馬の試合に後半から途中出場。試合は、0−0で引分。成都五牛は10勝4引分7敗で勝ち点34。現地の報道によれば、11月8日のホーム戦で70人規模の藤吉信次の応援団が観戦予定しているので、余監督は「特別しないが、ファンの前にプレチャンスがある」と話している。

青島海利豊はアウェーで長春亜泰に7−0(前半2−0)で敗れた。青島海利豊は4勝8引分9敗で勝ち点20のまま、13位。

《Cリーグ甲B第20節: 森永敏春先発、藤吉信次が途中出場》

【速報】Cリーグ甲Bは10月25日、第20節を行われ、青島海利豊に所属する日本選手森永敏春はFWで先発出場した。試合は広東雄鷹に1−3(前半1−1)で敗れた。青島海利豊は4勝8引分8敗で勝ち点20のまま、13位に後退。

成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次はアウェーの広州香雪の試合に後半から途中出場。試合は、成都五牛が広州香雪に2−0で敗れた。成都五牛は10勝3引分7敗で勝ち点33のまま、5位に後退。

《Cリーグ甲B第19節: 藤吉信次が途中出場、青島海利豊引分》

【速報】Cリーグ甲Bは10月22日、第19節を行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次はアウェーの河南建業の試合に後半から途中出場。試合は、成都五牛が河南建業に2−1で敗れた。成都五牛は10勝3引分6敗で勝ち点33で4位堅持。 

青島海利豊は浙江緑城に1−1で引分、4勝8引分7敗で勝ち点20で12位。

《Cリーグ甲B第18節: 藤吉信次が途中出場、青島海利敗戦》

【速報】Cリーグ甲Bは10月18日、第18節を行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次はアウェーのハルビン藍格の試合に後半から途中出場。試合は、成都五牛がハルビン藍格に2−1で勝ち。成都五牛は10勝3引分5敗で勝ち点33で4位堅持。 

青島海利豊は珠海安平に1−2で敗れ、4勝7引分7敗で勝ち点19で11位。

《Cリーグ甲B第17節: 成都五牛3連勝、青島海利豊引分》

【速報】Cリーグ甲Bは10月11日、第17節を行われ、ホームの成都五牛は珠海安平に1−0で勝利、9勝3引分5敗で勝ち点30に伸ばし、4位堅持。 藤吉信次は出場しなかった。

ホームの青島海利豊は武漢国測に1−1で引分、4勝9引分6敗で勝ち点19に伸ばし、10位に上がった。

《Cリーグ甲B第16節: 成都五牛快勝、青島海利豊引分》


【速報】Cリーグ甲Bは10月8日、第16節を行われ、ホームの成都五牛は江蘇舜天に5−1で快勝、8勝3引分5敗で勝ち点27に伸ばし、4位に上がった。 藤吉信次は出場しなかった。

アウェーの青島海利豊は南京有有に0−0で引分、4勝8引分6敗で勝ち点18に伸ばし、11位堅持。青島海利豊は給料問題を解消していない、選手とクラブの対立が続けている。

《Cリーグ甲B第15節: 青島海利豊完勝、成都五牛勝利》

【速報】Cリーグ甲Bは10月4日、第15節を行われ、アウェーの成都五牛は夏門レットライオンに1−0で勝ち、7勝3引分5敗で勝ち点24に伸ばし、5位に上がった。

青島海利豊は甘粛天馬に4−2で勝ち、4勝5引分6敗で勝ち点17に伸ばし、11位に上がった。青島海利豊の8名選手は給料を払われていない理由で試合拒否した。青島海利豊は6名若い選手を緊急起用し、勝利につながった。

《Cリーグ甲B第14節: 藤吉信次先発、成都五牛完敗》

【速報】Cリーグ甲Bは9月20日、第14節を行われ、成都五牛に所属する藤吉信次はホームで長春亜泰戦に先発した。後半交代された。試合は、成都五牛が0−2で完敗。

青島海利豊に所属するMF日本選手森永敏春はアウェーの広州香雪戦に出場しなかった。試合は青島海利豊が1−1で引分。

《Cリーグ甲B第13節: 藤吉信次1発、成都五牛完勝》

【速報】Cリーグ甲Bは8月9日、第13節を行われ、成都五牛に所属する藤吉信次はホームで広東雄鷹戦に先発し、大活躍した。後半17分、藤吉信次がシュートでゴールを決め、Cリーグ2点目をあげ、チームの勝利に貢献した。試合は、成都五牛が3−0で完勝。

青島海利豊に所属するMF日本選手森永敏春はアウェーの河南建業戦に出場しなかった。試合は青島海利豊が1−0で勝ち、2連勝。

《Cリーグ甲B第12節: 森永敏春先発、藤吉信次フル出場》


【速報】Cリーグ甲Bは8月6日、第12節を行われ、青島海利豊に所属するMF日本選手森永敏春はハルビン藍格戦に先発出場、後半から交代された。森永敏春は、ゴールなかった。試合は青島海利豊が2−0で勝利。

成都五牛に所属する藤吉信次は浙江緑城戦にフル出場した。試合は成都五牛が2―4で敗れた。藤吉信次は、成都五牛の2点目に間接アシストした

《Cリーグ甲B第11節: Cリーグ初日本人ダービー試合》



【速報】Cリーグ甲Bは8月2日、第11節の成都五牛と青島海利豊の試合を各地で行われ、Cリーグ初日本人ダービー試合を実現した。青島海利豊に所属する日本選手MF森永敏春はトプ下で先発出場、フル出場したが、ゴールなかった。成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は青島海利豊の試合に先発出場し、後半から交代された。試合は1−0で成都五牛勝利。

青島海利豊の監督は、MF森永敏春の思い切り一発を期待し、トプ下で先発出場させた。得点がなかった以外はよかったが、競争厳しい環境中でゴールをあげないと、主力メンバーの位置をキプできないという。

《Cリーグ甲B第10節:森永敏春先発、青島海利豊ドロー、藤吉信次先発、成都五牛快勝》



【速報】Cリーグ甲Bは7月26日、第10節の試合を各地で行われ、青島海利豊に所属する日本選手MF森永敏春は江蘇舜天の試合に先発出場し、暑い天気中で積極プレーで高く評価された。試合は1−1で引分。青島海利豊の連敗は4で止めた。来週は成都五牛と青島海利豊対戦する、初日本人ダービー戦実現へ。

現地の<足球>サッカー紙の報道によれば、MF森永敏春はチームの監督代理同じ存在だ。通訳者つけてないため、森永敏春はチーム同士の交流が少ない。しかし、サッカー言葉を通して、また、簡単な英語、日本語、中国語で交流深めているという。特に、チーム練習する時に森永敏春懸命プレーの姿を見って、チーム同士も懸命プレーしないといけませんので、チームの監督代理になった。深ぜん平安の朱監督は「森永敏春は技術面の問題がない。ただし、試合経験が少ない。甲Bで試合出で、成長してほしい」と話した。

【速報】Cリーグ甲Bは7月26日、第10節の試合を各地で行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は武漢国測の試合に先発出場。前半4分、成都五牛先制。同44分、武漢国測は同点をあげた。しかし、前半終了直前、成都五牛のMF周威がFKを直接決めて決勝点。試合は2−1で成都五牛快勝。

《Cリーグ甲B:藤吉信次が初ゴール》



【速報】24日付の<成都商報>(地元新聞紙)の報道によれば、現地で仕事や留学している17人の日本人が藤吉信次の応援団を結成し、応援に駆けつけた。日本人の応援団は、地元のサッカーファンと一緒に四川方言の言葉「成都五牛進一個(1ゴールの意味)」で成都五牛を応援している。前半43分、成都五牛のMF趙のシュートのこぼれ球をFW藤吉信次が詰めて、藤吉信次がこぼれたまをしっかりと決め、同点ゴール。ファンから拍手を送った。試合後、藤吉信次は「初ゴールを決め、チームも快勝、最高の一日だった」と話した。

《Cリーグ甲B第9節: 藤吉信次が初ゴール、成都五牛快勝》



  【速報】Cリーグ甲Bは7月23日、第9節の試合を各地で行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は南京有有の試合に先発出場。前半20分、南京有有のYu Jiangがゴールを決め、先制。前半43分、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は同点ゴールを決めた。後半交代されたが、Cリーグの初ゴールを果たした。試合は3−1で成都五牛快勝。

青島海利豊に所属する日本選手MF森永敏春は夏門レットライオンとの試合に出場しているかどうかについては、現地の報道触れなかった。試合は0−1で敗れ、青島海利豊連敗。

《Cリーグ甲B第8節: 藤吉信次先発出場、ドロー、青島海利豊0−2で完敗》


  【速報】Cリーグ甲Bは7月19日、第8節の試合を各地で行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は甘粛天馬の試合に先発し、後半で交代され、ゴールがなかった。試合は1−1で引き分け。

青島海利豊に所属する日本選手MF森永敏春は長春亜泰との試合に出場しているかどうかについては、現地の報道が言級しなかった。試合は、0−2で敗れた。

《Cリーグ甲B第7節: 藤吉信次先発出場、成都五牛は逆転負け》



【速報】Cリーグ甲Bは7月12日、第7節の試合を各地で行われ、成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は広州香雪の試合にフル出場し、ゴールがなかった。前半10分、成都五牛は先制したが、結局1−2で逆転負け。

青島海利豊に所属する日本選手MF森永敏春は広東雄鷹との試合に出場しなかった。試合は、2−0で勝ち、初勝利をゲット。先発メンバー大幅に変えた理由について、青島海利豊の殷監督は「うちの選手は実力の差があまりないので、1週2試合の対策として、2試合の先発メンバーを変えた」と説明した。

《Cリーグ甲B第6節:森永敏春初先発、藤吉信次も先発出場》



【速報】Cリーグ甲Bは7月9日、第6節の試合を各地で行われた。青島海利豊に所属する日本選手MF森永敏春は緑城クラブとの試合に初先発出場を果たしたが、0−2で敗れた。森永敏春の初先発出場は勝利で飾れることができなかった。

成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は河南建業クラブの試合に先発し、フル出場したが、ゴールなかった。試合は0−0で引き分けた。

《Cリーグ甲B:森永敏春デビュー戦 青島海利豊ドロー》



【速報】7月7日付けの<体壇週報>(新聞紙)の報道によれば、Cリーグ甲Bの成都五牛に所属する日本選手FW藤吉信次は7月5日、ホームでのハルビン蘭格戦に後半15分から途中出場し、ゴールなかった。試合は1−1で引き分けた。成都五牛の余監督は「彼は、怪我回復中であるから、途中出場ことを決めた。怪我回復すれば、チーム欠かせない選手になると信じています。」と話した。

【速報】Cリーグ甲Bは7月5日、第5節の試合が各地で行われた。青島海利豊へ移籍した日本選手森永敏春(21)が珠海安平戦に後半途中出場し、Cリーグ公式戦デビューを果たした。試合は1―1の引き分けに終わったが、今後の活躍を予感させた。

試合開始後5分、大雨降り始め、連続4節勝利なかった青島海利豊は攻め込み、相手陣内に押し込んだ。青島海利豊の選手はシュート何本打ったが、決定的チャンスがなかった。試合0−0で前半終了。

後半3分、青島海利豊はフリーキックで先制したが、同30分、追いつかれ1−1で引き分けた。

《Cリーグ甲B: 森永敏春がCリーグデビューへ》



【速報】7月1日付けの<半島都市報>(新聞紙)の報道によれば、日本選手森永敏春(21)は青島海利豊へ移籍した。7月5日に甲B再開試合の初戦のホームゲームで青島海利豊vs珠海安平の試合にスタメンで出場予定していると報じられた。

報道によれば、青島海利豊クラブの殷監督はすでに森永敏春の能力を認め、チーム中心選手としてフル出場と明言。森永敏春は7月5日にCリーグデビューへ。

《Cリーグ:甲Bの藍格クラブがイラン選手、アリ・ダエイ獲りへ!》



【速報】6月24日付の<球迷>の報道によれば、Cリーグ甲Bの藍格クラブから要請を受けていたイラン代表のエース選手FWアリ・ダエイが6月25日藍格クラブの練習を参加する予定することが決めた。

報道によれば、年俸は40万ドルで、移籍期間は1年と見込み。

《Cリーグ:日本選手・森永敏春 甲Bの青島海利豊レンタルへ》



【速報】4月24日の<半島都市報>(新聞紙)の報道によれば、日本選手森永敏春(21)がCリーグの甲A深ぜん平安から甲Bの青島海利豊レンタルへ、明らかになった。

森永敏春が青島海利豊の練習に参加した。青島海利豊の殷監督「いい選手だ」と森永敏春の実力を高く評価。しかし、Cリーグが中止しており、レンタル移籍時期はもう少し時間かかるそうだ。

中、日、韓リーグ間の自由移籍の協議していることが報じられ、中国サッカー協会支持しているという。しかし、就労ビザーなど関係で、事務レベルの協議が必要と報じられた。中、日、韓リーグ間の自由移籍を実現すれば、Cリーグの日韓選手は、チームの日韓選手の数制限なしになる。

《Cリーグ甲B: 藤吉がCリーグデビュー》



【速報】サッカーの中国Cリーグ2部甲Bの成都五牛に移籍したFW藤吉信次は6日、珠海安平戦に先発出場し、勝利でCリーグデビューを飾った。

前半18分、藤吉選手がPKを誘う得点に絡む、2−1でチームの勝利に貢献した。 試合後、藤吉選手は「自分のプレイよりも、チームの勝利の方が大事」と話した。

<四川新聞網>の報道によれば、藤吉選手が言葉の壁にぶつけている。現在、藤吉選手はポルトガル語で同チームのブラジル選手話して、ブラジル選手から英語に訳して、チームとの交流していることと報じられた。

《日本人選手藤吉のCリーグ甲Bの成都五牛に移籍発表 》



【速報】3月27日の「華西都市報」(現地新聞紙)によれば、日本人選手藤吉が中国Cリーグ甲Bの成都五牛クラブに移籍することが決まった。成都五牛クラブが藤吉選手の登録書を得た後に正式に発表予定。年俸、移籍期間は公表していないが、すでに来週の珠海安平戦にスタメンで出場予定していると報じられた。

成都五牛クラブ側が藤吉選手の状況について、中国サッカー協会の登録認定申請中と説明した。また、成都五牛クラブの余東風(イトフ)監督は「彼は日本で有名な選手で、実力高い」と話した。

藤吉信次選手、32才、身長177cm、体重 68kg、1988 日本ユース代表、1992 日本オリンピック代表。

《日本人選手藤吉はCリーグ甲Bの成都五牛の練習参加》



【速報】3月20日の「成都夕刊」によれば、中国Cリーグ甲Bの成都五牛クラブから要請を受けていた日本人選手藤吉(31)が3月19日、すでに成都五牛(ツンドウニュ)の練習を参加した。

藤吉選手が3月19日、代理人と元中国代表呂洪祥と一緒に成都市に入り、移籍交渉を行われた。成都五牛の余監督は「チーム必要な選手」と藤吉の実力を高く評価。

成都五牛は甲Bリーグ戦向け長春へ出発した。本格の移籍交渉は来週以後となり、交渉の焦点は年俸と報じられた。現時点で移籍成功の可能性は30%と報じられた。

《Cリーグ:“甲A深ぜん平安・森永敏春” 誕生》



【速報】日本選手森永敏春(21)が2月27日にCリーグの甲A深ぜん平安と契約したことが3月5日、明らかになった。3月5日付の中国有力スポーツ専門紙<体壇週報>は、森永敏春選手の単独インタビュー記事も掲載した。森永敏春選手が第一号日本人Cリーガーとなった。

森永 敏春 「21才、178cm、65kg。ドリブル突破得意で、思い切りのシュートが持ち味の左利きのアタッカー。川崎Fユースではサテライトの試合に出場し、2001年東京ヴェルディ1969に在籍した。」

《Cリーグ:初日本選手誕生へ、甲A深ぜん平安クラブ社長明言》



【速報】2月22日付の<信憩時報>(新聞紙)の報道によれば、スペイン遠征終えた深ぜん平安(センゼンピンアン)は2月21日、初めてホームの練習場に現れ、中国代表DF李偉峰(リウェフェン)、FW李毅(リイ)、MF(DF)鄭智(ゼンズ)らが合流し、日本人選手森永敏春も練習に参加した。「彼は03シーズに深ぜん平安でサッカーする」深ぜん平安クラブ社長顧凱(グカイ)はきっぱりと答えた。

スペイン遠征中森永敏春は、トップ下で試合先発出場し、大活躍でチームの勝利に貢献。彼の実力は、朱監督は絶賛し、入団を認めた。

しかし、深ぜん平安(センゼンピンアン)は、すでに4人の外国選手が中国サッカー協会に登録し、選手との契約も完了した。外国選手枠については、顧凱(グカイ)社長は「森永敏春の入団することはすでに決まっており、03シーズ深ぜん平安に所属することは間違いない。リーグの登録に関しては、中国サッカー協会と相談した上で決める。事務関係で今年登録できないとしても、チームに所属し、04シーズ必ず登録する。」と言った。

森永敏春選手、日本人として初Cリーグの甲A選手になるのは、も少し時間かかるそうだ。

2月21日付の深ぜん(センゼン)市の<深ぜん商報>(地元新聞紙)の報道によれば、森永敏春選手は2月23日、クラブファンとのイベントも出席予定。

《深ぜん平安が日本選手、森永敏春獲りへ!》



監督明言 来季補強リストアップ

【速報】2月14日付の深ぜん(センゼン)市の<深ぜん商報>の報道によれば、「我々が注目しているのは日本人自由契約選手森永敏春だ。スペインに遠征で高いパフォーマンスを見せてくれた」深ぜん平安(センゼンピンアン)の朱広Hu(ツッグンフ)は日本人選手の獲得について、きっぱりと答えた。

スペイン遠征中の深ぜん平安(センゼンピンアン)は2月13日、3−0でスイスリーグの1部チームに勝ち。主力選手4人(中国代表DF李偉峰(リウェフェン)、FW李毅(リイ)、MF(DF)鄭智(ゼンズ)、外国選手FWデイタコ)遠征に欠席状況中で、2勝1敗で良い結果を得たことは、団テスト受けている21才の日本選手MF森永敏春とブラジル選手DFマケらが大活躍したことである。

日本人選手獲得の背景には無所属選手で移籍金0円の利点がある。森永敏春は、トップ下で3試合先発出場、1得点で大活躍し、チームの勝利に貢献。彼の実力は、監督はじめチーム同士も認めた。

深ぜん平安(センゼンピンアン)は、すでに4人の外国選手と契約完了した。しかし、深ぜん平安クラブ側は、ある調整案を提案した。エバートンにレンタル移籍したDF李偉峰(リウェフェン)がチームに復帰したので、前季実績を残したブラジル選手DFナイエソウと解約し、日本人選手と契約という案である。

契約すれば、森永敏春選手が日本人初のCリーグの甲A選手になる。