《中国のサッカープロリーグが再編へ》


【速報】24日付のスポーツ新聞紙<体壇週報>によれば、中国のサッカープロリーグは、現有の甲A、甲B、乙級の主要サッカークラブをプレミアリーグ、甲級、乙級に再編し、トップ12クラブのプレミアリーグ、18クラブの甲級リーグを結成することを計画中である。

 中国サッカー協会のこの方面の業務を主管するプロリーグの責任者楊一民によれば、プロリーグ再編委員会はこのためにサッカー協会一つの案を提出した。楊一民副主任によれば、現有の甲A、甲B、乙級のサッカークラブの規模・実力・経営は国際サッカークラブとの開きが大きいため、サッカー協会の指導を通じて再編のプロセスを速め、できるだけ速く一定の国際競争力を持つサッカークラブ数社を形成させなければならない。

 目下、中国には甲A15クラブ、甲B12クラブ、乙級の20数クラブがある。楊一民副主任によれば、優良クラブと赤字クラブの間の開きは大きくなっており、中国のサッカークラブが構造調整を行ってレベル高い試合と競争能力に対応しなければならないという必然的な傾向を反映している。楊主任によれば、一部の競争能力不足・経営不振のクラブは徐々に淘汰されることになる。中国サッカー協会は新しいリーグを結成後約2年間内で 試行期間として、昇格と降格を行われない方針予定。