《中国サッカー協会「偽劣試合」追放 異例の処分》


新華社の報道によれば、中国サッカー協会が“消極的な試合”に立ち上がった。5つ甲Bサッカークラブが“消極的な試合” に巻き込まれた、疑惑試合をかかった甲Bチームの監督は1年職務停止処分し、そのチーム2年期間内で国内選手を補強することを禁止される。それ以外に、この3怪しい試合に参加した中国選手は1年間試合を禁じられ、2年間以内は移籍禁止処分とした。

厳罰の標的「偽劣試合」のクラブは、四川綿陽、成都五牛、長春亜泰、江蘇舜天と浙江緑城の5チームを含んでいる。甲A昇格資格に巡って、舞台裏で操作し、ラグビーの式ゴールを上演した。現在また双方の金銭交易した報道がないが、中国サッカー史上初の徹底的な「偽劣試合」一掃に乗り出した。

「偽劣試合」に関しては、成都五牛11対2四川綿陽(9月29日)の試合、成都五牛チームの甲A昇格に必要な得失点を獲得させた;長春亜泰6対0浙江緑城(10月6日)の試合、長春亜泰をみごとに級に進ませる。

中国サッカー協会(17日)は、成都五牛と長春亜泰甲A昇格を取り消した、四川綿陽は乙組に降格する異例の処置が下された。

中国国家サッカーチームがみごとに来年のワールドカップに入った、迫ったW杯に向け、“消極的な試合”の徹底排除に動き出した。