2003東アジア選手権: 初戦完戦、中国0−2日本



【速報】東アジア選手権は4日、中国が日本に0−2で敗れた。日本は前半4分、小笠原のスルーパスを受けた久保が中国のGKをかわして先制。後半も1追加点を挙げた。中国のサッカーファンは、中国代表のプレーに対して、不満の声をあげている。

アリ・ハーンー監督は「日本と対戦することでわれわれの弱点を見つけて、非常に良いことだ。われわれの目標は2ヶ月のW杯アジア予選である。」と釈明。

中国のマスコ批判しているのは、中国代表初めて導入した352システムである。日本に到着した後に選手達は初めてこのことを知り、練習スタートしたという。先発メンバーも数人が本来のポジションを違って、能力を発揮できなかった。アリ・ハーンー監督は「大事な初戦は3人の若い新人を投入のが、私のミスです」と話した



2003東アジア選手権: 若い選手の底上げが課題



【速報】アリ・ハーンー監督「今大会は欧州組が不在で、またチームつくり最中ですから、優勝が難しい。今大会は、若い選手が試合に出で、国際試合の経験を積むことが一番」と話した。来年に迫ったW杯アジア1次予選に向けて、若い選手の底上げは急務。Cリーグのメンバーで構成された今回の中国代表は若い選手の底上げが課題にした。

2003年12月2日に中国代表は北京から東京に入り、軽い練習した。成田空港でエースFWハオ・海東は「優勝するしかない」と話した。