香港選抜 2−4 レアル・マドリード(前半2−4)



【速報】<新浪体育網>の報道によると、世界サッカークラブの強豪レアル・マドリードと香港選抜の親善試合が8月8日、香港体育場で行われ、香港選抜がレアル・マドリードに2−4で敗れた。強豪レアル・マドリードはアジア遠征で初めって失点を記録した。

香港選抜は、香港リーグ選抜とCリーグの大連実徳のハオ・海東等6名選手を構成された。レアル・マドリードはベッカム、ロナウド、ラウル、フィーゴ、ジダン、カロス等主力選手が揃って出場した。

前半7分、フィーゴがPKを確実に決め、先制。同13分、ロナウドが追加点をあげ、スコア2−0。同26分、大連実徳のFW王鵬がFKからボールを頭で合わせゴールイン、1−2。同33分、大連実徳のDF張恩華はベッカムから50メトルのロングパスをミスキック犯し、ロナウドがゴールを確実に決め、スコア1−3。同35分、ラウルがアジア遠征で初ゴールを決めた。前半終了直前、大連実徳のMF李ヤオが1点をあげ、スコア2−4。

後半、主力選手達が次々に交代されたが、無得点、結局2−4で試合終了。



《中国龍チーム 0−4 レアル・マドリード(前半0−1)》



【速報】<新浪体育網>の報道によると、中国龍チームと世界サッカークラブの強豪レアル・マドリードの親善試合が8月2日、北京の工人体育場で行われ、中国龍チームがレアル・マドリードに0−4で完敗。

ベッカム、ロナウド、ラウル、フィーゴ、ジダン、カロス等主力選手が先発出場。前半43分、ロナウドからスルパスボルをフィーゴが確実を決め、先制。後半、主力選手達が次々に交代されたが、若い選手達3点追加し、結局4−0で大勝。



《中国龍チーム vs レアル》



【速報】<新浪体育網>の報道によると、世界サッカークラブの強豪、中国龍チーム(中国代表ではない)とレアル・マドリードの親善試合が、8月2日に北京の工人体育場で行われることが決まった。北京実行委員会は10日、北京で記者会見を開き、正式に発表した

中国龍チームの監督は、元中国サッカー協会の副会長年維泗が就任することが決めた。中国龍チームは、香港、台湾、マカオ、甲Aリーグの選手を構成されると予定。

Rマドリードの出場選手のリストには、MFベッカム、ロナウドらスーパースターが入っているので、試合に出ることが確実になった。



《中国代表の合宿を打ち上げ、Cリーグは7月2日再開へ》



【速報】中国サッカー協会は6月13日、北京、広東で新型肺炎(SARS)の感染者が拡大している事態を受け、中止された国内のサッカーリーグ試合を7月2日(甲Aリーグ)、7月3日(甲Bリーグ)に再開することが発表した。

具体的な日程については、各クラブの意向を伺い、SARS防止策などを考慮し、中国サッカー協会が最終的にきめるとなっている。

Cリーグ試合再開することを受け、長い合宿を行われている中国代表、中国U23代表が来週中に合宿を打ち上げすることが決めた。

《FIFA報道:アリ・-ハーン新監督が06年W杯予選突破目指す》



【速報】サッカー中国代表の新監督のアリ・-ハーン氏が6月7日、FIFAの取材を応じ、代表監督の決意を語った。アリ・-ハーン監督は「最大の目標は中国のサッカーを前進、発展させること。その中に、次の2006年ワールドカップ(W杯)予選がある。これを突破し、中国をW杯に導きたい」と決意を披露。



《練習試合:中国代表 3−2 八一振邦(前半3−2)》



【速報】アリ・-ハーン中国のチーム形がない。6月2日、甲Aの八一振邦との練習試合を実施。本気でやる八一振邦は、前半11分にMF孫新波のゴールで先制。前半15分、中国代表のDF鄭智がゴールを決め、1−1で同点。試合は3−2で制したものの、李鉄、孫継海ら欧州組主力を欠いた状態の守る能力と得点力不足は深刻。

圧倒的にボールを支配しながら、納得できる攻撃の形は築けなかった。長い合宿で選手に精神的疲労があるのは事実でも、欧州組のいない状況で物足りなさがあった。

《アリ・-ハーン監督 緊急帰国》



【速報】中国代表のアリ・-ハーン監督は6月5日、母親の健康状態の原因で緊急帰国した。中国代表の合宿の指導は、コーチ代行で担当となった。

MF李鉄、FW楊晨は移籍の関係で、MF孫継海は私的ことで、すでにチーム離れた。また、MF祁宏、DF呉承瑛らは、大学入試の準備のため、上海に戻った。

7月に甲A再開予定していたため、中国代表の合宿は来週中終了と報じられた。

《練習試合: 中国代表 4−0 天津泰達(前半1−0)》


【速報】中国代表は5月31日、甲Aの天津泰達との練習試合を天津の民園サッカー場で行った。中国代表は天津泰達に4−0で快勝。前半23分、中国代表がPKを得たが、FW楊晨は外れた。同37分、孫継海からパスを受けたFW楊晨が確実にゴールを決め、1−0で前半終了。

後半32分、MF李小鵬がFKを直接きめ、同26分にFW李金羽がPKを決め、終了前にMF祁宏がゴールを決め、結局4−0で試合終了。

中国代表は、新型肺炎(SARS)の影響で同じ中国サッカー施設で練習している北京国安との試合しかできない状態の改善する対策として、初めて施設外での試合を実現した。選手達が嬉しいだったと報じられた。



《サッカーCリーグ: 再開延期へ》



【速報】5月27日付けの<重慶夕刊>の報道によれば、中国サッカー協会は5月25日、北京、広東で新型肺炎(SARS)の感染者が拡大している事態を受け、中止された国内のサッカー試合を6月中に再開予定だったが、再開しないことを決めた。 再開日は、未定と報じられた。

《楊林&李健&呉慶、三名若い選手フル代表へ》



【速報】5月27日付けの<体壇週報>の報道によれば、U23の楊林&李健&呉慶三名若い選手がU23代表を落選したが、アリ・−ハーン監督の判断でフル代表の合宿を参加することを決めた。異例の代表選べ方法でフル代表内部競争が激しくになった。



《練習試合: 中国代表 3−2 北京国安(前半1−0)》



【速報】中国代表は5月22日、甲Aの北京国安との練習試合を行った。中国代表は北京国安に3−2で勝利。FW李毅がハットトリックを達成。

中国代表は5月20日、甲Aの北京国安との練習試合を行った。中国代表は北京国安に2−1で勝利。

現在、中国代表は毎週3試合をやっている。ある中国代表は「毎週3回と中国最高レベル選手と練習している北京国安はチーム力を確実にUPしている」と冗談で話した。新型肺炎(SARS)の影響で中国代表は、同じ中国サッカー施設で練習している北京国安との試合しかできない状態となった。



 

《中国サッカー協会: 代表合宿でチームをつくる》



【速報】5月18日付けの現地のスポーツ紙<東方スポーツ>の報道によれば、中国サッカー協会は中国代表の合宿を甲A再開まで行う考えを明らかにした。甲A再開時期は不透明で、また予定試合ないので、選手の精神疲れことを考慮してほしいとの声が出ているが、「中国卓球代表は長期合宿で良い成績をできたので、サッカー代表も長期合宿でチーム強化を図る」とサッカー協会幹部が話した。

新監督アリー・ハーンの本格始動と位置付けた中国代表の2003年はトラブル続きだ。SARSを懸念する予定試合が相次いで試合を中止し、いまだに相手が決まっていないので、貴重な実戦機会が次々と消えていく状況だ。

しかし、中国体育局の幹部は「サッカー代表の短期間の合宿で本当にチームづくりをしてくるか」と疑問、いままでの「楽々サッカー練習法」を批判した。アリー・ハーンは「チームつくるのは、合宿時間を必要」とサッカー協会方針を支持。

エバートン(イングランド)の李鉄は、すでに中国代表の練習試合を参加し、チームの勝利に貢献した。ドイツ2部リーグの楊晨は、明日でチーム合流予定。

中国代表は5月17日、再び北京国安と練習試合を行われ、中国代表が北京国安に2−0で快勝。

《練習試合: 中国代表 4−0 北京国安(前半2−0)》



【速報】中国代表は5月15日、甲Aの北京国安との練習試合を行った。中国代表の主力組は北京国安に4−0で快勝。FW李毅が2得点、FW李金羽、MF王安治らが1得点。

東アジア選手権は延期されたが、中国U23代表の合宿は、予定通りで行う、6月にずれ込む、甲A再会までと報じなれた。

 

《東アジア選手権: 中国代表合宿スタート》



【速報】東アジア選手権を中国代表が12日、健康検査を受けた後、国のサッカー訓練施設に入り、合宿をスタート。初日から約2時間の軽く調整を行った。アリー・ハーン監督は、ドイツで邵佳一の試合を観戦ため、13日に北京でチーム合流。


体温を測る


《サッカーCリーグ 6月8日再開へ》



【速報】中国サッカー協会は5月1日、北京、広東で新型肺炎(SARS)の感染者が拡大している事態を受け、中止された国内のサッカー試合を再開することを決めた。再開日は、6月8日有力と報じられた。

Cリーグの第二期日程は、6月8日から8月24日まで、第7節から第24節までの試合を行う予定。Cリーグの第三期日程は、10月12日から11月9日まで、第25節から第30節までの試合を行う予定。

 

《中国代表:合宿打ち切り》



【速報】中国代表は24日、北京で新型肺炎(SARS)の感染者が拡大している事態を受け、5月1日までの予定だった北京合宿を中止。23日深夜に一報を受け、24日午前のミーティングで選手に事情を説明。昼食後に解散した。

代表合宿場所は、北京市から80キロぐらい距離があるが、新型肺炎(SARS)の感染懸念で練習試合などできないため、北京合宿中止することを決めた。

《中国サッカー協会がSARS対策発表、国内のサッカー試合中止へ》



【速報】中国サッカー協会は23日、北京、広東で新型肺炎(SARS)の感染者が拡大している事態を受け、国内のサッカー試合中止、中国代表と中国U23代表の合宿施設を封鎖し、施設係以外全て出入り禁止などの対策を発表した。

女子サッカーリーグの試合は、6月21日に再開予定。中国U17代表の北京合宿は延期を決定。5月1日のサッカー協会杯、5月5日のCリーグ試合なども延期された。再開時期については、状況によって決める。

中国代表は、北京郊外の中国サッカー協会訓練基地で合宿を行っている。関係者以外の人が出入り禁止措置をとったため、中国代表は東アジア選手権直前まで合宿すると見込み。中国U23代表の合宿期間を延長ほうぼう確定。

中国代表は4月23日、同じ合宿場所で練習しているの北京国安との内部練習試合を行われ、中国代表2−1で勝ち。

《中国Cリーグ:Cリーグの試合延期も》



【速報】中国サッカーは22日、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)が広東、北京を中心に広がっていることを考慮し、5月5日に各地で行う予定だったのCリーグ試合延期を検討していることを認めた。

しかし、5月1日各地で開催予定だった中国サッカー協会杯は、予定日で行う。

《徐雲龍は中国代表からはずれ》



【速報】中国サッカー協会は14日、中国代表DF徐雲龍(北京国安)に中国A代表の資格取り消し処分を下した。4月9日の甲A上海中遠戦で審判に暴言で退場処分を受けていた。中国サッカー協会の規律委員会は、2試合の出場停止と罰金3000人民元(4万円)処分を下した。この決定に受け、代表の資格も取り消した。

中国サッカー協会の幹部は「中国サッカー選手の一部は、試合中の平常心を保ちことができない。審判の判定に対して、常に不満を持っている。これは、決して許せないことである。選手達は、精神力、試合集中力を高まることが必要である。試合負けしても、イメージタンの行為していけない」と話した。

これは、安 (An Qi)に続いて、2人目になる。徐雲龍は02W杯の中国代表主力メンバーである。

《中国サッカー協会 安 (An Qi)に処分》



【速報】中国サッカー協会は11日深夜、中国U23代表GK安 (An Qi)(大連実徳)に中国U23代表の資格取り消し処分を下した。4月11日のアジア・チャンピオンズリーグのアル・アイン(UAE)戦で審判に暴言で退場処分を受けていた。今回の代表の資格取り消し処分は、U23代表監督も支持。5月に開催されるアジアU23予選への出場もできない。

<足球週刊>の取材に対して、安 (An Qi)は「深く反省している。サッカーファンにお詫びします。代表再入りように努力します」と真剣に受けた。

現地の報道によれば、審判でPK判定に対して、安 (An Qi)は「How many」言ったが、発音悪いで「How money」と聞こえた審判が1発で退場判定し、またアジアサッカー連盟に報告したと報道。

アテネ五輪を目指すU―22(22歳以下)中国代表が4月10日から雲南市内で合宿をスタートした。02W杯の経験した若いエースGK安 (An Qi)欠席の事態となった。