《中国ユースが決勝トーナメントへ大きく前進》


世界ユース選手権(北京時間の6月21日の夜明け方)、メンドサでC組1次リーグウクライナユースと中国ユース試合を行い。中国ユースは粘り強い守りと適切なカウンター攻撃で相手を抑制し、C組実力最も強いヨーロッパ2位のウクライナユースと0−0で引き分け、勝ち点4に伸ばした。中国ユースが決勝トーナメントへ大きく前進した。

中国ユースの先発メンバーがアメリカ試合メンバー完全に同じだ。ウクライナは2名メンバー調整を行った。

中国ユース先発メンバー は:

GK:安 (An Qi)

DF:杜 Wei (Du Wwei)、張耀坤(Zhang Yao Kun)、周麟(Zhou Lin)

MF: 曲波(Qu Bo)、高明(Gao Ming)、胡兆軍(Hu Zhao Jun)、王聖(Wang Shen)、徐 亮 (Xu lang)

FW:于涛(Yu Tao) 、閻嵩(Yan Tao)

試合開始後、ボールを失って後で双方とも迅速に守り入り、明らかに相手スピードに対して非常に警戒している、双方慎重で試合していることが間違いない。前半10分後、ウクライナの実力優位をはっきり示すことを始めだ。しかし、38分、中国ユースは前半最もきれい攻撃した。閻嵩は左サイトドリブルで、胡兆軍中央右スペースでボールを受け、さらに、曲波と王聖はペナルティエリア中央で1と2後、王聖はシュートしたが、ボールはゴールポスト右に流した、ゴールならず。

67分、曲波(Qu Bo)に代えて馬義(Ma Yi)を投入。72分、ウクライナユースもエースグラに代えた。

試合終了前、中国ユースはペナルティエリア右場所でフリー・キックチャンスを獲得し、徐亮はフリーキックし、しかし角度と強弱は足りないで、相手のゴールキーパー止められた、0−0で試合終了。

  中国ユースは後半体力下がったが、守り慎重で、相手いかなる絶対的なぼろぼろのゴールチャンスをあげていない、引き分け結果になった、ついに貴重な勝ち点4を獲得した。