《世界ユース選手権:ウクライナ戦試合後の記者会見、うれしい結果》


試合後の記者会見で、ウクライナ監督は“世界ユース選手権準備段階、私達チームはいくつか困難があった。世界ユース選手権直前、ウクライナとオーストラリア試合を行った。ウクライナユースはいくつナショナルチーム・メンバーに入っていたので、そのため私のチームは疲れきっていることに見えた。本試合の前で、私達の目標は負けてしまわない、0―0で引き分けうれしい結果である。次回アメリカ戦は大きい望みを託し、勝ことを信じている”と話した。

中国ユースチーム監督沈祥福は“私達の相手ウクライナユースはリーグで1番強いチームである、しかし私の選手らは90分試合とても聡明な試合運びだ。ウクライナユースはチリ戦違って、攻撃試合するではない、大きい密集的ディフェンスに布陣した。私の選手らはこのような意外情況中で、よい試合リズムをコントロールした。”と話した。

記者質問:中国ユースチームどうしてシュート数は少ない? 沈祥福は“相手密集的ディフェンスのため。世界ユース選手権1次リーグは結果非常に重要だ。双方は試合結果を重視して、強襲していないが、攻め落とせでいない。焦った情緒を生むことができませんので、良い試合のリズムをしっかりつかんだと言える。”と答えだ。

記者質問:ウクライナユース9番と10番、2人に対してどのように守ったか? 沈祥福は“この2人(9番と10番)選手はみんなとても優秀選手で、しかし私達の守りはみごとだ。”

記者質問:アメリカ試合後、“中国ユースチームがただ60%から70%までレベルだけを発揮したと思う”ことを話したが、それでは今日は? 沈祥福は“今日の試合は試合のリズムを制御してから、私は比較的今回の試合に満足して、また私達チームの特徴はとてもいい形でできだ。” と答えだ。

最後に、チリユース戦に関して、沈祥福は“私は日本で4ヶ国親善試合時チリユース試合を見たことがあって、開幕戦彼ら2-4でウクライナに負けたが、それはチリユースの真実なレベル反映ではないと思う。相手を軽視することはできないで、全力で対処する。”と話した。

説明: ウクライナユースの9番と10番は日本4ヶ国ユース親善試合時にウクライナユースメンバー中にまだ入っていません。ウクライナ・ナショナルチーム・メンバーである。