《U20中国ユース代表、強豪相手に意地》





サッカー世界ユース(U20)選手権は北京時間6月28日の夜明け方行われ、中国ユースはアルゼンチンに1−2と負けだ、大会の1/4決勝トーナメント進出はならなかった。U−20中国ユース代表はアテネ五輪予選突破を目標に再編成されると見通し。

試合開始後3分、中国ユースは先に1ゴールを失ったが、今期の世界青年選手権最高水準を発揮し、55分に曲波がゴールを決め、1−1。残念ながら、実力差は明らかに存在し、試合終了前で相手にフリーキックチャンスを確実決め、1―2。中国ユース代表は力強いアルゼンチンチームに負けって、少し残念な世界青年選手権の旅を終えた。

エースMF徐亮2枚イエロー・カードに累積したため、代わりに馬義が先発に、またエースMF曲波はスパ・サブとして、ベンチに、代わりに王新欣が初先発メンバーに入った。具体的な先発メンバー:

GK 安

DF 杜 Wei、張耀坤、周麟

MF 閻嵩、胡兆軍、王聖、王新欣、馬義、高明

FW:于涛。

開始後3分、アルゼンチンユース代表は、フリー・キック・チャンスを獲得して、ローマカノリがボールをペナルティエリアの中央へパスし、中央にいる無人マークのロドリゲスが頭で合わせヘディングシュート、GK安が及ばない、ボールはゴールの左に入った、0−1、中国ユースの開局はきわめて不利だ。それでもこの日は、ここまで地元開催国強豪アルゼンチンユース代表を相手に、積極的な攻撃サッカーを展開し、「中国ユースここにあり」を示してみせた。

後半6分、王聖がペナルティエリアの外で突然シュートし、アルゼンチンユースのGKルケスはボールを捕えて手から離れて、ゴール前の馬義がヘッディングで、相手GK ルケスの好守で惜しくも阻まれた。その2分後、于涛に代えて曲波を投入。1分後で、胡兆軍が中央のハーフライン付近から前に長いパスを放り込んだ、曲波がこれに鋭く反応し、相手ゴールキーパーのルケスが出る前にシュート、ゴール、1−1。曲波が第1回ボールに触れてスコアを決めだ。その瞬間、ベンチは大歓声に揺れた。

それ以後、中国ユース体力は明らかに下がって、中盤選手らははボールを失って速すぎて、DFラインの圧力に大きくならせる。

後半33分、アルゼンチンユース代表右サイトのフリー・キックから出したボール、カラジニがヘッディングでゴールポストの上で弾いて、ドミンゲスはボールを迎えてシュートして、ゴール、2−1。中国ユース選手らが体力下がっての中でミス連続し、今度ボールを失う、本当に残念に思う

試合全体で見ると、中国ユースは90%以上のレベルを発揮し、積極的な試合をしたという。強大なアルゼンチンユース選手に比べると、中国ユース代表個人的な技術面、攻撃、守り面などはまた多くの問題が存在するが、曲波、安、高明、杜 Weiなど選手らが中国サッカー将来のエースは間違いない、これは大きいな収穫だ。